全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

体を簡単に手放して魂になったこと、ごめんなさい

アニマルコミュニケーション体験レポート

昨年11月の「転生前の最後のアニマルコミュニケーション」以降、記事を作成していませんでした。新たに猫を飼い始めてから、記事を書こうと思っていたのです。

けれどもペットを亡くされた読者の方から、「更新しないのですか?」とお問合せをもらい、少しずつ更新してゆこうと思うようになりました。

アニマルコミュニケーター、彩乃(あやの)さんに、ミィ、チィ、ルゥのお空組の猫とのセッションを行ってもらっていますので、順次掲載してゆきたいと思います。

彩乃(あやの)さんのウェブサイト「Clover」
https://www.cloversohac.com/
ペットの繊細な心をすくい取って上手に表現してくれるセッションを提供されています。

彩乃さんはセッションのご報告までにお時間がかかることがございますが、ご満足いただける濃い内容をお伝えしてくださります。

今回は、ミィとのセッションの報告からです。

♀ 2002年6月初旬生まれ2011年2月10日他界(享年8歳8ヶ月)

ミィのアニマルコミュニケーションはこれまで何度か行っています。すでに生まれ変わっていて爬虫類になっているとの報告や、同じ種の猫に生まれ変わっているとの報告もありました。

今回のご報告と、これまで行ったセッションの報告とで、異なる部分もありますが、それについても、ミィがその時点時点で伝えようとする何らかの意味があるものと理解しています。

私自身は、報告内容の真偽を検証するというよりは(そんな能力はないのですが)、アニマルコミュニケーターさんが感じ取ってくれたものを自己の中で消化し理解し、温めてゆきたいと思います。

ただ、読者の方々が混乱する恐れがありますので、同じ猫で報告内容が異なる場合はその点を示してゆこうと思います。

質問
ミィが私といっしょに暮らしていた中で学んだこと、今後に活かせることどんなことがあるのかな。

ミィちゃんとお話をさせていただくにあたりまして、 私からは遠くに見える「小さな灯」のようなものを感じているのですが、この「灯」がミィちゃんですか?

そっちからだと、そういう感じで見えるのね。私は私の姿で映し出しているんだけど、面白いね。

私からだとそんな感じに見えています。ミィちゃんは私が見つけやすいように 往年の姿で出てきてくださったのですね。もしかしたら、時間がたつとミィちゃんの姿がしっかり見るかなと楽しみにしております。

 

それではミィちゃん、あなたは今どんな状況の中にいらっしゃいますか?

今は混沌とした感じかなぁ?

「混沌」ですか?それはどんな感じなのかを教えてもらっても大丈夫ですか?

目の前に草原があって、その中にある底なし沼のような感覚なの。

その言葉を参考にしますと、心の中で「何かを抱え込んでいる想い」があると感じられるのですが、 現在そのような感情が芽生えているのですか?

そう、私は恵まれていたのかもと思うことがあるの。

「恵まれていた」ですか?

さっちゃんのおうちでごはんのことも心配しなくていいし、危険からも守ってもらえる状態で生活できたこと。

 

こっちへ来てから色々な魂のコに会ったけれど、中には 「怖さ」を聞いたりしていると、恵まれていたんだなと感じている。

例えば、それはミィちゃんが「魂」の存在になってから 約1か月後に発生した地震なども関係がありますか?

そう、そのことなの。

 

「パパやママに会いたかった」
「お別れの言葉を伝えたかった」

 

と言ってくるコに多く出会って、 その悲しみと共に自分がいた環境のよさに感謝を感じていた。

一気にたくさんの魂の「想い」がミィちゃんに注ぎ込まれたような感じだったのですね。そのことで心がツラくなったり、ミィちゃん自身を追い詰めたりしていませんか?

それはないの。私がまだ知らなかったことをみんなが教えてくれたと思っているから

それではその出来事が今の「混沌」に繋がるのですか?

