全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

身体の不自由な猫が制限の多い生活で学んだことを語る

アニマルコミュニケーション体験レポート

昨年(2020年)1月末にクロタンが亡くなり、1年と数か月が過ぎました。

クロタンは、甲状腺機能亢進症、緑内障で目が見えない、心臓病、腎臓病と、たくさんの疾患とともに暮らす毎日でした。亡くなる数か月前は手足の麻痺やてんかんに苦しんでいたのです。それでも同時期にいっしょに暮らした4匹の猫の中では、一番の長生きでした。

クロタン:オス雑種猫、2020年1月30日他界、享年17歳7ヶ月、ミィとチィと兄妹、近隣で保護、去勢済み

同居していた猫(現在はみんな他界)
・ルゥ(オス雑種猫、2017年9月に他界、享年15歳5ヶ月、クロタンたちより1ヶ月半前にウチに迎える、家の裏で保護、去勢済み)
・チィ(メス雑種猫、2013年1月30日他界、享年10歳7ヶ月、近隣で保護、避妊済み)
・ミィ(メス雑種、2011年2月に永眠、享年8歳8ヶ月、避妊済み)

アニマルコミュニケーター、彩乃(あやの)さんにクロタンへのセッションをお願いしました。

彩乃(あやの)さんのアニマルコミュニケーション
ココナラの「あなたの大切な動物たちとお話しいたします」

質問:クロタンは長生きしようと頑張っていたね。ウチでの生活を通してクロタンの学びや気づきがあったとしたら、どんなこと?

クロタンくんは長生きしようと頑張っていたと聞いています。お家生活を通してクロタンの学びや気づきがあったとしたら、どんなことがありますか?

 

クロタンくんと今お話をするにあたって、 私とクロタンくんとの間にちょっとグレーかかったような靄を感じています。このことで何か訴えたいことがありましたら、お伝えしてもらえますか?

なんか力が抜けちゃって
気持ちが保てないんだ

力が抜けているとのこと、お伝えしてくださった言葉は生前のことでしょうか?それとも魂だけの状態になってからのこと?

今、魂になってから。
なんかやり切った感もあるし

やり切ったという想い、それはどのようなことですか?
Sachiさんから前にお伺いをしておりましたが、クロタンくんが患った病に繋がっていますか?

うん、僕が身体があまり丈夫じゃなかったから、みんなと同じような行動がほとんどできなくて…

そのことが悲しかったよ

悲しいと思った。その中で行動制限が出てしまうことは辛かったと思います。

ルゥから、そのことは僕の使命みたいなことのように教えてもらったよ

 

将来好き勝手できない不自由なことになること、僕が知り体感することなど、さっちゃんに知って学んでもらうためなんだって

 

そのために僕は存在しているんだよって

素朴な疑問なのですが、その不自由な生活になるということをなぜクロタンくんが知って、体感しなければいけないのですか?

今、このお話をしている間になんだか袋のようなところに他の猫ちゃんと一緒に居る光景を感じます。これは何か関係していますか?

僕ね、ママ(母猫)のおなかにいたときにチィやミィたちの邪魔をしたことがあるんだ

どのような邪魔でしょうか?

これ以上大きくならないようにって

そうすればこの場所(子宮)の中を広めに過ごせると思ってしまったことがあった

それは何か前世と関係がある?

それはないよ。ただ僕という魂がそこ(クロタンくんの身体)に入ってきたときに、ふとそのことを思ってしまった

 

いなくなっちゃえとかは思わなかったけれど、僕はココ(母猫の胎内母猫の胎内)を広めに過ごしたいと思ってしまったのは事実かなぁ

クロタンくんがその時にふと思った欲張りなことがきっかけで、クロタンくんは「制限されること」を学ばなければいけなくなったという考えであっていますか?

そう
小さい子供が「お菓子を独り占めしたい」とふと思う気持ちと同じようなことを思っんだ

 

それを実際にやってしまったことで学ぶ必要性が出てきたんだと思う

でも、それをSachiさんにも知ってもらう必要性があったのでしょうか?

さっちゃんには「根気よく」ということを知ってもらうためだった

 

ルゥもそれを言っていた。さっちゃんは芯の強さはあるけれど、根気よくが苦手かもって

クロタンくん、その芯の強さと根気の違いを教えてもらってもいいでしょうか?

芯の強さというのは「物事に負けない強い気持ち」

 

一方、根気は「課題をやり続けるための気持ちの強さ」なんだ

そのことがSachiさんに必要なことだった?

さっちゃんは意志は強い
だから芯の強さはあると思う

 

でもいざ繰り返さなければいけなくなると、その中で「同じことの繰り返し」と定義づけてしまって、最後にはさっちゃんはロボットになってしまう

ロボットになってしまうのですか?

