全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

猫の魂が天界でお仕事(神様のお手伝い)を開始

アニマルコミュニケーション体験レポート

 

もう1ヶ月すると、ルゥの命日。他界して1年になります。

ルゥ ♂ 2002年4月中旬生まれ
2017年9月18日他界(享年15歳5ヶ月)

ルゥが亡くなってからアニマルコミュニケーションを知ったことで、このウェブサイトを開設し、同居猫を含め、複数のセッションを行ってもらい、多くのことを知りました。

今回はルゥが魂の世界でお仕事をしているとのことで、その内容について詳しくセッションで聞いてみました。アニマルコミュニケーターはこれまでにも何度かルゥとのセッションを行ってもらっている横井鈴佳さんです。

最初、ルゥくんとコンタクト取ろうとすると、何やら忙しそうに動いてる感じでした。なかなかお話しができなかったのです。

 

少しだけ5分程待って、またルゥくんの写真を出して見つめると、「神様のお使いが始まった」といわれました。

 

どんなお仕事してるの?

んとね、、、オレンジのまぁ~るいものをつまんで順番に入れていってるの!

 

忙しいから、ちょっと今は話せない。またね

そう言って行かれてしまいました。

数日経ってからいくつか質問しました。

 

オレンジ色のものは何?

人間や動物達の性格の一部になる

でもそれ以上は教えられないんだ

そのオレンジ色の丸いものは、形や色が違ったりするの?

丸の形はほとんど違いがなくて、

全部プニプニ、プルプルとやわらかい

感覚で教えてくれたのが、ゴムボールよりやわらかく、ゼリーのようだけど、つまんでも割れない感じの物です。

 

それを何に入れてゆくの?

透明の袋に入れると、卵の中に入って吸収される

ルゥくんが映像として伝えてくれたものを私が言葉にすると……

 

透明の袋の中に白くて丸い卵が入っています。その透明の袋にオレンジの丸い物をつまんでくっつけると吸収され、中心の白い卵の中に入っていくのだそうです。

 

ルゥくんのそのオレンジ色の丸い物は、透明の袋全部にくっつけなきゃいけないの?(入れないといけないの?)

うん、全部に入れなきゃいけないと言われている

魂になるためのパーツでしょうか。人間でも動物でも、誰もが持っている性格の一部なんですね。

 

それをする目的は何?

目的はいくつもあるけど、早く生まれ変わるために誰もがしなきゃいけないことなんだ

このお手伝いは、命を作る工程であり、ルゥくんが生まれ変わるために必要な行程(道程)なのでしょうね。

 

あちらの世界(天界)を「ふるさと」と呼ぶ人間や動物達は多くいます。「魂のふるさと」とも呼んでいます。亡くなった人間も動物もこの世界(私達が生きている現世)よりも、天界での暮らしが一番いいと聞きます。

 

ですので、ふるさとでのんびり過ごす魂もあれば、また早く転生する魂もあります。

 

現世のこちらの世界で年齢を経て、経験から学びを得てふるさとに戻ります。つまり死を迎え魂になるのです。

 

天界も似ていて、「また新たな命が魂に吹き込まれ、ふるさとを離れこちらにやって来るまでに、誰もが与えられた事をしなければならない」と多くの人間や動物達から教わりました。

 

生まれ変わりたくない魂はふるさとでのんびり過ごしていてもいいし、目的がありまた命としてこちらに降りたいと願えば、転生が近くなるために、お手伝いをして学びを得たりして経験するのだそうです。

 

あの世もこの世も似ているように思います。

 

ルゥくんは早く生まれ変わって、またSachiさんの元へ降りたいとお願いしているので、辛かったり苦しかったりする事があっても頑張って欲しいです(^-^)

 

再会するために天界で頑張っている魂もあるのです。

私感想:
ルゥが魂の世界でお仕事を始めたと聞き、うれしかったです。特にルゥは退屈な生活は好まない猫でしたから。やるべきことがあれば刺激にもなって、天界での過ごし方にもハリが出てくると思います。また、再会をするためにがんばっているのですから、毎日ルゥにエールを送ります。

お手伝いで扱っているオレンジ色の丸いプヨプヨのものが性格の一部になるということ、生まれ変わる前にあらかじめ天性の性格が設定されているものがあるようですね。

オレンジ色の丸いものを袋に入れる際に何か気を付けることはある?

