全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

アニマルコミュニケーションで猫が教えてくれた魂の世界

アニマルコミュニケーション体験レポートミィとチィ

写真:チィ(左)とミィ(右)の子猫時代

ルゥ(雄)が2002年5月初めにわが家に来て1ヶ月半ほどして、チィ(雌)、ミィ(雌)、クロタン(雄)がやってきました。

チィ(空き家の屋根で落ちそうになって鳴いていた)、ミィ(人家の草むらで鳴いていた)、クロタン(神社のご神木の根元で鳴いていた)は兄妹で、生後1週間ほどの目の開いていない状態で保護し、この3匹もミルクから育てることに。

恐らく母猫は3匹を雄の攻撃から守ろうとして、それぞれ子猫たちを別の場所に隠そうとしたようです。

その後に母猫に返そうとしたのですが、私が子猫たち3匹を外に出してもつれてゆかず、ウチの裏のドアごしにミャァミャァと心配そうにのぞいていました。

チィとミィの間はあまり仲が良くなかったのですが、両猫ともルゥを慕っていました。現時点(2017年12月)で存命のクロタンはみんなと仲が悪かったのです。

日々は流れ、ミィは2011年2月に、チィは2013年1月に他界しました。

そして、2017年9月にルゥが亡くなったことから、ネットでペットを亡くした飼い主さんの投稿を読んでいるうちに、アニマルコミュニケーションについて知りました。そして、ルゥのセッションを3名の方(合計5回)に行ってもらいました。

最初の方のセッションでチィとミィに会ったかを尋ねると、「まだ会っていない」という返事だったのですが、その後のセッションの2名の方から「チィとミィに会うことができた」伝えられました。

通常は、亡くなって2年以上経っている子のアニマルコミュニケーションをお受けしていないアニマルコミュニケーターの方が多いのですが(すでに生まれ変わっている場合もある)、今回は現時点で魂の世界に2匹がいることがわかり、特別にセッションを行ってもらうことができましたので、それについて記します。

魂の世界で務めている役割


<チィのセッションについてメールでの報告>

チィ ♀ 2002年6月初旬生まれ2013年1月30日他界(享年10歳7ヶ月)

今、白い光に包まれた温かい空間にいます。白い風船のような球がその空間にたくさん漂っています。

 

ここは何の空間かたずねてみると、エネルギーを交換し合うところだと教えてくれました。

 

その空間の入り口にチィさんはいて、新しくこの空間に来た魂をお出迎えする役割のようです。

 

ルゥさんがここへやって来たときもチィさんが出迎え、「お帰り。やっと帰ってきたね。」と言葉を交わしたようです。

私感想
> ルゥさんがここへやって来たときもチィさんが出迎え、

エネルギーを交換し合う空間は、魂の世界にある一つの空間でそこでチィが出迎え役をしているのですね。

最初、「あれ、ルゥは亡くなってすぐにはチィに会っていないはず」と思ったのですが、魂の世界に行った後、しばらくしてからチィがいる空間にルゥが訪問したのですね。

ルゥが亡くなって3週間目の最初のセッションで、「まだチィやミィに会っていない」と言っており、約1ヶ月半後のセッションで「チィやミィに会えたことを伝えてくれ」と自ら言ってきたようです。

お出迎えするとともに、どんなエネルギーの魂が帰って来たかをチェックしていて、その先の白い空間全体のバランスを管理するようなこともしているように感じました。

 

その役割のためには、全体を見通す力や分析力、情報を把握する能力が必要ですが、チィさんはその能力を兼ね備えているのでぴったりなのだそうです。

 

前世は、知恵のある猿だったように感じました。猫の外見に惹かれ、猫になったように感じます。

私感想
> 白い空間全体のバランスを管理するようなこともしている

チィは4匹の中では一番人間に慣れにくく、数年経ってから心を開いてくれた、近寄ってきて甘えるようになったなと感じる猫でした。全体を見通す力や分析力があったのかは私にはわかりませんが、少しクールな雰囲気をもっていました。

魂の世界でお役目をしっかりとこなしていることを知り、うれしく思います。チィが亡くなってもうすぐ5年になりますが、そちらの世界でチィががんばっている様子をうかがい知ることができました。

飼い主さんへのメッセージを聞いてみました。

 

お家へ縁のあった動物たちは、みんな繋がっています。魂のグループのよう。新しい縁を迎え入れるスペース(物理的、精神的)はできているはずです。

 

今はクロタンがご縁のチェックをしていて、バランス、タイミングがぴったり合ったとき、新しい出会いが来ます。このまま、しっかりと一歩ずつ進んでください。

 

