全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

猫が生まれ変わりと再会を約束

アニマルコミュニケーション体験レポートルゥ1

ルゥ ♂ 2002年4月中旬生まれ
2017年9月18日他界(享年15歳5ヶ月)

画像をクリック→
14年間使用していた猫用ベッドに、毛布代わりに入れていた赤い腰巻き(右写真)。

ルゥが亡くなった後、ベッドをタンスの上から降ろす際にベッドの底に穴があいてしまい、ベッドを捨ててしまいました。このことを亡くなったルゥが知っていました。

アニマルコミュニケーターさんを通して、ベッドの中に入れていた赤い腰巻きについて「ほつれているけれど捨てないで」という、ルゥ以外の誰も持ち得ない感情・望みを伝えてきたのです。右上の画像をクリックすると、ルゥが爪でひっかいたほつれを確認できます。

猫のメッセージ「愛用していた毛布をとっておいて」

アニマルコミュニケーションについては、ルゥが9月18日(2017年)に亡くなって3週間後から、男性のSさんというアニマルコミュニケーターさんに3回セッションを受けました。

その後、12月に女性の方2名に別の質問でセッションを行ってもらいました。

12月のセッション2つをここに記載します。

亡くなった猫ルゥから私へのアドバイス

■「キキのテーブル」の前田理子さん

前田さんはアニマルコミュニケーションをプロとして行うとともに、悲惨な状況下にある動物たちを救うための各種の活動も積極的にされているアニマルコミュニケーターです。

前田さんのブログからは、人間を温かい眼差しで見つめる動物たちの豊かで深い心が伝わってきます。

<前田さんのアニマルコミュニケーション>
電話(2017年12月5日)でのセッション後にまとめられた報告書の内容

***ルゥ君から伝わってくる印象***

非常に賢くて繊細。運動神経が大変よく、敏捷で敏感な猫さん。性質的には上品で、静かな雰囲気(粗野な感じや、男っぽさがない)人も他の猫のことも、よく観察している。

 

Sachiさんの、誰にも見せない内面の葛藤やご両親との間に生じる、日々の小さなストレスを感じ取っていて、Sachiさんを常にサポートしてきた。心情の変化にも敏感で、時に心配している。

 

クロたんとは、まるっきり逆のタイプの猫さん。存命中、クロたんはやきもちを焼き、当時ルゥ君は、うざい風な態度で接していた。今では、それも懐かしい。

Sachiさんにとって、単に猫という感じではなく、親友兼パートナーのような存在だった。目でものを言う、目力がある猫さん。

 

サンサンと日が降り注ぐ所で日向ぼっこしながら、気持ち良さげに寝ている姿で出てきた。(今もまだ、時々家に戻ってきている)

 

自己紹介し、「Sachiさんに頼まれて来たのでお話聞かせてくれる?」と聞くと、頭だけおこして、じーっと私を見ていた。やがて合点したような顔になって、「今度は女の人なんだね、OK。僕が前話さなかったことを、引き出してほしいな」と、静かに言った。

 

そこで早速質問しようとすると…「聞かれる前に、お姉ちゃんがミィとチーのことを気にしているから話しておく。ちゃんと2人に会えたから、大丈夫だよ。

 

でもいつも一緒にいるわけじゃない。それぞれのペースや行く道があるし、僕はまだこちらにかえって来ているし、チーには頼られることがあるよ。ミィには、こちらの世界のこと色々教えてもらったね」

 

「そうですか、あなたはとても賢くて人の気持ちを敏感に察知する猫さんなんですね。Sachiさんの考えていることや状態もよくみていたと感じるけれど、もっとこうすればいいなあと思うことありましたか?」

 

「うん、あったよ!いっぱいあったよ。もっと自分勝手というか好き勝手でもいいのになあと。不器用(主に人間関係)で真面目で、あまり要領がよくないなとか。

 

