全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

運営者 Sachiのプロフィール

Sachi_pngこんにちは。運営者 Sachiのプロフィールにアクセスしてくださり、ありがとうございます。

「どんな奴が運営してるんだ」「きっと変わった人間に違いない」
と思われたかもしれませんね。

いたって普通の一般人です。どうぞご安心して記事をお読みください。ざっと主なことを自己紹介させてください。

1997年前半、企業にまだインターネットが普及していない頃のことです…

私って、…ひょっとしてインターネット黎明期の先端ユーザーってかんじ??なぁんて、ひけらかしたいわけじゃないんですよ(わざわざ言うか!?)。決してスキルは高くないのですが、ここが今の私の原点でもあるからです。

ソフトウェア会社のマーケティングに所属していた私は、勝手にユーザー向けのアンケート票をウェブで作成して事業部のホームページを立ち上げたことから、ウェブ担当者に。今思えば、上司はとても寛大な方でした。

インターネット自体の使用は、そのブームの火付け役となったWindows95が発売(日本語版の発売は1995年11月)されるよりも前から、勤務先の専用線を介してネット接続でき たことから環境的に恵まれていました。

すでに開設されていた米国のYahooを見ることができました。当時は仕事で電子メールでのやりとりが必要だった外資系ソフトウェア企業(1995年に前記の会社に買収される)に勤めていましたが、プログラマーたちからウェブの閲覧やその楽しさを教えてもらっていたのです。

1999年に会社を退職してからは、ネット販促に関する書籍・雑誌の執筆や講演、コンサルティングを行っていました。同時に企業やネットショップへの取材やインタビューなどをよくしており、それがこのサイト運営にも役だつことと思っています。

退職して10年後、2009年に腎臓病治療で入院してから現在までは、まったく関係ない分野の翻訳(医薬翻訳)を生業としており、今はこれが自分にはあっていると感じています。

新しい治療を受ける3年前に「慢性腎炎(IgA腎症)ぜったい治したい!」というブログを開設しています。発症すれば治らず進行とともに透析に近づいてゆくと、従来は言われていたIgA腎症を患っていたのですが、現在の医師との出会いがあり、画期的な治療法を受けることができ、腎臓病の寛解へとつながりました。

さらに、上記ブログやネット上のコミュニティでの活動を介して多くの患者さんにこの治療法を知らせることができたのです。テレビ番組のNHK総合「ためしてガッテン」の取材を受けた後の放送や同雑誌への掲載、その海外向け放送や、読売新聞の医療情報部の記者の取材により新聞記事に掲載されるなど、いくつかのメディアで紹介されています。

今思い返せば、ネットを介してさまざまなブレークスルーに関わることができたとありがたく思っています。加えてネットから多くの恩恵を受けています。

そして、私がネット販促に携わっていた頃のできごと、病気の苦悩と寛解の喜び、現在の医療翻訳の仕事など、私の山あり谷ありの人生をずっとそばで見て、楽しさも苦しさも感じ取ってきた猫ルゥが今年2017年の9月にその生を終えました(享年15歳5ヶ月)。

このルゥの死からアニマルコミュニケーショを知ったのですが、ペットロス対策の新たなブレークスルーに関わることができるのでは…と、これはルゥと先に亡くなったチィやミィがもたらしてくれた最高のプレゼントではないかとワクワクしています。

ペットロスで悩む人々にこういった方法もありますよと提示し、アニマルコミュニケーションへの人々の不信感を軽減させ、この世界に触れることの利点を享受してもらえるよう、身近な存在にすることに貢献できればと願っています。

どうぞ、応援のほどよろしくお願いいたします。

記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)