振り子のように、波のように、私たちは繰り返しやってきます。

私感想
> 新しい縁を迎え入れるスペース(物理的、精神的)はできているはず

その通りです。ルゥが最初のセッションで「生まれ変わったら迎え入れて欲しい」と言ってきた際には、「年齢的、将来の経済的なことを考えると難しい」と答えたのですが、すぐに考えを変えて、今は来年に迎える準備をしっかりとしています。

> 今はクロタンがご縁のチェックをしていて

クロタンは今家に残った一匹となり、亡くなった3匹とは仲がよくなかったため(というか野良猫も含め他のどのような猫とも仲良くなれない)、家の者の関心を独り占めでき、また自由さを楽しんでいるようです。以前に増して甘えてくるようになりました。緑内障のため2年ほど前から目は見えていませんが、ルゥが亡くなったことに気付いていると思います。

クロタンは現在、腎臓病、心臓病、甲状腺亢進症など、複数の疾患を抱えており、4匹の中では一番最初に亡くなるのではと思っていたのですが、一番の長寿になりました(現在15歳6ヶ月)。

来年(2018年)にルゥの生まれ変わりと再会したときに、適度な距離感を維持しながらうまくやってほしいと考えているところです。

> 振り子のように、波のように、私たちは繰り返しやってきます。

ミィとチィについては、平均寿命(室内飼いの猫の15歳8ヶ月)まで生かしてやれなかったことが残念です。きっと来世で出会うことと思います。その時には、今回の世でできなかったことをして上げられたらと考えています。

おすすめ記事:
猫フードスタンド4 自作フードスタンド(食器台)で猫快適ごはんタイム

お家とお空をつなぐ

<ミィのセッションについてメールでの報告>
ミィ ♀ 2002年6月初旬生まれ2011年2月10日他界(享年8歳8ヶ月)


他の魂と混ざり合ってしまって、ミィさんとしての存在が薄くなっている感じです。

 

もともと、仲間の影に隠れるような性格だったのでしょうか。どこに行くにも、何をするにも一人では心細くて。

 

自分が一人でみんなのためにできることはなんだろう?と考えた末、お空とお家をまず自分が結んで、お空を身近に感じさせようとしたのだと感じました。

私感想
> 他の魂と混ざり合ってしまって、ミィさんとしての存在が薄くなって

あと1ヶ月半ほどするとミィは亡くなって7年になります。ですから、エネルギーの交換をしているうちに、元のミィのエネルギーが希薄になってしまったのかもしれません。

恐らく、魂の世界にいる期間が長いほど、いろいろなエネルギーが混ざり合うのでしょうね。

通常は亡くなって2年以内のみセッションをお受けされているのに、本当に無理をお願いしました。でも、生き物が亡くなり、体という物質を脱いた後にどのようなことが待っているのかを垣間見ることができたのはとても貴重なことでした。

> どこに行くにも、何をするにも一人では心細くて。

いつも寝るときにルゥに体をくっつけていないと不安のようでした。一方ルゥは時々うっとうしくて一人でいたいと思うらしく、私は「ルゥちゃんがミィのことを重いって言っているよ」とミィを離そうとしたことがよくありました。

ミィ玄関何度言っても離れないので、私はひどく怒ったことがありました。すると、ミィは階下に降りて、電気の入っていないこたつのふとんの下にもぐり込んでいたため、抱いて連れ戻したことがあります。ミィに怒ったことを今も時々悔やんでいます。

母にもよく甘えており、朝に母の寝床に行ってニャァニャァ鳴くのですが、返事をしないと、鼻の頭を噛まれると言っていました。

> 自分が一人でみんなのためにできることはなんだろう?と考えた末、お空とお家をまず自分が結んで

ミィがそれを自ら出した結論で8歳8ヶ月で逝ってしまったのだとしたら切なさを感じてしまうのですが、虚弱体質で体がつらそうなこともあったため、ミィにとっては魂の世界にいることのほうが楽なのかもしれません。

魂の世界のルールについて聞いてみると、魂の世界では個人個人ではいられない。くっついたり、離れたり、自分であったり、他人であったり…

 

…とここで、チィさんがいる白い風船の空間のイメージとともに、2つの風船が近づいてくっついて合体してまた2つに分かれて、を繰り返すイメージが来ました。そうやっていくうちに、自分と他人の境界がなくなっていって、「自分」としては存在しにくくなるのかなぁと思いました。

 