でも僕はそういうお姉ちゃんが大好き。誠実で善い人だよ!僕はお姉ちゃんが辛そうな時、ちょっと煮詰まっているような時、風を入れる役目をして来たよ」

 

「風って、どんな風?」

 

「心を軽くする、ユーモアの風だよ。クスクスって笑ってしまう風だよ」

 

「それは、どういう時に発揮していたの?」

 

「お姉ちゃんがいたずら好きって感じる、大方のことだよ。僕は運動神経の良い猫だったから、単に1人で走って遊んだり、他の猫と遊ぶだけだって良かったけれど、お姉ちゃんを遊びに誘ったのは、そういうことだよ!お姉ちゃんが笑うと、僕も嬉しかったし、のってくれると、もっと嬉しかった!楽しかったね!」

 

「他に何か伝えたいことありますか?」

 

「お姉ちゃんもわかってくれていると思うけれど、僕は、とてもとても感謝していたし、幸せな15年間だった。猫らしい生活をさせてもらって(緑が多くて静かな環境)1人の人間ととても親密に過ごすことができて、幸せだった。僕を抱っこして散歩へ連れて行ってくれる時、抱っこされると、その日のお姉ちゃんの気持ちや状態が手に取るようにわかったなぁ」

 

ここで一呼吸おいて…「さあ、僕は一度さようならをしなければいけないと思うんだ。一度さようならをしないと、戻ってこれないんだ。気持ちに区切りというか、僕が上に上がっていけるように、願ってくれるかな?お姉ちゃんに、その時期とかは任せるよ。身体に気をつけてね!」

私感想:
いたずらのこと、ルゥの思いやりから来ていたのですね。ルゥは人間で言えば中学生くらいの思考力がありそうだと以前から感じていましたが、私のことを一番理解してくれていた存在だったんだとあらためて思いました。

『そこで早速質問しようとすると…「聞かれる前に、お姉ちゃんがミィとチィのことを気にしているから話しておく。ちゃんと2人に会えたから、大丈夫だよ。…」』には本当に驚きました。

以前に別の方のアニマルコミュニケーション(亡くなってから3週間後)で、ルゥが「まだミィとチィには会っていない」と言っていたため、私はミィ(6年前亡くなりました)とチィ(4年前)はすでに生まれ変わっているものと思っていたのです。

アニマルコミュニケーターが別の方であっても、ルゥが以前に私が尋ねた内容を覚えていて後になって起こったことを、今回引き継いで自ら伝えてくれるとは!とっても不思議な感覚、まさに神秘的な世界をうかがい知ることができました。

そして、ルゥの現在の状態、私がこれからすべきことがよくわかりました。生まれ変わって再会することは以前から伝えられていたため、ルゥとしての魂とお別れをしなくてはならないことは自覚しておりましたが、気持ちの区切りの時期については私が選べばよいのですね。

できるだけ早くルゥに再会したいですから、今年中には「さようなら!ルゥ。またね!!」と言えるようにしたいです。

存命の子が旅だった猫と今も会話している

猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る

猫のメッセージ「愛用していた毛布をとっておいて」

■アニマルコミュニケーター横井さん

横井さんは、非常に読み取る能力の高い方(もともと動物と会話できていたそうです)ですが、育児で多忙のため現在アニマルコミュニケーションの依頼を少しずつ受けていらっしゃいます。

横井鈴佳さんのインスタグラムに横井さんの愛猫やセッションを行ったペット達が掲載されています。アカウントはこちらです→「suzuka.yokoi」

<横井さんのアニマルコミュニケーション>
2017年12月6日 メールにて

ルゥ2前記の前田さんのセッションとほぼ同時期に横井さんにセッションを依頼し、メールのみにて伝えてもらいました。

質問1. 一緒に暮らしていた中で、ルゥにとって一番心地よく感じていた事、楽しかった事などは何?

