全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

おウチに戻りたいけれど、今すぐには再会できない

アニマルコミュニケーション体験レポート

前回のミィのセッション報告「体を簡単に手放して魂になったこと、ごめんなさい」に引き続き、アニマルコミュニケーター、彩乃(あやの)さんによる、お空組チィ(6年半前に亡くなった猫)の報告です。

チィのアニマルコミュニケーションについては、これまでに別のアニマルコミュニケーターの方々からの2つの報告を掲載しています。

アニマルコミュニケーションで猫が教えてくれた魂の世界

2週間前にセッションを行った猫は生まれ変わっていた

チィについて
年齢:2002年6月初旬生まれ2013年1月30日他界(享年10歳7ヶ月)
性別:♀ 雑種猫

彩乃(あやの)さんのウェブサイトClover
https://www.cloversohac.com/

彩乃さんはセッションのご報告までにお時間がかかることがございますが、ご満足いただける濃い内容をお伝えしてくださります。

質問:
チィを保護してうちへきたときのことを覚えているかな?

チィちゃんを保護しておうちへきたときのことを覚えていますか?今どんな気持ちですか?

お母さんたちのお家の庭木の上にいるの。お母さんたちがどうしているのかなって思って。

それはSachiさん達に会いたいと思っている感情ですか?

もちろん会いたいなって思っている。でも、今はどちらかというと「心配」かもしれない。

 

お父さんのこと、お母さんのこと、そしてさっちゃんのことが。お父さんのお世話でお母さんとさっちゃんは疲れがたまっていないか心配なの。

チィちゃんは家族思いで優しいですね。その心配を何とかしたいと思っているのですか?

今の私は何もしてあげられない。ただ見つめているだけで。

クロタンに話しかけたりはしていないのですか?

彼は自分のことでいっぱいだから無理かも。話しかけたりしたこともあるけれど、私の声が届かなかったみたいだった。

それではチィちゃんは新たな魂でSachiさんたちのところへやってくるということは考えていないのですか?

それはいつも思っていること。でも、今すぐとは考えていない。さっちゃんは今、お父さん、お母さんとの日常生活や仕事など、色々することがたくさんあるから。

 

その中にクロタンのこともあって、さっちゃんの中で「余裕」が出来るまで待っているところ。

チィちゃんはさっちゃんのところへ行く準備は出来ているのですか?

もちろん、そのつもりでいる。

チィちゃんはどんな「生きもの」でSachiさんの前に現れたいと思っているのですか?

私は「ねこ」で出会いたいと思っているの。

 

さっちゃんもわかりやすいと思うし、さっちゃんのところで過ごすのなら、猫が一番いいと思う。

例えば「犬」とか「うさぎ」とか「鳥」などは思ったことがありませんか?

他の動物では思っていない。

さっちゃんのおうちのところでは生活することに想像つかないから。

チィちゃんはさっちゃんと再会をするのなら、猫が一番と思っているのですね。それではどんな模様や品種とかに興味はありますか?

それは全くない。

 

どんな状態で出会ってもさっちゃんは「うちのコ」にすると決めたら、それを貫くと思っているから。

 

私はその「流れ」に乗ればいいだけと思っている。

「どんな状態でも」とチィちゃんが感じていることは、Sachiさんと心で繋がっていると思っております。今すぐではなくても将来Sachiさんのところへやってくる、その出会いを私も楽しみにしておりますね。

 

それでは、次のお話に進ませてください。チィちゃんはSachiさんのおうちへいたときの仔猫ちゃんの頃を覚えていますか?

覚えていたり、いなかったりかなぁ…。

覚えていてくれるといいのですが…、チィちゃんを産んでくれたママと一緒に過ごした時のことで思い出はありますか?

ママのことね。もちろん覚えている。ママは優しかったの。私達のことを大切にしてくれていたことを覚えている。

 

いつも私達はカラスとか他の猫とかに狙われやすかったから、ママが必死で守ってくれていた。

チィちゃんとママのことをお話をしていると甘いミルクの香りを感じますね。でもママはどうしてチィちゃん達と離れてしまったのか、チィちゃんは分かりますか?