それだけではなくて・・。

それは私に話しにくいことでしょうか?

「・・・。」
(悲しそうな、寂しそうな表情)

そうでは、少し違う話をしましょう!
ミィちゃん、Sachiさんたちと一緒に過ごしたときのお話をしましょうか?

 

ミィちゃんは兄妹猫ちゃん達と一緒に保護されてきたとSachiさんから聞いております。その中で過ごしてきたこと、それはいかがでしたか?

楽しかったし、学んだことも多かったと思っている。

 

さっちゃん達と一緒に過ごしたこと、どんなことをしても大体は多めに見てくれていたし。

どんなことが一番よかったですか?

小さい頃はドタバタとチィ達と走っていた

 

寒い日はコタツがあったら近くでぬくぬくしたり、みんなで一緒に寝たりしたことがよかったな

他の兄妹猫とは仲が良かったのですか?

チィとはつかず離れずな距離感だったの。

 

チィを見ていると近寄っていいタイミングが分かっていた。時々その予測が外れて「違うもん!」って、チィに言われたこともあったよ。

 

クロタンは私から見ると神経質かも?と思うこともあった。優しいけれど、臆病なところもあったからだと思う。大きくなってからは、あまり近くにいないようにしていたの。

クロタンは優しくて、臆病な雰囲気、チィちゃんはどんな感じでしたか?

チィはしっかりしていて、少し気が強めなところもあった。高いところによくいた。

 

後は割り切りが早くて、ダメなときはダメ!のストップをかけることもあったかな。

兄妹猫ちゃんでも性質が違うのですね!
それでは、ミィちゃんがお家の中で感じている役目はありましたか?

私はお家の中で“見ている”ことが役目だったの。

 

“見守る”ことはルゥやチィがしてくれているから、私はただ“見る”こと。そして邪魔をしないこと。

邪魔をしないことですか?

例えば、さっちゃんが机に向かっているときには邪魔をしない。ただ近くにいて、さっちゃんの疲れがたまっていないかを上から下から見ていた。

 

時に必要なときはさっちゃんに“お疲れ様”の癒しエネルギーを送ることもあった。

ミィちゃんは心優しいのですね。
それでは、「見守る」と「見る」の違いを教えていただいてもいいですか?

“見守る”ことは、時には“ブレーキをかける”ことが必要だったりするの。そういうことはルゥやチィがさっちゃんに合図を送っていた。

 

私はそういうことをしないようにしていた。だから様子を“見る”ことにしていた。

ミィちゃんが「見る」ということを選んだ理由を教えていただいてもいいですか?

3匹がそろって同じことをしなくてもいいと思うし、チィは“私がする”と言うし、 ルゥは責任感が強くて、常に私たちのバランスをとるようにしてくれていたから。必要ないかなと思っていたの。

ミィちゃんが「見る」という役目を選んで、満足していますか?どこか疑問や不満に感じたことはありませんでしたか?

不満なんて全然!私は“見る”ことによって、他の猫達を押しのけてまで 自己主張しなくてもさっちゃん達は平等に相手をしてくれていることも気づいていた。

 

ココは“弱肉強食”の世界ではないからマイペースで過ごしても安全なんだと言うことを知っていたもの

ミィちゃんの心の中でのベストを選ばれたのですね。
それではミィちゃんがその役目をしたことによって、一番よかったことはどんなことですか?

よかったことは、そのときの状況で誰に甘えに行ってもいいかなぁとチョイスできたこと。“見守っている”とそのことを優先していることになりやすいから。

 

私が“甘えたい”と思ったときはそのことを躊躇なく選ぶことができた。お母さんのお膝の上に乗ることもその一つだったな。

なるほど!ミィちゃんはそのときの状況で、自分の想いをチョイスしていたのですね。

ミィちゃんは賢いですね。色々と教えていただきまして、ありがとうございます。

 

次にミィちゃんは最後に身体から魂を離してしまわれたきっかけになりました手術するということや心臓のことをどのように感じていましたか?

