全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」

ライン茶色街並み
アニマルコミュニケーション体験レポート

ルゥとボール先週(2018年5月17日)、アニマルコミュニケーター、横井鈴佳さんにルゥのセッションを行ってもらい体験レポートを掲載しました。

猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る

上記のセッションでルゥは生まれ変わる順番を待っているけれど、まだあちらの世界にいたいようで、居心地良く過ごしていると伝えてきました。

その後に、横井さんが再びルゥとお話してくださったのです。

そのご報告を読んだことから、私はPCに保存していた2枚の写真を探して眺めたのです。あることを思い出し胸が熱くなりました。

そして、昨年の初めてのセッション以降から持っていた「ルゥにできるだけ早く生まれ変わってほしい」という気持ちに変化が起きたのです。

昨日の夜、ルゥ君とまたお話しました。

 

ルゥ君は親猫とはぐれたわけではなかったのです!お引っ越しの途中だったそうです(猫は産んだ場所とは別に、今後も子供たちと安心して住める環境があれば、そこへお引っ越しをするのが多いのです)。

 

ルゥ君兄弟が自分を含めて3匹いたそうです。それで親猫が子猫をくわえて移動していて、最後に残されていた(待っていた)のがルゥ君だったのです。

 

この映像をみせてくれました。その時のルゥ君の様子を言葉に置き換えてます。

 

最後に残されてたルゥ君は、半日母猫が戻って来なくてとても不安だったようです。そのときにSachiさんに拾われたのです。

 

何度か親猫がルゥ君を迎えに来たみたいです!数日後にSachiさんの家で飼われてるのを母猫は見ています。母猫の気持ちまではセッションできませんでしたが。

 

ルゥ君は亡くなった今、真実を知りました。母猫は見捨てたのではなく、迎えに来てくれていたことを知ったようです。

 

だから今はまだ懐かしい仲間や母猫と、フワフワしたところで居心地良くのんびり過ごしていたいのでした。

 

ルゥ君との再会を心待ちにしているSachiさんにお話するのが心苦しいですが、生まれ変わるのはまだ先になりそうですね。。。

昨年(2017年)12月のセッションでも、「懐かしい仲間と会えた」とルゥが言っていましたね。懐かしい仲間には、ミィやチィ以外に、ルゥ自身の母猫や兄弟猫が含まれていたのですね。

実は私はルゥを保護してから、どこかのサイトで「猫は出産してしばらくしてから、出産時の臭いがそこに漂うことで外敵に襲われないようにするために、別の場所に移動する」ということを知りました。

ルゥを保護したのが生後2週間ほどでしたから、もしかしたら、親とはぐれたというよりは、その引っ越しの時期にルゥと出会ったのかもしれないと思うことがあったのです。

思いがけず、横井さんの追加のセッションで確認してもらえてよかったです。ルゥも亡くなってから本当のことを知って、母猫がルゥを愛おしむ想いに触れてうれしかったことでしょう。

私はルゥの母猫と兄弟を3回ほど、自宅の窓やベランダから見たことがあります。

1回目は保護してから約2週間後です。外からルゥと同じ鳴き声が聞こえました。私は「えっ」と思い、台所にいる母に「ルゥはどこにいるの?」と聞いたのです。

母は「トイレでうんち出してたよ」というので、トイレを見ると、その通り、ルゥは背中を丸めて力んでいたのです。

「じゃぁ、外から聞こえるのは誰の鳴き声なのか」と思って見ると、なんと裏の集会場の庭で、ルゥによく似たハチワレの子猫2匹が飛び上がりながらじゃれあっています。母猫もそばにいました。