膝の上にいて、耳の後ろや腰しっぽの付け根あたりを撫でられながら寝ている時がとても心地よかったそうです。

 

楽しかった事は、Sachi様の居場所を先回りして取る事。そこに座りたかったのに~とか、邪魔だよ~!!とか言われるのが楽しかったみたいです。

 

僕が居て後からSachi様が来て撫でて貰うのが幸せな一時だったそうです。

たまに読みが外れて「こっちに来ないの?なぁ~んだ…」と相手にされずしょんぼりする時もあったそうです。

私感想
> 膝の上にいて、耳の後ろや腰しっぽの付け根あたりを撫でられながら寝ている時がとても心地よかった

ルゥは私がマッサージチェアでくつろいでいるとひざの上に乗ってきました。耳の後ろの硬いところをつまんでよくマッサージしていました。

また、ルゥが立っている姿勢のとき、私がしっぽの付け根をトントンと叩くと気持ちよさそうでした。

> 居場所を先回りして取る
> たまに読みが外れて『こっちに来ないの?なぁ~んだ…』と相手にされずしょんぼりする時もあった

歯磨き中に台所の椅子に座ろうとすると、ルゥに専有されました。歯磨きの後に私は椅子の後ろで体操をするので途中にルゥの頭をよく叩いていました。

また、お風呂の水を入れようとすると、ルゥが浴槽に入ってしまうことがよくありました。すぐに出るのですが。ふざけていたのでしょう。

私は在宅で仕事をしていますが、PCの前にルゥが座ることが多く「ルゥちゃん、邪魔だよ」とよく言っていましたが楽しんでいたのですね。

また、あまのじゃくで外に散歩に連れ出してほしいのに、「外行くよー」と言うと意思に反して逃げ回ることがよくありました。家の中を何度もぐるぐると逃げ回るので、私が「もう行かないよ!」といって離れてしまうとさびしかったようです。

質問2. ルゥが亡くなってから毎日亡くなった時間に写真を見ながらお祈りして話しかけているけど、ルゥにはその内容は伝わってる?

ちゃんと僕に届いてるから大丈夫だよ(言葉も想いもね)。必ずまた会えるから約束だよ!!

 

僕は長生きさせて貰ったし、とても幸せだったんだよ。『大好きだよ』の言葉を言われる度に僕もそれに応えたいと思うんだ。だから何かをして僕からも伝えに行ってるんだけど、分かってるかな?

 

魂になった今僕なりに『有難う』『今も大好きだよ』を伝えに帰るそうです。

例えば?って聞いたら、マットをずらしてきたとか、爪跡を残してきたとか言ってました。Sachi様が何か気付かれた事はないですか?

私感想
> マットをずらしてきた
> 爪跡を残してきた

ルゥが亡くなった翌日にマットや毛布は洗濯して一時しまったのですが、3週間後の別のアニマルコミュニケーションのセッションでルゥが家に来ていることを知り、洗濯したマットを私の部屋のいつもいた場所に戻しました。

すると、翌日、朝にはその隣の引出の上にお供えのキャットフードを置くときには平らにマットが敷かれていたのですが、午後にマットの片端がめくれていたことに気付きました。

誰もここに触れることはないのに変だなぁ、もしかしてルゥが来てその形跡を残すためにめくっていったのかもと思ったのです。やはりルゥだったのですね。

びっくりしました。このことをアニマルコミュニケーションで伝えてくれたこと、とてもうれしいです。

爪跡についてはあまりにこれまで付けられた傷が家の中に多すぎる(一時は4匹いました)ので、わからないなと思っていたのですが、思い当たることがありました。

一昨日に掃除機をかけた時に、階段の下の物入れのドア(いつも開けたまま)の裏のベニヤ板が10cmちょっとはがれて下に落ちていました。もしかしたら、これはルゥのしわざだと言っているのかもしれません。

質問3. ルゥの前世(猫・あるいは猫以外でも)があるとしたら、ハッピーに過ごせたのはどのような前世なのか?

