全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇

ブログ記事
今朝(2018年4月10日)、散歩をしていると亡くなった猫、ルゥと似た白黒の柄の猫を見た。自宅の近所では、このような柄の猫を外で見るのはあまりないことだ。

ルゥ2002_7月ハチワレで、背中の模様の配置はちょっと異なるが白い部分が多かった。まだ大人にはなりきっていない。生後3~4ヶ月ほどだろうか。

出会った場所が、奇しくも昨年ルゥを抱きながら神社で参拝した後に虹を見た場所から数メートル先、道路をはさんだ向こう側であった。

私のほうが先に気付いた。猫は、近づいてくる私を見ると歩をとめて数秒間私を見つめた。私は瞬時に「そこにいて!」と願った。しかし、その念を感じとって不審に思われたのか、猫は来た方向(虹が見えた方角)へと踵を返し、走り去ってしまった。

実は、今日4月10日はルゥから何らかのメッセージがあるのではと私は思っていたのだ。

ルゥ2002年6月でも、今日見た子はルゥの生まれ変わりではない。もしそうであれば私を見て逃げないだろうし、こんな近くにいるのならまずウチに来てくれそうなものだと思った。

大きさと時期からしたら冬に生まれたのだろう。野良猫の出産時期とも異なる。飼い猫なんだろう。

でも、似たような柄の猫が近くにいることを知っただけでもうれしい。