全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた

鳥と若葉

アニマルコミュニケーション体験レポート

ミィ棚の下

今回で2回目となるミィ(2011年2月他界)とのアニマルコミュニケーションの報告(2018年4月23日、アニマルコミュニケーターYukaさんより)を受け取って、驚いたことがありました。

伝えられている行動のいくつかはミィではなく、これは確かにルゥ(2017年9月他界)が行ってきたこと・ルゥの記憶や思い出だと考えられることが多々含まれていたのです。

セッションの前にアニマルコミュニケーターさんが先入観をもたれてアニマルコミュニケーションを行うことを避けたいことから、このサイトについては知らせていませんでした。情報がセッション内容に大きく影響することは飼い主にとっても、アニマルコミュニケーターさんにとってもよくないことです。

ミィの1回目のアニマルコミュニケーションは、昨年(2017年)12月のことです。その報告書にて「他の魂と混ざり合ってしまって、ミィさんとしての存在が薄くなっている感じです」と冒頭で伝えられました。

アニマルコミュニケーションで猫が教えてくれた魂の世界

また、ミィは上記セッションの中で、「命や魂は繋がっているとわかるはず」と言っていたのです。その体験レポートに記載されているように、「エネルギーの交換」から、猫たちの魂の融合が行われているようです。「魂の世界では個人個人ではいられない。くっついたり、離れたり、自分であったり、他人であったり…」とも伝えてきました。

そして、今回のセッションにて、ルゥの意識がミィの中に入っていると確信に至りました。

あるいはミィのアニマルコミュニケーションを通じて、ルゥが自分のことを伝えたかったとも考えられます。

アニマルコミュニケーターYukaさんのMint Fairy

ブログ:犬大好き~私の備忘録2~

ミィが家族で好きだったのは…

話しかけたら黄色のボールを追いかけるようにして出てきてくれました。
お話ししてもいいか聞くと

 

いいよ、さっちゃんから聞いていたから待ってたよ~
左に首をかしげるようにこちらを見てくれました。

 

最初に好きなものを聞いてみました。
薄緑の猫じゃらしのようなふさふさのもの
手でちょいちょいっとしてはだーっとよけて飛び退ってはまた寄ってきてを繰り返し。それで遊ぶこと

スティックのついたふさふさの猫じゃらしは白色のながいものとグレーの玉のものがありましたが、緑色のものでふさふさのものは家にはなかったように思います。

ルゥは黄緑色のふわふわしたパイル地の輪っかのようなもので遊んでいました。ミィがそれで遊ぶことはなかったのですが、薄緑の猫じゃらしについては、私が思い出せない別のおもちゃのことかもしれません。

>手でちょいちょいっとしてはだーっとよけて飛び退ってはまた寄ってきてを繰り返し。

この動作をしている様子を、言葉からはっきりと思い浮かべることができ、また一つ思い出すことができたとうれしく思います。

楕円のような丸いベッドに丸くなって眠ること
レースのカーテンの中に入ってお外を見ること

ミィと本棚楕円のベッドはミィ、チィ、ルゥがよく利用していました。昨年(2017年)にルゥが亡くなって片付ける際にこのベッドの底がやぶれたため捨ててしまいましたが。

レースのカーテンのかかった窓辺で外を眺めることは、猫を飼っている家ではよくある光景ですが、ウチの猫もそれにもれず同様のことをしていました。

紺のエプロンをしている女性に抱っこしてもらってゆらゆら動かしてもらうこと

髪はふわっとしていて肩ぐらいか少し短い感じの優しい
少し笑っている
お母さん好き

私はエプロンをしませんので、また髪型からしても、私ではなく母のことかと思われます。紺のエプロンは母がしていました。
ミィは母が好きだったようです。

室内のレイアウトが視えている

右肩によじ登る
スタッとおりて台所の方に走っていく
台所の横に細長い扉 そこから誰か入ってくる
黄色いシャツを着た男の人。お父さんかな

>右肩によじ登る
>スタッとおりて台所の方に走っていく

マッサージチェアの右側に低めの小さなテーブルがあります。確かにそこへスタッとおりる感じです。

現存のクロタンは今は目が見えず、それをしないため、猫たちのこの動作と音をとてもなつかしく感じました。

そのテーブルは居間と台所をしきる扉の近くにあり、父の居場所となっています。

Yukaさんはセッションを通じて、わが家の室内のレイアウトが視えるように、居間の様子を的確にとらえていらっしゃいます。

お父さんも好き 大好き
足にまとわりついて行く
あぐらの中で丸くなって眠っている様子

これについては、猫たちが父に寄っていくことはなかったのです。特に嫌っている、嫌われているというわけではないのですが、父は高齢なこともありそれほど猫に多くの関心を示さず、交わることはほとんどありませんでした。

ミィとスプーンでも、こたつの中で猫が父の足を枕代わりにしていた可能性はあります。

また、父は「ミィが一番頭がよい」と言っていたことを思い出しました(その理由が、ミィはテレビの画面を見て動くものに対して手でポンポンとタッチパネル操作をすることから)。

入院中に亡くなる前後の記憶

質問:入院中に手術をした翌朝亡くなったね。その前後のこと、私と母が亡くなったミイに面会した時のこと覚えてる?