そうなんだ
ロボットって同じことを繰り返すようにプログラミングをされているでしょ

さっちゃんは、そのように毎日をスケジューリングしてしまうことがある

 

確かにそれをプログラムすることは、同じことの繰り返しで、生活に組み込みやすいし、動きやすいと思う

 

でも、それが思う通りに動かなくなることもあるということを知ってもらうためにも僕は存在していたんだ

感想:
「根気よく」と聞いて、そう言えば、このサイトの更新が5か月ぶりであったことを思い出しました。ルゥが亡くなった3年半ほど前にこのサイトを開始したのですが、当初は頻繁に更新していたのに、ここ半年間は別のことで多忙になってしまい、おろそかになっていました。

昨年亡くなった父は、根気強かったです。胃がんで全摘した後25年以上、雨天を除き、毎日ウォーキングを欠かさずに継続していました。私は、たまにジョギングを開始しては、やめる、また始めてやめるといった感じです。

今長く、継続しているのは、仕事の合間のストレッチと踏み台昇降です。これは20年近く継続しています。

私の生活スタイルは非常に単純です。そのことを「ロボットのようにスケジュールされている」とクロタンは言ったのでしょう。母が家事全般をしてくれていますので、私はほぼ、「寝る」、「食べる」、「家で仕事をする」だけの毎日です。今後、母が高齢になって家事が辛いようになれば、私が行う必要が出てきます。

また、これまでに、ルゥやクロタン、父の介護が必要だった時期は、そのための時間をとる必要がありました。クロタンの「思う通りに動かなくなることもあるを知ってもらいたい」は、そのようなケースを指しているのかもしれません。

質問:クロタンが昨年(2020年)1月に亡くなってから1年以上が過ぎた。今は、そっちでの生活、どのように過ごしているの?

今、そちらでの生活をどのように過ごしていますか?

クロタンくんは今どんなところに居ますでしょうか?

なんて言えばいいんだろう…

月面みたいなところにいる

周りに何もない夜空の下にいるという感じでしょうか?誰か近くにおりますか?

三毛猫のコと一緒に居るよ

そのコはミィちゃんですか?そのコと一緒に居る理由はありますでしょうか?

ミィではない。三毛猫だけど

一緒に居るのは、僕が虚脱感が強そうだからって、ついてきてくれているんだ

虚脱感が強い?

そう。僕が魂だけの状態になってしまったときに、やり切った感が強かった

 

そして、達成感というのが、そのまま軽くなった感覚に繋がっちゃったんだ。そうしたら、なんだかふわふわしちゃって…

それでは、その三毛猫さんはどういった存在ですか?

僕がさっちゃんと一緒に過ごしてきて、ちゃんとできなかったことが、他のコと仲良くなれなかったことだった。このことで寂しさも感じていた

 

きっと、次の器(生体)に入り込むときの使命になるのかなとも思うんだけど、どうしたら仲良くなれるかを知ってみたいなぁ…て思っていたよ

そうしたら、三毛猫さんに出会ったのですね。

そう、僕がここでボーっとしていたら、話しかけてきた

 

「さっきからずっと見ているけれど、何をしているの?」って

 

僕が理由を話したら、「じゃあ私が友達になるよ!」って言ってくれた

三毛猫さんがいて心強いですか?

もちろん、心強いし、一緒に居ることで安心するということを感じている

それでは、最後にSachiさんに会いに行っておりますでしょうか?

さっちゃんのところ、そんなに頻繁には会いに行っていない

 

こっちに来てから虚脱感が強すぎちゃって、呆けている時間が長かった

 

最後にきちんとお別れは言えたから、大丈夫かなと思っていた。でも、少し前から、さっちゃんにありがとうは伝えに行っている

Sachiさんにわかる合図はありますでしょうか?

合図はお線香をたいてくれる時に僕はそれをまとわせながら、さっちゃんの近くを通り過ぎるようにしている

 

ちゃんと来たよと合図しているからね

クロタンくんなりの猫生観を含めて、色々たくさんのことを教えてくださいまして、ありがとうございました。
この先も三毛猫さんと一緒に楽しみながら、次の転生へ繋がりますことを願っております。

感想:
私は、お線香は焚かずに、亡くなった猫たちのためのスペースに庭の花を切って飾っています。「今日も楽しく過ごすんだよ」と語りかけています。そのときにクロタンが合図しているのかもしれません。

「もしかしたら、今、猫の誰かが来てくれているかな」と想像することもあります。

彩乃さん:
「お線香」の箇所は違っておりまして、大変申し訳ありませんでした。クロタンくんとお話をしているときに感じておりました匂いをそのように私が解釈してしまったのかと思っております。
(白檀のような高貴な香りでした)

昨年クロタンの死の1週間後に亡くなった父の仏前には、常に白檀(びゃくだん)の線香を使用しております。私がお線香アレルギーがあるため、自然の材料のものを購入し、母が朝、昼、晩と焚いています。ミニ線香ですが、その白檀の香りが周囲に漂います。それを彩乃さんが感じたのですね。

お線香の種類までおわかりになることに驚きました。今後は、父も含め、お空組のメンバーたちが、白檀の香りをまとって見守ってくれていると思うようにします。

あちらの世界でクロタンにお友達ができたそうなので、上手にコミュニケーションして和やかに過ごしてほしいと思います。クロタンは自分が甘えたい者には、自分を一番にしてほしいと望んでいましたが、その三毛猫さんとは適度な距離を保ちながらよい関係を築くことを学んでいってもらえたらと思います。

セッションを通じてクロタンの心の内を引き出し、そして私が気付くべきことお伝えくださり、ありがとうございます。

彩乃(あやの)さんのアニマルコミュニケーション
ココナラの「あなたの大切な動物たちとお話しいたします」

掲載日:2021年4月1日