さっちゃん達に悪いなって思っていたのだけど、手術するのはあまり好まなかった。

 

病院が好きではなかったし、さっちゃん達の手から離れて託されることが苦手だった。それなら身体からバイバイすることの方を望んだの。

それでは、さっちゃん達に対して早くバイバイされたことで悔やんだりしていませんか?

私のワガママを通してしまったことを悔やんでいるの。

 

さっちゃんが手術を決断したんだから、もっと頑張る方がよかったのかなって思っていたの。

それはミィちゃんも頑張ろうと思っていたのですね。その病気の影響で好きに動き回れる量が減るのもイヤでしたか?

それ以上にもっと頑張れば、みんながもっとナデナデしてくれる時間もあったのにね…。

 

私はツライと思ったことで手放してしまった。

もしかして、最初の「混沌」としている想いは、そのことに繋がりますか?

このこともその中に入っているの。私はツライで手放ししてしまったこと。

 

他の魂は「会いたかった」、「ちゃんとバイバイしたかった」と言っているのに、私はなぜ、あっさりと手放したのかなって。

ミィちゃん、さっちゃん達にまた巡り会いたいって思っていますか?

ちゃんとさっちゃんに会いたいと思っている。あのときはごめんなさいって。

 

ちゃんと伝えに行きたいと思っているの。今度はもっと元気に長生きしたいって。

ミィちゃんは魂だけになった後も、さっちゃん達に会いに行っていますか?

コソッと何度も行ってるの。さっちゃんとお母さんが見ていた、動物が出ている番組も後ろの方で一緒に観ていたり。

ミィちゃんがバイバイしてしまった後は、さっちゃん達はテレビ番組を見ていなかったのですか?

私のときはそのあとに大きな地震もあったからというのもあるけれど、それでもテレビを見る回数は減っていたと思うし、チィがバイバイしたときも見る回数が減っていたような気がするの。

ここまでお話をさせていただいて感じたことですが、ミィちゃんもSachiさん達もたくさんの「想い」があって、その中でお互いを思い合っているのかなと。ミィちゃんがSachiさん達に「ごめんなさい」をミィちゃんが納得するかたちで伝えられることを願っています。

私感想:
ミィが手術した翌朝早く、私は自転車で動物病院に向かっていました。すると、後から追いかけてきた母に、私が出たすぐ後で動物病院から電話があり、ミィが亡くなったと知らされたのです。

診察台に横たわっていたミィはまだ体が温かく、亡くなってから30分も経っていないようでした。先生が早朝にミィを見たときは生きていたと言っていました。

私はもう少しがんばってくれたら生きていたミィを元気付けられたのにと悔やみました。
がんばりきれなかったことをミィが申し訳なく思っているのかもしれません。

チィについては、チィは少しきついところもあったようです。まだ小さい頃、クロタンがチィのごはんを横取りしようとすると、お皿のふちをバンバンと手で叩いて怒っていました。

クロタンは神経質や優しいというよりもマイペースでいばっていました。かみつくため、みんなに嫌われていたのです。

私は翻訳の仕事の時差の関係で、午後8時に就寝し午前2時に起きる生活をここ10年間しています。そのため、夜にテレビを見ることはほとんどなくなっています。テレビを見る回数が減っているというのはそのことを指しているのでしょう。

質問:
同居していたルゥを慕っていたね。どんなところが好きだったの?

それでは、次のお話に行かせてくださいね。ルゥくんのことは好きでしたか?

うん、好き!ルゥは物知りで気品があったの。

 

ちょっとしか歳が違わないのに、お兄ちゃんという感じなときもあったし、時には私たちと遊んじゃうぐらい子供っぽいところもあった。

 

そしてダメなところはダメっていうしっかりした感じもあって、そこに憧れを感じていた。

それは、ミィちゃんがルゥくんのようになりたい!と思っていたのですか?

それともルゥくんの奥さんになりたい!と思っていたからですか?