私はすぐにルゥの兄弟と母猫だとわかりました。私がルゥを飼っていることを親に知らせたくて、ルゥを抱いて近寄っていきました。

母猫や兄弟猫は、私とルゥに気付いてこっちを見ました。でも恐怖を感じたのか、あるいは子猫がねらわれると思ったのか、親子は逃げてしまったのです。

2回目に台所の窓越しに見たときの写真があります。母猫が手前、その少し上に黒い色が多い子、上に白い部分が多い子がいて、何かを与えているようです。

ルゥの母猫母猫の顔の下にわずかにおせんべいのようなものが見えます。

母猫はグレーに茶色が混じった毛色ですが、ルゥもこの子たちも白黒です。オス猫の遺伝子を受け継いだのでしょう。

今回見て気付いたのですが、雨上がりだったようで地面がぬれています。母猫の背中もぬれているのです。子猫はぬれていません。

ルゥの兄弟母猫は雨の中、餌を探しに行ったようです。そしてぬれた体をぬぐうことも乾かすこともなく、誰かにもらってきたおせんべいを子猫に与えているのです。

今回、あらためてこの写真を見て、「ルゥのお母さん、がんばっていたんだね」と、熱いものがこみ上げてきました。

そして、「私がルゥを保護したから、母猫はルゥがどこに行ってしまったのかとすごく心配したんだね。ルゥが昨年亡くなってからやっと天国で出会えたんだ」と。

3回目に見たときは、黒い部分が多い子猫がいませんでした。何があったのかはわかりません。母猫と白い子のみ。子猫に食パンを与えていました。これがこの親子を見た最後です。

今回これらの写真を見て、ルゥは私だけのものではないということがよくわかりました。つながりや縁の深い仲間が他にもいるのです。私のために「早くこっちに転生してもらって出会いたい」という思いは、一方的でエゴイスティックな願いではないかと感じるようになったのです。

あちらの世界で楽しいひとときを過ごしているルゥに、無理やりこちらに降りてこさせようとすればルゥは後ろ髪を引かれる思いになってしまいます。そんな状態は作りたくはありませんし、神様もそれを許可しないことでしょう。

Sachiさんに迎えられたのが全てのはじまりでした。ルゥ君は役割を果たせてとても幸せな気分だそうですよ。

僕が亡くなってからさっちゃんが得たもの。
これこそが僕の役割だったんだ。

このサイトを開設するようルゥが導いてくれたと思っています。

このほか、ルゥの寿命は決まっていたのかもしれませんが、私の身代わりになって悪いものを引き受けてくれたと思うのです。

3年近く前に、私はそれまで収入の90%以上を占めていたエージェントとの取引を自分自身の意地から切ってしまったのです。「やり方に妥協はしたくないし、こっちの言っていることは間違っていない。新規開拓すれば仕事は何とかなる」と考えていました。

収入面では大きな落ち込みを経験することなく何とかなりましたが、その後1年以上にわたって多大なストレスを抱えて毎日を過ごしていました。それがルゥに伝わっていたと思います。

本来ならルゥではなく、私が精神面から免疫系が弱り癌を患っていたのかもしれないのです。この点からもルゥには感謝しきれません。

ペットは飼い主の不幸を代わりに背負ってくれて自らの命をささげることもあると聞きます。

ペットは人間が思っている以上に飼い主さんとの絆が深いんです。またセッションを通じて飼い主さんに対する愛情の深さをこちらも感じる事ができます。

 

毎回感動してしまいます。だから私はアニマルコミュニケーションが好きなんです。

 

実は、「飼われてるペットは楽でいいよなぁ~」「私もペットになりたい」「飼われてみたい」と言う飼い主さんが多くいらっしゃいます。

 

けれどもペットたちは、必ず役割を与えられ共存しています。人間のために行う役割がそれぞれのペットに与えられてるのです。

 

ペットたちは一日一日をとても大切にしていて、飼い主のために自分の役割を果たそうと忠実に生きます。その「思い&想い」は人間以上です。

 

ペットたちは飼い主を裏切りません。信頼しようと努力します。言葉が伝わらないのに理解しようと努力してくれるのです。

 

ペットたちも決して楽ではないと思います。

「命」というものはペットも人間と同じ。生きていくのに楽な人はいませんし、ペットも同様のはずです。

 

人間一人ひとりがペットに対する理解をより深めることができ、もっと人間とペットが住みやすい環境になってくれたらと思います。

 

私のアニマルコミュニケーションのメインは、ペットロスの方々のお苦しみを和らげる事ですが、セッションを通して、飼い主さんにペットの大切さや愛情の深さをより深く感じてもらいたいと願っています。

私もルゥが亡くなった後で、アニマルコミュニケーションを介して気付いたことがあまりにたくさんありました。気持ちの上では生前よりも密接に感じられます。

ルゥとクッションルゥは私を理解し癒そうと、生きているときも亡くなってからも最大の努力をしていたと思います。

ルゥには上の世界で十分に充電し、やりたいことを思い残すことなく存分にやり尽くして、そして妥協せず最適なルートを見つけてこちらに来てもらえたらと願っています。あせらずあせらず…ゆっくりゆっくり…ね。

横井鈴佳さんのインスタグラムに横井さんの愛猫やセッションを行ったペット達が掲載されています。アカウントはこちらです→「suzuka.yokoi」

掲載日:2018年5月20日

猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る

全体の記事の一覧