私たちは本当は4匹だった。

 

ママは私達におっぱいを飲ませる場所を探すことも大変だったみたい。時々おっぱいが少ないなぁと思ったときがあった。

それは私たちの兄弟が減ったときだった日だった。気づいたらいなくなっていた。ママも探したみたいだけど、見つからなかったみたいで。

 

それからおっぱいの量が少なくなってしまったの。ストレスを感じていたみたいだった。

チィちゃんは兄弟猫が減ってしまったことに何か感じていたことはありましたか?

ヒトは「悲しい」という感情を求めるのかもしれない。でも、そんなことよりも「おっぱいを飲める量が増える」と思った方が先だった。

 

「悲しい」とか思うとよりも「目の前にあること」に夢中だったなって。

それでは、ママとの別れのことを覚えていますか?

ママのおっぱいがあまり出なくなってきたこと、私たちを移動させることに疲れが出ていたみたい。

 

ママが私たちを置いて、どこか出かけてしまうことも増えてきていた頃だったと思う。

 

ある日、ママが私たちを加えてはどこかへ連れて行っていた。

その連れていかれた場所を覚えていますか?

いつもと違う場所だということは分かっていた。よく分からなくて、怖かったことは覚えている。

Sachiさんから、チィちゃんがいた場所は空き家の屋根の上と聞いています。チィちゃんはママに運ばれて、その場所にやってきたのですか?

場所は覚えていないのだけど、ママが運んできたことは覚えている。

 

私を置いたらすぐにいなくなっちゃったから、「ママ、どこに行っちゃったの?」って呼んでみたんだけど、返事がなくて…私どうなっちゃうのかなと思っていた。

その後、Sachiさんがチィちゃん達を助け出してくれたけど、そのことは覚えていますか?

なんだか声をかけてもらったような気がする。

 

私は必死だったから何言われたのかは分からないんだけど、急いで暖めてくれたり、なんだか色々な人に触られていたようだった。

ママからヒトへバトンタッチされたことになると思いますが、そのことをどのように感じていましたか?

ヒトのところに来てみたら、

あったかい場所はあるし、

何をしていてもそんなに言われないし、

自由に寝ていても誰かに命を狙われるということもないから、

とても安心できた。

ママのことは気にならなかったのですか?

ママのことはもちろん心配だった。私が大きくなったときにそのことを思い出してお外を見たりしたこともあったけれど、ママはヒトに私たちを託したかったのかなと思っていた。

 

そうすれば私たちの安全は守られるし、ママは一人で過ごせるからかなって。

チィちゃんはママのことをそのように感じていたのですか?ママが恋しいとかは思いませんでしたか?

ママが恋しいとかは思わなかったの。ママはママで生きるんだと思っていた。

 

誰かとバイバイしなくちゃいけない感覚に近いかも。

チィちゃんは物事を見て、色々と感じていたのですね。

私感想:
チィたちの他にもう1匹兄弟がいたということをきいて、すこしショックを受けました。チィたち親子が別れる前に不幸な運命になった子がいたのですね。

後になって思い出しましたが、猫たちがうちにきた年の夏頃に、大きさからしてチィたちと同じ頃に生まれたくらいの雌猫を見かけるようになり、この猫は家の付近で生活するようになりました。

別の家でご飯を毎日もらっていました。ルゥたちは窓からこの猫や翌年生まれた子猫たちを見かけても、怒ることもなく敵視する存在ではなかったのです。今回の報告を聞いて、この猫がチィたちと姉妹だったかもしれないと思うようになりました。

 

それでは一緒に保護されたミィちゃん、クロタンのことはどう感じていましたか?

 

クロタンは怖がりというか、警戒が強いかなと思っていた。

 

その気持ちが強いから、私達を押しのけても一番安心できるところいようとしていたし、時々震えていて、警戒が強いからこそわがままに感じていたかも。

ミィは甘えんぼに近かったかなぁ…。

 

ミィが出してくる感情に、とにかくかまってほしいというものが強く感じられた。

 

ミィの「甘え」は私と似ていた部分もあったけれど、ミィと違うところは、私はしっかりしていなくちゃと思っていたこと。

 

だからミィにイライラしていたときもあった。

ミィちゃんに「甘えること」について聞いたことがありますか?