いくつ前かは定かではないのですが、鳥のクロサギがありました。海が懐かしく、よく貝やカニを食べていたみたいです。

 

群れで暮らしていたみたいですが、今回は猫として命を与えられ、人間に近い存在として学ぶことが使命だったそうです。

 

何年前か覚えていないけど鏡で自分の姿をみた時に、これが猫なんだ!!と知った。鳥だったから、しっぽがついているのがとても不思議でどう使えばいいのか分からなかったそうです。

 

大きな耳は便利だけど物音がうるさく感じて慣れるまで時間がかかったそうです。

私感想
> 大きな耳は便利だけど物音がうるさく感じて慣れるまで時間がかかった
ちょっとした音に敏感でとても神経質でした。

– 個人的に聞いてみました –

 

●今どこで何をしているのか?どんな感じ?

 

ふるさとに帰ってきた気分で毎日がのびのび自由に暮らせてる。懐かしい仲間とも再会が出来たそうです。神様のお手伝いをする前は自由に出来るそうで、今はよく家に帰って(登れなかった所)上の方から見ているそうです。

私感想
> 懐かしい仲間とも再会が出来た

ミィちゃんやチィちゃんのことですね。

亡くなって最初のセッションで、ミィちゃんやチィちゃんのことを聞くと、「まだ会っていない」と言われ、その後別の方のセッションなのに、なぜか、「私が気にしていたことで伝えたいことがある」と言ってきたそうで、「ミイちゃんは魂の世界のことをよく教えてくれて、チィちゃんには頼られている」と言っていたそうです。

神様のお手伝いをするのですね。私はルゥとしての魂は12月までではないかと期限をつけており、最後のアニマルコミュニケーションをお願いしようと思ったのです。

■Sachi様に伝えて欲しい事はある?

 

たくさん、たくさん、有難う。僕の命を拾ってくれて大切に育ててくれた。そして老いるまで変わりなく愛情を注いでくれた。今でも大好きだよ。離れていても心はそばに居るよ、なくならない。

 

僕の事を忘れないで毎日思い出してくれている。

こんなに僕は愛されて生きて来れたんだって、魂になった今知る事ができた。

もぅ涙を流す時間より、楽しかった僕との思い出を思い出して、笑って欲しいんだ。

 

笑顔で楽しかった思い出を思い出してくれる時間が増えてくれたらいいと話してくれました。

 

■その他のメッセージなのですが、キーワードの様なので、何か心当たりはありますか?

  •  赤いセーター?カーディガン?ほつれているけど、捨てないで欲しい。
  •  25という数字(日付なのか時間なのか)
  •  再会(きっとルゥくんも再会を強く望んでいるからだと思うんですが、再会出来たら気づいて欲しいという事なのか?)

私感想
> ・赤いセーター?カーディガン?ほつれているけど、捨てないで欲しい。

最初、赤いカーディガンはウチにないと思っていたのですが、思いつきました。前年の冬にルゥの猫用ベッドの中に敷いていた、私の腰巻きです。

赤いマイクロファイバー製で大きなボタンが3つついていますので、カーディガンのように見えるかもしれません。

ルゥが爪でひっかいて出した糸がよれて、ほつれている箇所がたくさんあります。

それを、今、私がひざかけとして仕事で一日中使用しているのです。このことを言っていたのですね。ぼろぼろでみすぼらしいですが、次にルゥの生まれ変わりと一緒に暮らすことを待って、捨てずに大事に使います。

それを入れていた猫用ベッドは14年以上使用しているため、置いてあったタンスの上から降ろそうとしたときに底に穴があいてしまったため、ベッドだけは捨ててしまったのです。

そのことをルゥはさみしく思っていたのかもしれませんね。

> ・25という数字(日付なのか時間なのか)

