全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

強制給餌は苦手だけれど自分の限界まで生きようと思った

アニマルコミュニケーション体験レポート

ルゥは一昨年(2017年)9月に亡くなりました。その後に私はアニマルコミュニケーションというものを知り、ルゥとのセッションをアニマルコミュニケーターの方々に何度も依頼しています。

一番最初のセッションでは、ルゥは亡くなった年の翌年(2018年)に生まれ変わって春頃に私と再会すると伝えられました。

現在この時期を過ぎていますので、これは時の経過の点において実現しなかったといえます。アニマルコミュニケーションが「ペットロスの一時的な気休め」であってはならないし、その目的で故意に利用されることを私は願っていません。

でも、この時に「翌年生まれ変わって再会できる」と聞いていなかったとしたら、どうだったかと考えます。

おそらく今、このウェブサイトが存在しなかったと思います。もし、3~10年後にルゥの生まれ変わりと会えるかもしれないと聞いていたとしたら…、私にウェブサイトを開設する意思が生まれなかったことでしょう。

このように考えれば、それは実現しなくとも私にとって与えられるべき必要なメッセージであったと捉えることができるのではと。

ルゥ自身が伝えたのか、それともルゥに関わる何かがそう伝えさせたのかは、私にはわかりません。でも何らかの運命の力が働いていたと思えるのです。

他には、「ルゥは私のところには戻ってこない」「短命で亡くなった後に生まれ変わって再会する」という異なるメッセージもありました。

昨年の「転生前の最後のアニマルコミュニケーション:次は地球のために短命で生まれ変わる」では、ルゥの存在が遠くなり薄くなっていると伝えられました。

記事を掲載していませんが、これよりも数週間前に行ってもらった別の方のアニマルコミュニケーションでも、報告の内容が浅くなっていてコミュニケーションが取りづらくなっていたことがわかっていますので、その通りだったのでしょう。

この時期、明快なメッセージを得られない状態のセッションが複数回あったのです。あるいは、ルゥ自身がコミュニケーションを行う気持ちや状態になかったのかもしれません。

それから半年以上経ち、アニマルコミュニケーター、彩乃(あやの)さんにルゥとのセッションで報告を得ることができましたので、ここにその記事を掲載します。

ルゥについて:
年齢:2002年4月中旬生まれ2017年9月18日他界(享年15歳5ヶ月)
性別:♂ 雑種猫

彩乃(あやの)さんのウェブサイト「Clover」
https://www.cloversohac.com/
ペットの繊細な心をすくい取って上手に表現してくれるセッションを提供されています。

彩乃さんはセッションのご報告までにお時間がかかることがございますが、ご満足いただける濃い内容をお伝えしてくださります。

質問:
ルゥが亡くなってから1年9ヶ月経った。現在、見える景色はどんな感じ?

最初に今どんな感じの場所にいますか?現在、見える景色はどんな感じでしょうか?

私からはスカイブルーの空と一面の丘が浮かび上がりますが、そういう場所にいらっしゃいますか?

そうだね、そういう感じの場所にいるよ。ここは気持ちいいね。

その場所にいることへのこだわり、もしくは理由などはありますか?

物事を考える、見つめる、そして心をリラックスするのにいい場所かなと思っている。

「物事を考えることや見つめること」とはどんなことを指していますか?今まで色々なことを体験し感じて、考えてきたことから来ていますか?

もちろん、僕が過ごしてきたことがすべてが経験になって、次の出来事に繋がっていっていると感じている。

 

僕にとって、どの子ともとても大切な経験になっているんだ。今でもさっちゃんの後姿やミィやチィが僕についてきたり、横にいたりしていたことを思い出す。

 

ミィやチィは僕と一緒にいることが安心できていると感じていたし、さっちゃんを後から見て、健康のこと、ストレスのことなどを確認していた。

私からは、Sachiさんが机に向かっているときの後姿や斜め後姿が感じられます。そのようにルゥくんは見つめていたのですか?

机に向かっているときのさっちゃんはとても集中しているから、僕はチェックがしやすかった。さっちゃんの身体が心配だからね。

 

さっちゃんはすぐに無理しちゃうことがあるの。さっちゃんはそんなに体が強くないのに、周囲に頼られたり、責任感で無理をしすぎちゃうの。

 

本当はしっかり休んでほしいなって願っているけれど、さっちゃんには僕たちのことやお父さん達のことなど色々なことが肩にかかっている。

ルゥくんはSachiさんの負担を少しでも軽くできるようにと思われたのですか?