 

病院 男の人
角刈りのような短髪の髪型
割と背の高いがっしりした人

透明なケースの中 手でカリカリ カリカリ
置いて行かないでって思った
心細かった 一人になったことなかったから

>角刈りのような短髪の髪型
>割と背の高いがっしりした人

これは誰をさすのか…先生と助手をしている別の先生はどちらかと言えば小柄で髪型は角刈りではなかったのです。

その体形と髪型から、予防接種のためにミィ、チィ、クロタンの3匹を車でお迎えに来てくれた男性のことを私は思い出しました(クマのような風貌だった)。ミィは非常に怖がり、興奮し、体温が上がってしまって、そのときは予防接種を受けることができずミィだけ後日に延期したのです。

そのときの恐怖と、亡くなる直前の手術の入院時の怖さがごっちゃになっているのかもしれません。ミィが亡くなって7年経ちますのでミィの記憶があやふやになっていると考えられます。

お母さんとさっちゃんが来てくれたの知ってたよ
悲しいお顔で話しかけてくれた
お母さんの右肩に乗ってたの
私、だから寂しくなかった

 

二人とも泣いてるから 大丈夫だよ 大丈夫だよっていったけど
私の声は届かなかった

 

そのままお家に帰ったのよ
迎えに来てくれたんだ~って思ってすごく嬉しかった
帰ったら 小さい茶色のカリカリとお魚焼いてくれたいいにおいがした。
ふんわりいいい気持ち

ミィは魚が大好きでしたが、亡くなった日に魚を焼いたのかどうかは私の記憶にないのです。亡くなったミィといっしょにカリカリは箱の中に入れました。

魂になって家に帰ってきて、楽になってふんわりと感じているということでしょうか。

別の亡くなった猫からの思い出や記憶を話す

質問:ミイが魂の世界で今楽しく思うのはどんなことをしている時かな?

時々戻って家の中にいるんだよ

 

普段はどうしているの?

 

白い子と黒い子と、茶色い色で黒っぽい濃い色のたてがみの馬と一緒にいることが多いよ
青空の中お散歩したり雲の上にうかんでいる

 

誰かと一緒にいる?

 

男の子と一緒にいる 雲の上にいるよ いつも楽しいよ
とても気持ちいんだ だからなんにも心配いらないよ

 

時々揺れてる椅子の上にもいるよ
動かすと気持ちがいいし 楽しい
お母さんに揺らしてもらってるの思い出すんだ
だって幸せだったもん

 

庭の草の中ぴょんぴょんはねて 黄色の蝶を追いかけたり
お空見て日向ぼっこしたり

 

お膝の上にのっけてもらってなでなで気持ちよかったなあ

 

カラス?
大きな鳥が降りて来た時はさっちゃんが追い払ってくれて
安心して過ごせたもん

 

さっちゃんの家に来れてよかった~
楽しかった~本当にありがとう。

>時々揺れてる椅子の上にもいるよ

マッサージチェアの振動のことを言っているのだと思います。

>庭の草の中ぴょんぴょんはねて 黄色の蝶を追いかけたり

これはミィではなく、明らかにルゥのことだと思います。ミィは外には出なかったのです。

ルゥ庭でルゥは生後半年くらいまでウチの庭に出ることがよくありました。庭にふわふわと来た黄色のチョウに向かってジャンプしてつかまえようとしたときの光景は、はっきりと今も覚えています。

生後半年以降は、私が外の危険を知り合いから聞かされたり知ったりしたことから、屋外にひとりでは出さないように厳重に戸締まりをするようになったのです。

それでも、ルゥは外につれてゆけとねだるので、抱っこして毎日散歩していました。

>お空見て日向ぼっこしたり

つつじ荘の庭ルゥは裏の集会場の白いジャリの上でゴロゴロしながら背伸びをするのが何よりも好きでした。

そうやってグラウンディングをして、大地や空とつながってエネルギーをもらっていたようです。3歳から肝臓を患っていたルゥが15歳を超えて生きることができた、ルゥなりの長生きの秘訣だったようです。そのときにも、必ず私がルゥの体の両側を手で覆って脱走できないようにしていました。