「25」という数字にまつわることは思いつかないのですが、次のキーワードに「再会」が来ていますので、私の期待ですが、恐らく25日という日付のような気がします。

以前に別のセッションで、ルゥが生まれ変わっていつ頃出会えるかを聞いたときに、「来年の5~6月頃かそれより少し早いかもしれない」とルゥが答えていました。

また、ルゥの魂が母猫に入るときと、生まれて出てきたときに、私に何らかのサインを送って欲しいと頼んでおりましたが、ルゥは、そうすることは可能だけれど、私の思いが強すぎるとそれに気付けないかもしれないと言っていたのです。

ですから、平常に毎日すごそうと努めています。

今回、「25」という何らかのキーワードを知ることができ、本当にありがたいです。

> ・再会(きっとルゥくんも再会を強く望んでいるからだと思うんですが、再会出来たら気づいて欲しいという事なのか?)

再会するときには、目を見ればわかると聞いています。その時には、波動やエネルギーをたくさん送るからと。それをとても楽しみにしています。

今回のセッションで横井様に細かいところを拾っていただけたこと、本当にびっくりし、感動し、うれしく思いました。

赤い腰巻きや「25」という数字を知ったこと、私にとってとても大切なキーワードです。

最後に対話させて頂いてー
ルゥくんはお話をしている時は凛々しいんです。でもSachi様についての想いをお聞きすると、優しい子で、甘えん坊で思いやりのあるところを沢山私にみせてくれました。

 

今でもSachi様を想っている想いの強さも、Sachi様が我が子のように愛情をかけて育ててこられたからなのだと感じました。とても素晴らしい関係性であると思いました。

 

ルゥくんもいつかは生まれ変わりますが、それ迄の間はSachi様のすぐ近くで魂として存在し、見守り続けていると思います。

横井鈴佳さんのインスタグラムに横井さんの愛猫やセッションを行ったペット達が掲載されています。アカウントはこちらです→「suzuka.yokoi」

以下の2つの記事はその後の横井さんによるルゥのセッションです。

猫ボタンブルー転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)

3名からのアニマルコミュニケーションで生まれ変わりを確信

アニマルコミュニケーション(3名のアニマルコミュニケーターから計5回のセッション)を終えての感想を記します。

最初に受けたSさんとのセッションは電話のみ(45分を3回)だったため、報告書はありませんが、思い出したことを記します。

最初の質問、「今、ルゥはどんなふうに過ごしているの?」では、「ときどき家やテリトリーだった場所に来ている。魂の世界と家を行ったり来たり」と答えてきました。

それで、「いつ頃来ているの?私は仕事の時差の関係で午前2時に起床するけれど、その頃なのか?」と聞くと、「その頃に行くときもあるけれど、太陽が昇る頃によく行っている」と答えたのです。

それは、毎朝私がルゥを抱いて散歩に出る時間、太陽が東から出始める日の出のときだったのです。最初の質問で「これは確かにルゥだ!」と信じることができました。

最初のセッションで、アニマルコミュニケーションの素晴らしさを知ったのです。

Sさんは、ルゥの印象について「マイペースでたんたんとしている。ベタベタと甘える感じはないけれど、素っ気ないわけではない」と言っていました。

ルゥの印象については、3名のアニマルコミュニケーターの方すべてがほぼ同じように感じているようです。

その後は、どのセッションも私にとって、まさに感動の連続。

ルゥの前世については検証のしようがありませんが、こちらからアニマルコミュニケーターさんに事前に伝えていないことなのにルゥが言ってきたことはすべて当てはまっており、ぞくぞくするほと細部にわたって教えてもらうことができました。

こちらの住所をまったく教えていないのに、家の周辺環境についてもアニマルコミュニケーターには見えるようです。

前田さんの報告書に、「猫らしい生活をさせてもらって(緑が多くて静かな環境)…」と記されていますが、その前の電話でのセッションではもっと詳細に伝えてもらっています。