もちろん!さっちゃんが動けるように、少しでも休んだりすることが出来るように。

 

僕やミィたちはさっちゃんにとって「いる」ということだけでも癒されるのかもしれないけれど、僕は助けたいと思っていたの。

そのことはルゥくんにとって、大切な役目だったのですか?

そう。僕にとって大切なことは「みんなの役に立つこと」

 

これは僕にとって他に変えられない大切なことなんだ。僕が経験してきたことを役に立てればそれが嬉しいし、そうなれるよう行動したい。

私が感じたルゥくんには、優しく温厚な雰囲気と状況を観察し動く、思慮深い先生のような雰囲気と時には寂しがりやで甘えん坊な一面がありました。

 

また、以下について伝わってきました。心当たりはありますでしょうか。

 

・「ドアを開けてくれない」とルゥくんが言っていました。

 

・子供が少し苦手な様子のような感じでした。

私感想:
「ドアを開けてくれない」については、ルゥを部屋に閉じ込めておく必要があったとき(サプリを飲ませる、またはお客さんが来ていて脱走の可能性があったときなど)です。

かっちりとドアを閉められることを嫌い、私が部屋から出るときはいつも、閉じ込められないかどうかを気にして私を見ていました。

もう一つ閉じ込めることがありました。

ルゥだけ父や母の寝室でご飯をあげていました。いっしょだと他の子に取られてしまい、すぐにルゥはゆずってしまうためです。

ルゥはご飯を残すことが多かったのですが、他の子、多いときは3匹が外でルゥがすふまを開けるのを待っていたのです。それでふすまを開けられないように、つっかい棒をすることがありました。

「子供が苦手」についての想像ですが、ルゥが家から脱走したときに、外でおそらく子供に追いかけられたかもしれません。それで恐くて神社のご神木に上ってしまい降りれなくなったことがあります。

すぐ近くの親戚の家を建てていた大工さんがはしごをかけてルゥを救出してくれました。2度目に同じ木から下りれなくなったときは知り合いの電気屋さんに頼んでルゥを救出しました。

質問:
ルゥはチィやミィに慕われていて、霊格が高い子だと感じていた。どんな前世だったのか教えて。

ルゥくんの前世(Sachiさんのお家で過ごした前の世代)までにどんなことを学んでこられましたか?

 

「みんなの役に立つこと」ということがルゥくんにとって代わることのない役目と言われておりましたが、その出来事は過去の経験に繋がっているのですか?

もちろんそうだよ。

過去で経験してきたことで、悔やんだりしないためにも僕はもっと学び、もっと大事なことに対して動けるようにしていた。

もしルゥくんがお話ししてもよろしければ、きっかけになった「過去の経験」ということ、もしくは過去生のことを教えてください。

昔ね、戦火の激しいところにいたことがあるの。馬に乗った兵士が走っていたところを遠くから見ることもあった。

 

僕は石畳のある街で雨風をしのいだり、水たまりの水を飲んだりして過ごしていたの。時には男の人が僕を拾って、一緒に過ごしたこともある。

そこのお家にね、4~5歳ぐらいの男の子がいたの。この子と毎日街中を一緒に歩いたり、走ったりして過ごしていた。

 

とてもいい笑顔を見せてくれる、ちょっとやんちゃな優しい男の子。僕にとって、大切な友達だったんだ。

 

ある日、男の子と一緒にいた時に大きな音(おそらく砲撃音)がして、町が崩れた。そのがれきに男の子が埋まってしまって、僕は助けることもできなかった…。

ルゥくん、つらい過去をお話をしてくれてありがとうございます。その男の子との出会いと別れが今のことに繋がっているのですね。

話すことは大丈夫。僕の心の中にずっと残っていることなんだ。思い出せば男の子の笑顔にも会えるから嬉しいとも感じている。

 

でもね、あのコと別れた後のことがツラかった。また孤独になってしまった。

それまでの僕は自由を好んでいたし、好き勝手に過ごすことが幸せだったんだ。あのときのことで、本当の孤独を味わったような気がした。

男の子との出会いと別れがルゥくんのその後に影響があったのですね。

うん、あの子と出会ったことで僕は「誰かの必要とされていること」を知りたい、できるようになりたいと思うようになったんだ。

 

それからの僕は、その旅を続けている感じかな。

その後は何回か転生していますか?それはずっと猫としてですか?