優しく触れないと崩れてしまうんだ

 

中途半端に仕事をすれば、透明の袋にくっつかなかったり、吸収されないで落ちちゃう

 

自分の気持ちが反映されてしまう

 

「早く終わらせたい」とか、イライラしているとすぐに丸じゃなくなって、崩れる、壊れる

気持ちがクリアじゃないといけないんだそうです。

私感想:
心の平静さを保つ必要があるなど、いかにも魂の修行になりそうな仕事のようですね。

でも、生前からどこか悟ったようなところを感じさせていたルゥは、気持ちのコントロールは得意なように思えます。

ルゥくんがSachiさんとの思い出を伝えてくれました。

 

最初にルゥくんから伝わってきたのが、白い花でした。

 

ルゥくんが今暮らしている近くの土手(天界)に、白くてとてもいい香りがするお花が咲いているのだそうです。

 

私はユリかな?と思いましたが……いや、葉っぱが違う。。。んー何だろう?と考えてると、ルゥくんが教えてくれました。

よくお供えに使う葉っぱだよ!

 

お供えに使うのは榊ですね。

白くて香りがあるのは榊の花ですね!

 

それがどうして思い出なのかと言うと、、、次にルゥくんが言いました。

ボクがさっちゃんと見たお花に似てるんだ

次に、抱っこしてもらい一緒に見た梅の花の記憶を教えてくれました。

葉っぱは違うけど、白くてとてもいい香りがした…香りは忘れてしまったけれど

その榊の白い花を梅の花に似せて思い出していたのでしょうね。

 

Sachiさんに包まれて幸せだった頃の記憶を思い出し伝えてくれました。

さっちゃんと過ごした日々をボクも忘れていないからね!

今回のセッションはとてもロマンチックというか、思い出、記憶、魂に刻まれた物が消えないで残る!ということを教えてくれた感じです。

 

でも、転生してしまうと記憶を消されてしまうので、再会しても天界には記憶が残るけれども、生まれ変わる者にはない。

 

でも、なんだか懐かしいなどとなんとなく思ったりするのは、これ(前世)と繋がっているからなんですよね。

 

だから、ルゥくんの生まれ変わってきたら、梅の花もしくは榊の花を見て、どこか懐かしく思うかもしれませんね。

 

私にもあります。

行ったこと、見たことがないのに懐かしく思ったり、初めての人なのに、何だか前からずっと知っていたみたいに思ったり。。。

 

ルゥくんありがとー。

私感想:
この梅の木(家の裏の集会場の庭にあるもの)は、私が自分の部屋にいく際に階段を上がったところの窓から毎回見えるのです。

花が満開になるのは毎年2月上旬ですが、この木は一日に何度も目に入ります。

ルゥが亡くなってから、私は部屋に入る前にここでいったん立ち止まって、ルゥとの思い出にひたることがよくあるのです。

「お散歩いっしょにたくさん行ったね」
「今日みたいに暑い日も砂利の上でゴロゴロしたね」
「ルゥの頭に石ころをのせて遊んだね」

と話しかけながら。

ルゥも生前はこの窓辺から外を眺めていました。散歩の際も、この梅の木の前の砂利の上でゴロゴロと勢いよく転がっていました。

ルゥは、「僕もその思い出を共有しているよ」と伝えたかったのだと感じます。

天界にも土手があること、草木が生えていること、そしてサカキをお供えに使うことをルゥが知っていたことは意外でした。私との生活でサカキを見たことはないはずですが、前世で見たことがあるのかもしれません。人間界の信仰の道具について知っているとはちょっと驚きです。

私が窓から梅の木を見ているときは、ルゥとつながっていると思えば元気が出ます。いつか生まれ変わるときにその記憶がルゥから消えてしまうと思うと寂しいですが、新たなルゥとのつながりが開かれると考えて明るい希望へとつなげてゆきたいです。

ありがとうございました。

追記:
その後にサカキについて横井さんが次のように教えてくれました。

榊は前世の記憶ではなく、ルゥ君が魂になってからいろいろなところに遊びに行き、神社の祈祷の際にお供えしているのを見たそうです。他にもさまざまなところで、神棚や仏壇に榊の葉っぱがお供えされているところを見ています。
ルゥくんの暮らしている近くの土手に榊が白い花を咲かせていたことを少し前の思い出として話してくれていたので、きっと6.7月あたり(1~2ヶ月前)のお話だと思います。

横井鈴佳さんのインスタグラムに横井さんの愛猫やセッションを行ったペット達が掲載されています。アカウントはこちらです→「suzuka.yokoi」

掲載日:2018年8月18日

猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る

全体の記事の一覧