「私(前田さん)の住んでいる所は、いわゆる都会で自然が少ないのですが、Sachiさん(私)の家の周辺には木や緑がたくさんありますね」と。

神社の桜の木
その通り、うちはどちらかと言えば田舎で、家の隣は木々がたくさんある神社、裏は集会場の庭になっていて、梅や桜、キンモクセイ、つつじなど、季節を楽しむことができます。

メジロやうぐいすなど、さまざまな種類の鳥も来ます。私はルゥを1日2~3回、抱いて外に連れ出していました。

裏の集会場の梅の木

ルゥはそこの庭に敷いてある白い石ジャリの上で、太陽を浴びながら、横になってゴロゴロと左右に回転し、背伸びをするのが至福のひとときだったようです。

報告書では、ルゥは私を「お姉ちゃん」と呼んでいますが、私のことを「お母さん」と「お姉ちゃん」の中間の位置づけで呼んでいたと電話では伝えられています。「さっちゃん」ではないと。

アニマルコミュニケーターの方々は、動物の意識と交信し、想いをすくい取り、それを日本語に通訳しています。動物の意識を私たちがわかるように言葉に置き換えてくれるのです。また、映像として表現してくるときもあるようです。

横井さんのセッションでルゥが言っていた「先回りして私になでてもらうのが好き」で思い出したことがもう一つありました。

私が廊下を通ると、ルゥはその先の座敷のふすまの柱で爪研ぎをするのです。ですから、後からきた私はいつも爪研ぎしているルゥのおしりをポンポンと叩いていました。

それをルゥが亡くなった後も、ずっと同じようにその場所でおしりを叩くまねをしていたのです。ルゥはそのことを知っていたのでしょうね。

「25」のキーワードについて、後で思ったのですが、25日というよりも、もしかしたら2月~5月の間に何らかのイベントがあるということを意味しているのかもしれません。

2回目のセッションで再会について詳しいことを聞こうとすると、ルゥが再会する日や場所については限定できないと言っていたことを思い出しました。

赤い腰巻きについては後日談があります。

私がアニマルコミュニケーションの感想を送ると、横井さんがルゥに猫用ベッドを捨てたことがさびしかったのかを聞いてくれたのです。すると、ルゥは「捨ててしまったことにさびしさは感じていない。赤い腰巻きは洗って大切に取っておいて欲しい」と伝えたそうです。

仕事をする際にその赤い腰巻きをひざにかけていたため、それはルゥのために取っておき、自分用に新しく色違いの茶色の腰巻きを購入したのでした。

私はこれまでに猫のブログ等の運営などはしておらず、家族以外にこの赤い腰巻きを見たことがある人はいないはずです。それなのに、アニマルコミュニケーターには見えるのですね。糸のほつれなど、細かい部分まで。

アニマルコミュニケーションを信じない人の中には、例えば人間で赤い色に見えるものは犬にとっては茶色に見えるはずという人もいます。

けれども、アニマルコミュニケーターの中には、動物ではない、目をもたないモノ(植物、宝石、財布など、あらゆるもの)から過去の状況が見える能力をもつ人もいます。

ですから、人間と動物とでは色の見え方が違うはずという理由は、アニマルコミュニケーションを否定する根拠にはならないはずです。

アニマルコミュニケーションは、誰でもできる能力、人間が本来持っている能力なのだそうですが、人が成長するにつれて衰えると聞きます。

一方、動物は純粋ですから、テレパシーでお互い交流できるようです。

アニマルコミュニケーターの方々は、多くのトレーニングを積み、また自己研鑽にも励んでいるようです。

私も少しトライしてみたのですが、雑念が多すぎるためか、未だにまったくできていません。ルゥはセッションで「アニマルコミュニケーションができるようになればいいのに」と私に言っていたのですが。永遠に難しい課題かも…。

前田さんは次のように言っていました。

「ご自分の動物にアニマルコミュニケーションをするのは、一番難しいことと思いますのでそれはうまくいかなくて、当然というか、当たり前だと思います。

なぜなら、自分の愛する子はどうしても自分の思入れや期待、思い込みが知らず知らずのうちに入ってしまいどこまでか受け取ったもので、どこまでが自分が日々感じていたことから得た情報なのか、区別がつかなくなってしまうからです 」