何度も生まれ変わってきているんだ。僕が体験したいと感じたところや助けることが出来るかもと思ったところへいけるようにしている。

 

ちなみにずっと猫だよ。猫の方が動くことが楽だからね。

 

もしこれは選んだ状況と違うと感じたら、その場所を去ると言うことを選ぶことが出来るのも猫だからね。

何度か生まれ変わっていている間のことで印象に残っていることはありますか?

「相手の心を感じることを学んでいる(研究している)」お医者さんに出会ったことがある。

 

その人が書斎にこもっているときに、ブツブツと言っているのが好きだった。僕はそのブツブツ話を聞いているのも好きだった。

話を聞くことが好きだったのですか?

先生の独り言は、僕が知りたいと思っている「必要とされていること」のヒントになっていたから。それぐらい面白かったの。

 

時々僕を膝にのせて、撫でながら書類を書いていたりして、とても心地よかったな。

ところでSachiさんのことを見ていたいと言うのは、その経験からも来ていますか?

その経験もあるよ。何か机に向かっている姿の近くにいられる時間は、その人と一緒に感じる時間だと思っているの。

 

だから他の部屋にさっちゃんがいるときでも、できるだけ近くにいようと思っていたの。

そのことがルゥくんの「助けること」に繋がっていったのですね。

いつか先の男の子と巡り合いたいと思っていますか?

実はまだ会いたくないと思っている。それはあの思いが蘇ってくるから。

 

また子供がいるところに来たときに、僕は勇気を出せるのか?と迷いが出てくるような気持ちがあるんだ。

 

あのときのことについて「足がすくんで何もできなかったこと」と「恐怖を感じること」の両方の気持ちがまだ残っている。

「助ける」などの自信が持てないという理由からでしょうか?それとも後悔することの怖さからでしょうか?

その両方だよ。

 

僕は「あのときに助けることが出来なかった」と思ってしまうことと「本当に助けてあげることが自分に出来るのか?」と迷ってしまう気持ちが入り交じっている。

例えばですが、その中に「諦める」という選択肢はルゥくんの中にありませんか?人の心を研究していたという過去の先生の話にもその選択肢はなかったのでしょうか?

そう、出てきたんだよ!

 

人でもそういう想いを持っている。だから迷うんだよって。だからそのためにこの学びがあるって。

先生との話に出てきたけれど、その選択をすることはルゥくんには難しく感じてしまいましたか?

うん、それを選択したくなかった。諦めたくはなかった。

それでは諦めるのではなく、「仕方がなかった」という選択をするはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、その場所にルゥくんがいなかったとしても、その男の子は助からなかったかもしれないと考えることはできませんか?

 

当時の先生は、ルゥくんにそのことを伝えてみたかったのかも?と感じてみるのはいかがでしょう?難しければ、無理をしないでくださいね。

うーん…、その話はもう少し時間をおいて考えてみたい。すぐに答えられない。

 

なぜなら僕が今まで思ってきたことをひっくり返されているように感じるし。

そうでしたか!決して否定をしているわけではないのです。では話を変えさせてくださいね。

 

ルゥくん、ミィちゃんやチィちゃんはルゥくんのことを慕っていたそうですね。

ミィもチィも甘えん坊だった。どちらも「親からの愛」に飢えていた。

 

僕は「ママはもう近くにはいないんだよ」ということを教えることから始めたんだ。

メロン箱その当時ルゥくんも子猫ちゃんだったと思いますが、そのころからですか?

 

 

そうだよ。僕は最初ママ代わりを引き受けたの。その次はパパ代わり。

 

パパが守って教えるということを僕は自然としていたの。

このことも昔の経験からですか?

そうだね、僕はパパになったこともあるから、自然とできたかも。

パパになったこともあるのですね!本当に一つ一つ経験を生かしていますね。

 

それでは、ミィちゃん達はルゥくんよりも先にバイバイを選択したことについて質問させてください。

そのことをどう感じていましたか?

