全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

ペットの魂「家に帰って来たよ」サイン

ブログ記事
並木

4月下旬のミィ(2011年他界)のセッションでルゥ(2017年他界)の記憶が出てきたが、そのときに、ミィから「小さい猫の男の子が来たら迎えてあげて。私じゃないけど家族になくてはならない大事な存在になるから。誰だかわかるはず」と伝えられた。

先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた

2~3日前、亡くなった猫ルゥの意識へのアクセスを試みたときに、「もう少し待っててね。必ず会えるから」というメッセージを得られたような気がする。あくまでも「気がする」だけで、本当にアニマルコミュニケーションが自分でできているかは定かではないのだけれど。

チィ(2013年他界)の昨年(2017年)のセッションでは、「新しい縁を迎え入れるスペース(物理的、精神的)はできているはず」「タイミングとバランスがぴったりあったときに新しい出会いがある」と聞いている。

子猫昨日5月5日こどもの日は、16年前にルゥを保護した日。その日、ルゥは家の裏にある集会場の庭と家の境界線で鳴いていた。

それで私は昨日、「今日はルゥ(の魂)が家に帰って来てくれるかもしれない。来てほしい」と願っていたのだ。

日中は特にルゥらしきものは何も感じられるものがなかった。というか、気配を感じ取る能力がないのかもしれない。

今朝、起床すると、右手首の表側にいつ付けたのかわからない傷があった。

猫が噛んだ傷それはよくルゥに噛まれたときにやられた牙の傷、丸く突き刺された跡のようなものが、始点と終点にあった。

亡くなる直前にも噛まれている。ルゥが激しく何かを吐こうとし続けたため、喉に詰まらせているのではないかと人差し指を突っ込んだときだ。

そのときの傷はルゥが生を終えてからも数日間残り、押すとわずかに痛みを感じさせ、ルゥの生きていたときの行動の名残として、思いを馳せる愛おしいものとなった。

危ないコードかみ
猫 コードに噛みつくだから、今朝見つけたこの傷も、ルゥが「来たよ!」と知らせるために私の手に付けたものだと感じたのだ。

私はルゥのことを「噛みつきルーちゃ」とよく呼んでいたものだ。手をひどく噛みつかれて病院で消毒してもらったことが2回ある。いずれも、脱走したためにルゥをつかまえたときだ。

ルゥは普段は心優しく他の猫にも慕われていたが、縄張り意識が強く、脱走したときに野良猫と取っ組み合いの激しいケンカをした。私はあぶないので長い棒をもっていく。野良猫が私に気付いて逃げたのを見計らってルゥを抱き上げると、ガゥガゥと怒り狂って手に噛みつくのだ。

猫と篭ペットが魂となって家に来たことを飼い主に気付いてもらいたくて何らかの形跡を残したり、音をたてたり、電気製品を誤作動させたりすることはよくあると聞く。

2つ目のPCの電源(コンセント)が入っていないにもかかわらず、私が夜中になんとなく目覚めてPCに目をやると、モニターにWindows起動時のDellのロゴマークが表示されたことがある。その後はPCは動作せずに画面は真っ黒になった。夢ではない。

これは数年前のことであり、ミィが来たことを知らせたのだと思った。そのときにピタリと目が覚めたのも不思議だ。眠っている間にも変性意識が何かをとらえて私を目覚めさせたのではないだろうか。

この変性意識は眠っているときに機能してくれているようで、私は必ず猫が嘔吐する際に目覚めて、マットや寝具を汚されないように猫をとっさに抱きあげて汚されるものがない床に降ろす。

昨年は、ルゥのアニマルコミュニケーションで、マットをめくったり、ドアに傷跡をつけてきたことを知らされた。本当にその通りで驚いたものだ。

猫が生まれ変わりと再会を約束

だから今朝の手の傷も(睡眠中に無意識にどこかにぶつけた可能性はあるものの)、きっとルゥが「何の日か、ちゃんとわかっているよ。家に帰って来た証拠に手を噛んでいくからね」とメッセージを残したものと思いたい。