一度だけ聞いたことがあるの。

 

そうしたら「ルゥはママの匂い」に似ているって。

 

それを聞いて余計にイラッとしてしまった。

一つお伺いしたいのですが、ミィちゃんが素直に甘えを表現してくることをチィちゃんは「羨ましい」とか「嫉妬」のような気持ちを持ったことはありましたか?

どちらもあったかなぁ。ミィの方が感情豊かに出していたと思う。

 

私は好き嫌いははっきりしていているから、素直に「甘えたい」を出せなくて、羨ましいと思っていたことはある。

その感情を持ってしまったことで、チィちゃん自身がツライ想いをしたことはありますか?

ミィを突き放してしまうことが多かったことかも。もっとそばにいたあげればよかったかもって。

 

私は「ミィのママの代わりにはなりたくない」と思っていたことと、私の嫉妬でミィと一緒に過ごせる時間を減らしてしまったかもって。

どうして、チィちゃんがそのような想いを持ってしまったのですか?

ミィが亡くなった後にルゥから言われたことがあった。

 

「もっとチィと仲良くしたいけど、どうすればいいのかなぁ」って。

 

その言葉を聞いて、私はもっとミィに優しくしてあげたらよかったって思ったの。

ルゥくんにその答えを聞きましたか?

ルゥはミィに

 

「相性があるからお互いがあったときに合わせればいい」

 

「自分の想いだけを押し付けないこと」

 

「甘えたいときは自分(ルゥくん)やヒトに甘えればいいよ」

 

と伝えたと聞いた。

その回答を聞いて、チィちゃんはどう感じましたか?

自分の方が子供っぽいねって思っちゃって。

チィちゃんにとっては、ルゥくんは先生みたいな存在ですか?

私にとっては「パパ」に近い感じかも。

 

私のパパに会ったことはないけれど、パパだったらこんな感じだったのかなって。

 

そばにいた方がいいと感じてくれたときは黙ってそばにいてくれたりするから、とても頼りになる存在だった。

チィちゃんとルゥくんのお話をしていると「尊敬の念」を感じております。「憧れ」に近い存在ですか?

とても尊敬している。必要なところだけを教えてくれるところはスゴイ!といつも感じていたの。

 

憧れではないかな。そうなりたいとは思わなかったから。私の性格から考えるとルゥのようには出来ないと思っていたから。

私感想:
チィは保護したときに3匹の中でいちばん小さかったため、チィと名付けました。その後に、ミィよりも大きくなりました。ミィは小さいとき脱水状態になってしまい、病弱になったからです。

また、チィはルゥの下半身部分をお母さん猫のおっぱいと思ってチュゥチュゥとよく吸っていたのです。

それでルゥがおもらししてしまい、このときは大変でチィとルゥを引き離し、手がかかる子だったのですが、後はあまり世話を焼くことなく成長してゆきました。

確かに現在、私の家では、父やクロタンのことで母や私のストレスが多いこともありますので、それが亡くなった猫たちもわかっているのだなとしみじみと思いました。

あやのさんの返信から:
チィちゃんはルゥくんのを吸っていたのですね。
「おかあさんのおっぱいが少なくなった」とチィちゃんが言われていたのは、もしかしたらそのことなのかもしれません。

 

ルゥくんはその出来事も受け止められる大きな器のコだったのですね。

質問:
ウチで同居していた猫たちの中では、チィはミィの次にお別れをしたけれど、もっと長生きをしたいと思わなかったの?

チィちゃんはミィちゃんの次にお別れをしましたが、もっと長生きをしたいと思いませんでしたか?

 

Sachiさんからチィちゃんはミィちゃんの次に亡くなったと伺っています。その亡くなった順番に何か関係がありますか?突然のお別れだったとのことですが、そちらは何か関係がありますか?