2匹とも未体験なことを吸収していくこと、「病気と闘うことや色々な中でもまれること=強く生きるということ」を選ぶことが苦手なのかな?と思った。

 

だからチィやミィが「今の身体とバイバイをして、またもう一度さっちゃん達と出会うこと」を選ぶこともいいと思った。

ミィちゃん達とそのような会話をされていたのですか!ルゥくんとお話をしていますとずっと先の物事を見て、考える力があると感じます。

過去世からの経験や感じていることを生かし続けているのですね。

 

それでは、クロタンのことはいかがでしたか?その経験は生かすことが出来ましたでしょうか?

クロは別の役目をもって、さっちゃんのところへやってきているの。

 

クロはワガママとか言われてしまうところもあるけれど、クロなりにそのことを感じているんだろうと思っている。

 

遠すぎず、近づきすぎずということも「助けること」の一つなんだって、クロが教えてくれた。

ルゥくんとクロタンの間はどうしても越えられない距離感があったのですね。クロタンの心がいつかは周囲の想いをスーッと吸収できるといいですね。

 

それでは、次にルゥくんは3番目にお別れをしたことになりますが、約2年前にお別れを選んだことには理由がありますか?

一番の理由は痛みに耐えることが厳しかったことかも。

 

その次にさっちゃんがお父さんの世話、お母さんのこと、仕事など色々とこなす中に、重い病気の僕が長い間加わることはあまり良しとしたくなかった。

一つお伺いしたいのですが、ルゥくんがいることでさっちゃんの手助けになると感じられたことはありませんか?

もちろんそれも思った。でもさっちゃんに「痛い」「ツライ」と訴えるのも心が痛んだ。

そうでしたか…。バイバイのときはさっちゃんがそばにいてくれてよかったですか?

もちろん!僕は今世で自分が学びたかったこと、したかったことは、「終了のときにちゃんとお別れをすること」なんだ。

 

さっちゃんの元でバイバイできたことはよかったと思っている。

それでは、お家での生活で学んだことはありましたか?

僕が今世に生まれてから早いうちに大人にならなくてはいけなかったことかな。

 

前世のときまで、子猫のときはのんびりと過ごしていたから、突然にママになったり、パパになったりすることもあると言うことを経験したこと。

 

「助ける」はすべてに対してできることではないということ。これはクロのことだけはなく、お父さんのこともあったの。

 

近くにいることはできたけれど、動きを予測できなければ手助けが難しいと思ったこともある。

 

これについては次のときに学べる機会があるといいなと思っている。

ルゥくんが出来たことに関してはいかがですか?このことを聞こうとする前に、外の香りを感じているのですが、これは楽しみだったことですか?

そう!さっちゃんから聞いていると思うけれど、僕はさっちゃんと散策に出かけていたんだ。

 

一つはミィたちがいつも一緒にいたがるから、物事を整理する時間が欲しかったこと。そのためには外に出ることが必要だった。

もう一つはそのことでさっちゃんを見守る時間が独占出来たこと。散策に出ることで僕とさっちゃんの時間が出来ること。

 

そのことで僕はゆっくりさっちゃんのことを確認することが出来たんだ。それが僕にとっては大切なことだった。

ルゥくんは、誰かの手助けや寄り添うことをすることで、また学んでいくタイプなのですね。とても熱心な生徒さんみたいな印象も受けております。

 

それでは、次の質問に行かせてください。亡くなってから1年9か月過ぎましたが、すでに次のところへ転生をされていますか?

まだしていない。

 

何度も転生を重ねてきていることと、前に生きてきた出来事が今どうなっているのかを見て、確認をして、次どうしたいのかを思う時間を過ごしているところなんだ。

私がお話をしている間に何度も感じているスカイブルーの空と草原のようなところにいて、さっちゃんたちを見守っているのですか?

いつもその場所に居るとは限らない。別のスカイブルーだけの空間があってそこが僕のいる場所なんだ。それは空でもあって、海でもあって、湖でもあって。

 

天にも地にも自由にいられる場所。天も地も関係がないことにいることって、片付けられない感情や感覚を整理するのにちょうどいいんだ。

天地が関係ない場所というところで整理をされるのですか?

