全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

異なる2つのセッション間での符合を見つける

ブログ記事

気になっていたことがあったので書き留めておく。

2週間ほど前に横井鈴佳さんが行ってくれたルゥ(2017年9月他界)とのセッションで、ルゥが魂の世界で母猫や懐かしい仲間(ルゥの兄弟)と居心地よく過ごしていると聞いた。

転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」

ルゥの兄弟その報告から、私はちょうど16年前のこの時期(親たちとはぐれたルゥを保護してから2~3週間後)に家の近くに来ていたルゥの兄弟や母猫を窓から撮影した写真を思い出して見ていた。

ルゥの兄弟は背中が白い子と黒い子であった(左写真)。ルゥ自身の毛の色はこの子たちの中間くらいの白黒の配分だ。

ルゥ階段ルゥのアニマルコミュニケーションの1ヶ月ほど前に別のアニマルコミュニケーター、Yukaさんが行ってくれたミィ(2011年2月他界)とのセッションでは、ミィではなく、ルゥの行動や思い出だと思われるものが多々伝えられたのだ。

例えば、ミィが屋外には出ることはほとんどなかったため、森の中(隣の神社)を私と一緒に散歩したことはルゥの思い出としか考えられなかった。アニマルコミュニケーションで別の同居猫が出てくることがたまにあると聞く。

先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた

その報告の中に以下の記載がある。

ミイが魂の世界で今楽しく思うのはどんなことをしている時かな?

 

時々戻って家の中にいるんだよ

 

普段はどうしているの?

 

白い子と黒い子と、茶色い色で黒っぽい濃い色のたてがみの馬と一緒にいることが多いよ

これもミィではなく、ルゥがアニマルコミュニケーターさんに伝えたメッセージであったとすれば、「白い子と黒い子」が符合する。この子たちはルゥの兄弟だったと先の写真から判明するからだ。

魂の世界で、ルゥは16年前に同じ親から生まれた背中が白い子と黒い子たちとともに過ごしているようだ。馬についてはどのような関係があるのかは私にはわからない。

ルゥの兄弟の写真を掲載したのは、ミィのセッションよりも後のことであるし、ミィのセッションの前にアニマルコミュニケーターさんにこのサイトの存在を知らせていない。だから、何の情報もない中で「白い子と黒い子」が出てきた。

さらに、この2つのセッションの間に行った、チィ(2013年他界、ミィと姉妹)のセッション(ミィのセッションの後でルゥのセッションの前)では、ミィはすでに生まれ変わっていると、チィが伝えてきた。

2週間前にセッションを行った猫は生まれ変わっていた

そのため、ミィが生まれ変わっているとしたら、ミィとのセッションの「時々戻って家の中にいるんだよ」というメッセージも、ルゥのものだったと考えられる。そうだとしたら、それに続く「白い子と黒い子といっしょにいる」もルゥからの言葉であることの確信性が高まる。

アニマルコミュニケーターが別であり、共有する情報がない状況での異なるセッション間で符合する内容が存在するということは、神秘の世界の信ぴょう性を裏付けるものになるだろう。