それはどちらも違う。私から見て“色々なことを教えてくれる先生”のような感じだったのかなって。

ミィちゃんが生徒で、ルゥくんは先生ですか?

そんな感じかも!

Sachiさんがルゥくんだけを外へお散歩に連れて行ったことに関係がありますか?

それもある。ルゥが見てきた風景とか教えてって、よくルゥのお話を聞いていた。

ルゥくんは教えてくれましたか?

今日はこんな雰囲気の人に触ってもらったんだよとか、教えてくれたよ。

その話を聞いて、ミィちゃんも外へ出たいと思いましたか?

全然思わなかった。ルゥにも無理だなって言われたし、ルゥが行っているのは“冒険”だって思っていたの。

 

私は“冒険”したいと思わなかったから。

「冒険」は怖いからですか?それともみんなを心配させたくないからですか?例えば「好奇心」が勝るということはありませんでしたか?

その“冒険心” はなかったの。“好奇心”なら今日のごはんは?と思う方が楽しかったから!

ミィちゃんにとっての「好奇心」はごはんのことでしたか!ごはんと言えば、Sachiさん達のごはんも気にならなかったですか?

もちろん気になった。焼き魚の日は魚をほぐしてくれることもあったから、とても楽しみだったの。

それはとても楽しみだったことと思います。

ここまでお話が進む中で、みぃちゃんが「灯」ではなくて「ミィちゃんの姿」でお話ができるようになったことを嬉しく思います。私のことを受け入れてくださってありがとうございます。

 

最後に亡くなってから長時間経過していますが、今は新たな動物の姿で戻ってきておりますか?

現世で生きている動物たちの身体へ入って、現世に行ったりはしているの。ただこの身体は違うかな?って思って、また戻ったりしてきちゃうの。

それは身体を借りた動物から見える世界が違うからですか?それともSachiさん達のところ(もしくは近いところ)へ行きたいと思っているからですか?

見える世界が見たい世界ではないからなの。もう一度体験できるのなら、さっちゃん達のところで生活した暮らしに近いのがいいかなって思っている。

 

恵まれていると気づくことができたから、その恵みを前よりも感謝して体験したいなと思っていて。

ただ、「ごめんなさい」をちゃんと伝えられるまでは、さっちゃん達のところにたどり着きたくないという気持ちもあって。

 

そのことが一番の“混沌”なのかもって感じているの。

今も「間借り」のようなことを体験しながら、「自分探し」をしているような感じですか?

そんな感じがする。いつか体験するつもりの次の身体で感じる世界は 心地よいのかもしれないから、戻って来ないかもしれないし。

 

まだ決められないの。

そうでしたか…。「ごめんなさい」は直接伝えて切れていなくても、 どこかでちゃんと伝わっていると思います。

ミィちゃんが新たな身体でSachiさん達のところへたどり着けることを願っています。ミィちゃんとたくさんのお話をさせていただきましてありがとうございました。

私感想:
ミィのルゥへの感じ方はほぼその通りで、ルゥは気品や責任感がある一方でやんちゃな面も出していました。
一つ異なるのは、ルゥは家族以外のものに触れられることを許さなかったため、散歩で誰かになでてもらうことはなかったのです。

散歩中に人の声が聞こえたとしたら、ルゥは家の裏側にある集会場の庭に毎日散歩に連れて行く際、そこに集まる人々に、「きれいな猫ちゃんだね」と言われることがありました。それを自慢するような子ではありませんが、ルゥはうれしかったかもしれません。

ミィのこと、もう何も悩むことはないから元気に過ごすよう語りかけようと思います。
ありがとうございました。

彩乃さんはセッションのご報告までにお時間がかかることがございますが、ご満足いただける濃い内容をお伝えしてくださります。

彩乃(あやの)さんのウェブサイト「Clover」
https://www.cloversohac.com/

掲載日:2019年7月31日

猫ボタンオレンジ記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)