そう!どうしても物事が詰まったときには逆さにしてみたり、縦を横にしてみたり。

 

こうすることで煮詰まった問題の答えが出てくるかもしれない。

それは宇宙で空泳みたいな感覚にも感じるのですが、酔ったりしませんでしょうか?

酔ったりしない。

何もない場所だから、水に潜り込むこともすればいいし、そのまま空を飛んでればいいし、何でもできるからと思うと僕は楽しく感じている。

ルゥくんは私にも何かを教えてくれているような感覚を感じます。ルゥくんの哲学や心理学を学べるのでしたら、講義を受けてみたいですね。

 

それではもう一つ、またSachiさんに出会えたらと思っていますか?

さっちゃんのことも大好きだったから、また出会えたらとも思っているけれど、それはどうなるかは分からない。

 

でも間違えなく言えるのは、今の僕はさっちゃんのことを見守っていること。もし僕を感じたいと思ったら、仕事机の後方に僕の座布団を置いてくれるといいと思っているの。

 

必要と感じたときにはきっと僕はいる。さっちゃんはきっと気づいてくれると思う。だって僕の大切な人の一人だからね。

私感想:
ルゥが亡くなってから、私の部屋の机から後ろ側に猫用の毛布を重ねてマットを配しており、そこをお空組の猫の場所として確保し、花を飾って供養しています。

そこからきっと私を見守っていてくれると思っています。

質問:
前述にあった思考法について、具体的にルゥは、どんなことについてどんなふうに、上下縦横を変える思考をするの?また、そこから導き出されるものは何なの?

先にうかがったルゥくんが実践している思考法「スカイブルーのお話」をされていたことについて、もう少し詳しく聞かせてください。

 

このことで何か参考になりそうなお話がありますか?と質問しようと思ったときに、老年期のルゥくんが注射や給餌などをされている様子が浮かびあがってきました。このことも関係がありますか?

そうなんだ。それに関係している。

それはこの行為が苦手だったからですか?それとも思考のことに関してですか?

注射や給餌は苦手だった。それはキライではなくて、苦手だった。

苦手だったのですね。キライとの違いが何でしょうか?

「キライ」は、「このことをされるのを拒否したい」いう想い。

 

一方「苦手」は「このことをされるのはイヤだとしても、その行為は受け入れる」ことを示唆している。

それでは、治療中の注射や給餌はルゥくんは「イヤ」だったけれど、そのことをされる行為は「受け入れる」ということが「苦手」と表現することですか?

そのとおりだよ。僕はそのとき生き続けることは「イヤ」だと思っていた。だからそのための行為をしてもらいたくなかった。

 

でもね、逆にさっちゃんたち側から視点を移してみるとどうだろう?と思ったの。

 

さっちゃんたちは、僕に「生き続けてほしい」と願っていると感じた。

だから僕は、生き続けることがイヤという気持ちは自分本位のことだから、逆にさっちゃんが願っている「生き続けられる限界までは僕もついて行こう」と思うようにした。

その想いと行動がスカイブルーのお話に繋がるのですね。

そう、例えばお散歩のこと。出発はお家を背にして出かけていくでしょ。

 

どこでも「帰ろう」と思えば、Uターンすることが出来る。

 

でも進み続けることもできるし、右や左に曲がっていくこともできる。

 

つまりはどんなルートもあるということ。

課題を考えすぎて、まっすぐに行くことばかりを目指すのではなくて、今回は左に曲がっていこうかな?と思ってもいいんだということを伝えたかったの。

なるほど!「ゴールが一つだったとしても、ルートはいくつでもあるということですね。

そう!考えたくないと思ったら、立ち止まってみてもいいと思うし、後を振り返ってもいい。

 

なんでも「こうしなくちゃいけない」と決めなくたっていいんだ。

確かにルートはいくつでもありますから、その通りだと思います。

 

それでは「スカイブルーは空でもあり、海でもあり・・」というところに関して、教えて下さい。

「課題の箱」というものがあったとする。それを空に向かって投げてもいいし、逆にその箱を下に置いて、僕だけが飛んでみてもいい。

 

これは「視点を変えてみる」ということ。

例えば、ごはんを「食べなくてはいけない」ではなくて、「食べてもいいし、食べなくてもいい」という視点に変えてみたら、次にできることは何だろう?と道が広がっていかないかなって。

 

「食べなくてはいけない」にしちゃうと「その次の片づけものが出来ない」、「私の仕事ができない」とか不満につながってイライラしちゃうと思う。

それを「今は食べる気が起こらない」と文章を置き換えてみたら、「食欲がないのかな?」、それとも「寝る方が先なのかな?」とその先のルートを変えてみることもできるんじゃないかなって。

ものごとの視点を変えてみると言うことですね!