私は一つ決めていたことがあっったの。

 

さっちゃん達とのお別れするときは、みんなが気づかないうちにバイバイしようと。

そのことに理由はありますか?

ミィやルゥと過ごしてきて気づいたのだけど、「看取られる」ことで肉体から魂が離れるときに離れがたい状態になることを避けたかったの。

 

ミィが亡くなったとき、さっちゃん達が泣いていた。また、ルゥに「みんなとバイバイするときは涙は自然に出るもので、それが愛情や情念なんだよ」と教えてもらったことがあった。

 

私のときにみんなが同じように感じてしまうと、私までが悲しくなってしまうんではないかと怖かったの。だから黙って逝こうと決めていた。

決めて、そのことを実行された今、何か感じていることはありませんか?

黙ってバイバイしても、「未練」が残るんだなって。

それは長生きをしなかったことにも繋がっていますか?

もちろん、そのことも入っている。ミィが亡くなったことで肉体の限界を感じることの怖さもあったし、この肉体から離れるのにタイミングもはかっていた。

 

でもそれは長生きをしないということを選択したことにも繋がっていて、周りの人たちの想いを汲んでいなかったのかもと魂だけになってから気づいたの。

チィちゃんはヒトを信頼していなかったのでしょうか?それとも「老い」や「亡くなる」ということの恐怖感の方が強かったのですか?

ヒトを信頼しないということは全くない。家の中で自由に過ごさせてくれたし。

 

特にさっちゃんは私たちの様子に気を配っていてくれていた。不満を溜めていないか、健康状態はどう?って。

時間があったら、私たちの誰かには声をかけてくれたし、お母さんもそうなの。

 

お母さんはおしゃべりで私達相手にTVを見ながら語り掛けたりしていたこともあった。

 

さっちゃん達からの色々な気遣いがいつも嬉しかったし、有難いなと思っていた。

それでは、「恐怖感」の方が強かったからですか?

どちらかというと「恐怖感」が強かった。

 

「誰かに頼る」はあっても「頼りすぎる」のはしたくなくて、自分がしっかりしなくちゃと思う方が多かったの。

でもミィが(体調不良などで)お母さんを頼っている姿を垣間見ていたり、亡くなった後を見て、最後は「いつかは完全に頼らなくてはならない」という怖さを感じてしまって…。

 

息苦しくなったとき、「今がバイバイできるかも」と思って、実行してしまった。

そのことが「未練」や「後悔」に繋がっているのですね。

自分のことばかりではなくて、もっと周りを見て感じて考えて過ごせばよかったと思っちゃった。

ルゥくんから生前に教えてもらったことはなかったのですか?

それはある。

 

「最後は自分が思ったことをやってみて、後から気づくんじゃないか」って言われて、まさにそうだなと思っている。

それではもう一度、チィちゃんとしての「猫生」をやり直してみたいと思っていますか?

チィとしてではないけれど、私として今度は周りを感じながら過ごして行けてたらと思っている。

今度もSachiさん達のところへ行きたいと思っていますか?

もちろん!前よりももっと甘えてみようと思っているの。またさっちゃん達に会えることを楽しみにしている。

もう少しで会えると思いますか?

今はタイミングを待っている状態かな。チィの頃と違って、そういった「恐怖感」がないから楽しみに待っているだけ。

色々と教えて下さいまして、ありがとうございました。またSachiさん達と出会えることを願っております。

私感想:
ルゥがミィやチィにいろいろとアドバイスをしていたことを知り、賢くて優しい子だったとルゥの思いやりの深さを思い出します。

チィもミィもあっけなく逝ってしまったのですが、それぞれが猫生を閉じることを自分で選択していたのなら、それでよいのだと思えるようになりました。

時期が来たらチィの生まれ変わりと再開できたらと願っています。

彩乃さんはセッションのご報告までにお時間がかかることがございますが、ご満足いただける濃い内容をお伝えしてくださります。

彩乃(あやの)さんのウェブサイト「Clover」
https://www.cloversohac.com/

掲載日:2019年8月6日

猫ボタンオレンジ記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)