そのしくみを、ルゥさんに会った時に教えてあげたそうです。今は、ルゥさんはすぐそばにはいないようですが。

私感想
> そのしくみを、ルゥさんに会った時に教えてあげたそうです。
> 今は、ルゥさんはすぐそばにはいないようですが。

今年亡くなったルゥのセッションで、アニマルコミュニケーターさんが質問をしようとすると、ルゥが

「聞かれる前に、お姉ちゃんがミィとチィのことを気にしているから話しておく。ちゃんと2人に会えたから、大丈夫だよ。でもいつも一緒にいるわけじゃない。それぞれのペースや行く道があるし、僕はまだこちらにかえって来ているし、チィには頼られることがあるよ。ミィには、こちらの世界のこと色々教えてもらったね」

と言っていたそうです。

私は、上記のコメントについて、もしかしたらチィとミィは逆なのかもしれない、似た名前なのでアニマルコミュニケーターさんが取り違えた可能性もあると思っていました。ルゥに頼っていたのは、チィよりも明らかにミィのほうだったからです。

ミィとクロタンでも、魂の合体や分離について教えてくれたのがミィでもチィでもどちらであっても、ルゥはきっとまた新たなエネルギーを持ってこの世に生まれてくるのだなと思いました。

生まれ変わって再会した子は、前とは異なる性格をもつことがあると書かれたものをときどき見ます。できれば、新しい特徴も備えつつ以前の性格を存分に表現してほしいとは思いますが、再会できることをとても楽しみにしています。

飼主さんへのメッセージを聞いてみました。

 

いま、幸せな気持ちです。会えないわけではないし。

 

生き物は、命ある神聖なもの。私はその一部です。命とは清らかなもので、生きていることは尊いこと。動物や植物を清らかな存在だと意識して見てね。みんな、命や魂は繋がっているとわかるはず。

私感想
> 動物や植物を清らかな存在だと意識して見てね。

私はちょうど植物についても心を向けなければと思っていたところです。家の決して立派とはいえない庭には草木がたくさん生えていますが、両親が亡くなった後に (現在は健在)、私はこれを管理しきれない、きっと全部枯らしてしまうに違いないと、以前には母に言っていたのです。庭の手入れよりも、自分が老後を生きていくために稼ぐだけで精一杯だと。

でも最近、植物は人間の災難を自ら引き受けてくれ、人間に新たなエネルギーをもたらしてくれる素晴らしい存在であることを知りました。ミィの言う通りに、「清らかな存在」として捉え、慈しむようにしたいと思います。

今回、ミィさんチィさんとご家族の皆様のために精一杯セッションをさせていただきました。なかなか詳細に受け取れず、また受け取った内容が正しいか、それぞれのニュアンスのままお伝えできているか、確実ではありません。申し訳ございません。

 

ご参考程度に受け取っていただければと思います。

私感想
今回は、本当にありがとうございました。亡くなって数年経っているセッションで難しいことが多々あったことと思います。お引き受けくださったことに感謝しております。

縁のあるペットとの深い絆

その後のNさんのメールにて、

ミィさんからは「何か新しい事が始まる」というワクワクそわそわ感が感じられましたがルゥさんの事だったのですね。チィさんとミィさんがルゥさんの生まれ変わりをいろんな面で後押ししているんですね。

と私の感想に対する返信をいただきました。それを聞いてほっとしたのです。

最初、私はミィが生まれ変わるタイミングがなくてちょっと落ち込んでいるのかと心配していたのです。ルゥのことを大好きなミィが、もし今回のセッションにて、ルゥと一緒に生まれ変わって私のところに来たいと言ってきたら迎え入れざるをえないと覚悟していたのですが。

きっと来年再会するルゥの生まれ変わりにミィのエネルギーも入っているのだと思います。チィが言っていたように、みんな同じ魂のグループに属していて、深い絆でずっとこの先も結ばれているのでしょう。

ミィが今回言っていた「みんな、命や魂は繋がっているとわかるはず」の意味もこのことを伝えたかったのだ感じます。

とても喜ばしいことです。

掲載日:2017年12月24日

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタングレー猫は前世の記憶を消去される前に転生後の希望を伝えている(2018/9/26)
猫ボタンブルー猫の魂が天界でお仕事(神様のお手伝い)を開始 (2018/8/18)
猫ボタンブルー転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタンブルー
2週間前にセッションを行った猫はすでに爬虫類に転生していた (2018/5/8)
猫ボタンブルー
先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた (2018/4/23)
猫ボタングレー
亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇(2018/4/10)
猫ボタングレー
セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る(2018/3/14)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)