 

その場合、私だと悲観的な道も考えそうになりますが、そのことが「上下をひっくり返す」ということに繋がるのですか?

そうだよ。「悲観的に思うこと」って、心が疲れる行動ではないかなって思う。

 

そのときは上下をひっくり返してみると、「悲観的に思うこと」の下に「悲しみではないこと」が隠れているかもと思ったりする。

 

そういう視点の転換を持つことを僕はこの「スカイブルーの部屋」で行っているんだ。

私感想:
>一方「苦手」は「このことをされるのはイヤだとしても、その行為は受け入れる」ことを示唆している。

これは、私がずっと考えていたことの答えとなりました。

亡くなる数か月前から食事をほとんど自分から摂らなくなっていたため、缶詰をこしたものにサプリや薬をまぜて強制給餌していたのです。強制給餌を察知するとルゥは家具の裏に隠れて怯えていました。

ルゥをつかまえて椅子に座り、膝の上に抱えて、シリンジやスプーンで与えました。そのときルゥは逃げ出そうと思えばできたはずです。

でもルゥは抵抗したり暴れたりすることなく、おびえながら歯をガチガチさせて飲み込んでいました。その間、私は「ルゥ、がんばれ、がんばれ。もう少しだよ」と声をかけ続けていました。

「ルゥは怖がりながらも強制給餌に耐えている。でもそれはどういう動機から来るのだろう」と、私は考えていたのです。

今回、「強制給餌はイヤだけれど、さっちゃんの願いのために生き続けられる限界までは僕もついて行こうと思うようにした」と聞いて、そのときのルゥの気持ち、苦しい中にありながらも私の希望に最後までそってくれていたことを知りました。

「ルゥ、ありがとう」と「私のエゴにつきあわせてしまってごめんね」という思いがこみ上げてきました。本当にルゥに申し訳なく、涙が出てきまます。

>「食べなくてはいけない」にしちゃうと「その次の片づけものが出来ない」、「私の仕事ができない」とか不満につながってイライラしちゃう

その通りです。私のこんな感情までルゥに読み取られていたと知って、ギクッとしました。癌を患ったルゥの体重を落としたくなくて、1日4回、仕事の合間にルゥに給餌する時間を決めていて、せっかちな私はスケジュール通りに行うことを優先していたのです。

亡くなる3日前から膝の上に乗せると、逃げ出そうとするようになりました。これまでになかったことです。亡くなる前日にはシリンジをルゥの口にあてると前足でバシッとたたきつけて落としました。そのきっぱりと拒否する行動に私はびっくりしたのです。

胃が痛かったのだと思います。翌日、亡くなる数時間前の受診でそのわずかな食物でさえ飲み込めず口の中に残っていた形跡を見て、いたたまれない気持ちになりました。

ルゥにとって辛い時期でした。

当時、私はアニマルコミュニケーションについて知らなかったのですが、ルゥの気持ちがわかっていたら強制給餌で延命するよりも、もっとルゥを穏やかな気持ちで送り出す方法を見つけ出すことができたかもしれません。

亡くなる3ヶ月ほど前から浴室のタイルの上で過ごすことが多くなりました。体が熱く、肝臓が悪いためだるかったと思います。亡くなる直前は嘔吐もあり、とても痛い思いをしたと思います。