アニマルコミュニケーターの方も、ご自身のペットについては、他の仲間のアニマルコミュニケーターに依頼すると聞きます。

私が依頼したアニマルコミュニケーターの方々は非常に論理的な考え方ができる人ばかりです。こちらの疑問点なども、目から鼻に抜けるように明快に説明してくれます。

恐らく、このような世界について現代的な教育を受けていらっしゃるのでしょう。一昔前なら、人から「うさんくさい」「おどろおどろしい」などと、偏見の目で見られがちなお役目だったかもしれません。

私もスピリチュアルな世界については、盲信するというよりも、真実を見抜こうとするクールな洞察力ももっているつもりです。仕事柄(翻訳)、言葉の一つひとつを冷静かつ多角的に分析して読みこんでゆくスキルもある程度は備えていると思っています。

飼い主の亡くなったペットと会いたい気持ち

可愛がっていたペットであれば、ほとんどの飼い主さんは、環境や経済面で許せば「もう一度生きている間に会いたい!」と思うことでしょう。「生まれ変わる」という言葉を聞いただけでペットロスは一気に吹き飛びます。

私の場合はラッキーだったのかもしれません。今回、3名すべての方のセッションで、私から言わなくても「ルゥとの再会」を伝えられました。

アニマルコミュニケーターの方々のブログやウェブを見ると、申込みの際に、ペットと再会できるかについては質問しないように記されていることが多いのです。

それは、亡くなったペットが生まれ変わって飼い主と再会したい場合は、質問しなくても自ら伝えてくるからです。再会できない場合は、その動物に別の修行が必要であったり、やるべきことが他にあったりと理由があるそうです。

亡くなった子のアニマルコミュニケーションを受けた飼い主さんがブログで公表しているものの中で、「現世ではなく来世で再会できる」とペットが伝えているセッションのお話をこれまでに何件か見かけたことがあります。

私の場合は、1回目のセッションで「ルゥが今、私に希望していることはあるのか?」という質問に対して、間髪を容れず、「生まれ変わったら迎え入れてほしい」と返してきました。

私は、そのときは「現在の自分の年齢や高齢になったときの経済的なことを考えると難しい」と答えました。すると、「猫以外の動物ならよいのか?」とルゥが言ってきました。

私は気持ちが変わり、「ルゥが望んでいるのなら猫としてのルゥと一緒に暮らしたい」と言ったのです。

穴のあいたお気に入りのクッション
ルゥとクッション

ルゥは、15年半ほど前に、家の裏の集会場の庭でひとりで鳴いていたところを保護しました(生後2~3週間)。

最初、捨てられたのかと思っていたのですが、その2週間ほど後に、同じ場所でルゥと似たような柄の2匹の子猫と母猫が遊んでいるのを見かけました。

ゴクゴク
親たちとはぐれたところを私が連れてきたようです。

神様が私に与えてくれたプレゼントだと思って一緒に生活していました。

来年、2018年はルゥの生まれ変わりと再会できるとワクワクしたり…

お風呂大嫌い!やめてー!
やんちゃな子猫からまた育てることができると昔を思い出したりと、心躍る日々を過ごしています。

 

作成日:2017年12月9日

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタングレー猫は前世の記憶を消去される前に転生後の希望を伝えている(2018/9/26)
猫ボタンブルー猫の魂が天界でお仕事(神様のお手伝い)を開始 (2018/8/18)
猫ボタンブルー転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタンブルー
2週間前にセッションを行った猫はすでに爬虫類に転生していた (2018/5/8)
猫ボタンブルー
先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた (2018/4/23)
猫ボタングレー
亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇(2018/4/10)
猫ボタングレー
セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る(2018/3/14)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)