>カラス?大きな鳥が降りて来た時はさっちゃんが追い払ってくれて

隣の神社を長いこと縄張りにしている、つがいのカラスがいます。5~6月に孵化したカラスの雛が巣の中で育つ時期は、カラスが近くを通るものに非常に攻撃的になります。

これも、唯一外に抱っこして連れ出たルゥの思いとしか考えられませんが、ルゥはカラスに飛びかかろうとすることもありました。

生まれ変わって再会する猫は…男の子

質問:何か伝えたいことはあるかな

 

森の中で夏?さっちゃんと歩いたこと楽しかった
(涙が出てきました)
緑がいっぱいでたけの高い草が茂っていて

 

小さい猫の男の子が来たら迎えてあげて
私じゃないけど家族になくてはならない大事な存在になるから
誰だかわかるはず

>森の中で夏?さっちゃんと歩いたこと楽しかった
>(涙が出てきました)

これもルゥのことです。ミィを外に連れ出すことはありませんでしたから。

涙が出てくるほど、アニマルコミュニケーターさんは、その意識から猫の感情の高ぶりを感じ取られたことと思います。

八幡神社それは昨年の夏のことです。8月中旬から亡くなる9月中旬まで、私はルゥを抱いて、毎朝、家の隣の神社で「癌治療の効果が出ますように」と参拝していたのです。神社には写真の通り、高い木がたくさんあります。森の中のように見えたかもしれません。

ルゥは治療への期待もむなしく、昨年9月18日に亡くなりました。亡くなる直前までそこへ抱っこして散歩に連れてゆきました。首が頭を支えられないほど体の力がなくなっていて、私は道端でときどきしゃがみ、膝の上にルゥを降ろして体をさすっていたのです。

この最後の散歩を終えて、家に戻ってから10分もしないうちに、私の手の中で息をひきとりました。

今は、私は朝にここを一人で散歩しています。

>緑がいっぱいでたけの高い草が茂っていて

ルゥは昔から、神社の裏側に生えている高さ40~50cmの若い竹のような葉や細長く柔らかい葉をムシャムシャ食べることが大好きでした。

>小さい猫の男の子が来たら迎えてあげて
>誰だかわかるはず

これは、きっとルゥの生まれ変わりのことだと期待しています。

ルゥPCの前ルゥが亡くなってからアニマルコミュニケーションを合計5回行い、昨年12月以降は、ルゥとのアニマルコミュニケーションを依頼することは控えていました。

再会するには、上に昇っていって生まれ変わりの準備をしなければならない(私と出会えるためのルートなどを決めるそうです)と聞いており、その多忙な時期を私が邪魔してはいけないと思っていたからです。

猫が生まれ変わりと再会を約束

今回のミィとのアニマルコミュニケーションを通して、きっとルゥの魂が私にこれらのことを伝えたかったのだと思いました。

テッィシュをかき出すルゥ
ほ乳瓶が左側に
ルゥとティッシュ生まれ変わりの子、男の子なのですね。すでに性別がオスと決まったということも含めて、それを知ることができうれしいです。もし女の子だとしても、ルゥのやんちゃな性格を引き継いでくれていたら、それだけで心弾みます。

私は最近、自分自身でもルゥとのアニマルコミュニケーションにトライすることがあります。けれども、ビギナーでもあり、自分で感じたことがあっているのかはわかりません。飼い猫に対してニュートラルな意識を保つことの難しさも感じます。

それでも、大事なことは私から聞かなくても、ルゥ自ら何らかの形で伝えてくるということを信じていました。

今回の情報を得られたことをありがたく思います。

アニマルコミュニケーターYukaさんのMint Fairy

ブログ:犬大好き~私の備忘録2~

掲載日:2018年4月23日

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタンブルー
2週間前にセッションを行った猫はすでに爬虫類に転生していた (2018/5/8)
猫ボタングレー
ペットの魂「家に帰って来たよ」サイン(2018/5/6)
猫ボタンブルー
先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた (2018/4/23)
猫ボタングレー
亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇(2018/4/10)
猫ボタングレー
セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る(2018/3/14)
猫ボタングレー
手作り食器台(自作斜め天板フードスタンド)で猫快適ごはんタイム (2018/2/27)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタングレー不思議な夢 – 虹の橋の復路なのか?子猫が地上へ(2018/1/11)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)