>出発はお家を背にして出かけていくでしょ。どこでも「帰ろう」と思えば、Uターンすることが出来る。

でも進み続けることもできるし、右や左に曲がっていくこともできる。つまりはどんなルートもあるということ。

ルゥが「視点を変える」ことの説明に、散歩を例えに出してきたことにもハッとさせられました。

ルゥが他界する1ヶ月前から、ルゥの縄張りを超えた、今までルゥが見たことがない近隣の景色も見せてあげたいと思い、異なるルートをルゥを抱っこして歩いていたのです。

その日によって、自宅を基点に左回りしたり、右回りしたり、角を右折したり左折したり、木の前で立ち止まったりと。いろいろなルートをたどっていたのです。

ルゥがこのような助言を伝えてきたことに、ただただ驚くばかりです。そして生きているうちにコミュニケーションできていたら、どんなによかったことだろうと。

ルゥ、的確なアドバイスをありがとう。「視点を変える」「ゴールは1つでもルートはいくつもある」という考え方、日常生活や仕事に取り入れてゆくよ。

あやのさんの返信:
ルゥくんは私に散歩ルートを教えてくださったのですね。

色々な散歩道を見て、嬉しそうに紹介してくれるルゥくんを感じておりました。

質問:
ルゥが今そこで行っているお仕事、お役目などがあったら教えてね。

それでは、いまも「お空組」にいるという話をされていましたが、その空間でのお役目というものはありますでしょうか?

僕は特にお役目はない。僕のテーマにそっているだけだから。

その今まで培った能力をその世界で活かすと言うことはされないのですか?

前は全然だったけれど、時々この空間で会うコの話を聞いた後に必要がありそうだったら、僕の方法を伝えることはあるよ。

 

でも、ほとんどのコがちゃんとなんらかの「テーマ」や「やること」をすでに持っているから、そこまでお手伝いをすることもないのかも。

「神様」のような立場の方はいらっしゃいますでしょうか?

神様というのではなくて、ヒトのような方はいる。神様や天使ではない。その人の周りに色々な品種の動物たちがいることが多い。

 

僕たちは「コミューン」って表しているけれど、そのコミューンがお互いのジャマにならないように点在している感じ。

その集団は規模が大きいですか?

大体その方に対して、10匹前後の色々な動物がいるよ。肉食も草食も関係ない。

 

僕たちは基本捕食する必要がないから、みんな仲がいいよ。考え方も違うし、ただそのコミューンにいるだけ。

 

ヒトのような方も思考のジャマをすることなく、静かに存在するだけ。

お互いが邪魔をしないで、そこに集まっているのですか?

そう。そのコミューンにいつまでいてもいいし、離れたくなったら自由に離れていくの。

 

要は自分のことは自分で決めて動いていく感じなの。だから役目とかはないかなぁ。

私からの視点ですと「霊体の状態で心を休めている」という感じにも取れますが、いかがですか?

もちろん、それでもいいと思う。うまく言えないのだけれど、僕たちにとっては「心地いい場所である」と、これだけは言える。

 

ヒトのような方を「木」や「水場」だとすると、そのオアシスへ集まってくる動物たちという感じだよ。

色々と教えて下さいまして、ありがとうございます。

ルゥくんからたくさん教えていただきました。
とても哲学な猫さんとお話させていただく機会に感謝します。

私感想:
天界でのお仕事・お役目については、アニマルコミュニケーターの方によってさまざまな捉え方があるのかもしれません。

これまで、チィやルゥについて、何らかの仕事が神様から与えられたことをセッションの報告で聞いていました。

「人間がオフィスでするような仕事とは異なり、存在するだけで地球のためになることをしている」(ルゥ)というアメリカ人のアニマルコミュニケーターの方もいましたし、「新たにやってきた魂を必要な空間に導く案内役のようなことをしている」(チィ)、「これから転生する魂に性格のようなものを与える作業をしている」(ルゥ)というアニマルコミュニケーの方々もいます。

これらの違いがなぜ生じるかについては私の考えの及ぶ範囲にないのですが、同じ魂であっても伝わる途中で何らかの変換が発生する、あるいはアニマルコミュニケーターの方々のこれまでの体験・知識に依存するのかもしれないと思ったりしました。

ルゥが「助ける」というテーマを持っているとしたら、それはおこがましいのですが、私の「他者を助けられる人間でありたい」という想いと一致しています。

私はまだまだですが、そのためには、自分自身がしっかりと毎日を過ごせるようにしなくてはと感じています。

ルゥの新たな側面をご報告くださり、ありがとうございました。

彩乃さんはセッションのご報告までにお時間がかかることがございますが、ご満足いただける濃い内容をお伝えしてくださります。

彩乃(あやの)さんのウェブサイト「Clover」
https://www.cloversohac.com/

掲載日:2019年8月6日

猫ボタンオレンジ記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)