全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

Home 虹の橋より前に再会

4_cats

虹の橋より前に再会したい!
アニマルコミュニケーションでペットロス克服

恐れていたペットロス

最愛の猫、ルゥが15年間一緒に暮らした後、2017年9月に肝臓癌で永眠しました。

私は自宅で仕事をしていますが、1ヶ月間かかった1つのプロジェクトが一段落した日のことです。

午前にルゥの輸液のための通院を終え(亡くなる5日前から自分で水を飲まなくなり、4日前から毎日輸液に通院)、午後に抱きながらの散歩を終えると、私の仕事用の椅子の横で、私の手の中で息を引き取りました。

私はこの日がいつか来ることをルゥがまだ小さいときからずっと恐れていたのです。

深刻なペットロスになることは確実。仕事は手につかないだろうし、まともに日常生活を送ることさえ難しくなるのではと。

ペットロス症候群に陥ることが恐かったのです。

おすすめ記事:
猫フードスタンド4 自作フードスタンド(食器台)で猫快適ごはんタイム

虹の橋が現れる

癌治療を開始する数日前の、亡くなる1ヶ月ほど前から毎日抱っこしていつも散歩している隣の神社にルゥをつれて、「治療の効果が出ますように」とご神木の横でお祈りしていました。

最初に参拝した日のことです。

お祈りを終えて、道路に出ると、南西の方角にこれまで見た中で一番太い「虹の橋」が視界に入ってきたのです。その時点では、まだたもとだけ出ていました。戦慄が走りました。

ペットの飼い主さんの間では、「虹の橋へ行く」ということはペットの死を意味します。

その時は、動揺を抑えようと「これは勝利への架け橋」という意味なんだと、強く思い込もうとしていたのです。

その後、自宅の北の窓からのぞくと、北西の方角まで大きくアーチを描いた完全な虹になっていました。虹の橋のたもとだけと、完全なものと、2度見ているから幻覚ではないはずです。

ルゥが亡くなってから、あの虹は永眠する運命を示していたんだなと思い返していました。

「虹の橋」は、「虹の橋のたもとでペットにまた逢える」という、ペットを亡くした飼い主の心を癒してくれる、愛に満ちたストーリーです。

このストーリーを読んで、ペットロスが軽減された方もいることでしょう。

ペットが亡くなると
虹の橋を渡る前のたもとで、
いつか飼い主が亡くなるまで
そこで待っていて、
会えたら一緒に橋を渡って楽園に行く。

私が1ヶ月前に見た虹は、「あと余命わずかだけれど、また会えるよ」という意味だったんだと思えるようになりました。

だから、「私が本当に生きるのが苦しくなったら、よんでね」と祈ったら、とても気が楽になれたのです。
虹とハート

あの虹は、
神社の神様が私に示したものなのか、
虹の橋の動物の神様からの暗示なのか、

あるいは…
ルゥ自身が死期を悟っていて、私を安心させるために送ったメッセージだったのかと、さまざまなことを考えていました。

そして、今後はルゥからのメッセージに気付いて、私の中でずっと温めてゆきたいと…

こんなふうに思いながら過ごしていたのですが、あまり前向きとは言えない、よろしくない考えが頭をもたげるようになってしまったのです。

「私が死ねば、虹の橋でルゥに逢える」「死ぬのは恐くない」「もしかしたら1年後にルゥのところに行けるのでは」などと考える始末。

また、「ルゥからのメッセージに気付きたい」と願うものの、まったく気配を感じることができない。同じようにペットを亡くした飼い主さんのネット上の投稿などでは、亡くなったペットの姿を見た、鳴き声を聞いた、重さや温かさを感じたという話が記されています。

普段なら、このようなこの世のものとは思えない話は、「特殊な状況下の精神状態に起因して脳が作り出した幻聴や幻覚の症状である」と気に留めることなどないはずなのに、「私にはそのような能力がないのか」と悔しがったり、「なんで私に感じさせてくれないの?」と怒りだしたり。もう、ルゥの写真を見て、八つ当たりです。

虹の橋まで待てそうもない私…

出した結論は「猫の魂を感じる才能がないのは認めるしかない」。それなら、素直に亡くなったペットの意識とコミュニケーションしてくれるアニマルコミュニケーターにお願いしてみようかと。

虹の橋で出会うより前にルゥが生まれ変わる運命にあるとしたら、私が行った時にはルゥはいないかもしれない。

自分自身も忍耐強くないし、虹の橋で会うことだけを頼りに、それを心の糧にして、これからあと20~30年生きてゆくのも切なすぎる。

もう、躊躇する理由はありません。

3名のアニマルコミュニケーターさんに計5回のセッションをお願いしたのです。複数回行ったのは決してそれに依存していたのではなく、ある理由が存在しました。

最初のセッションで愛猫、ルゥが生まれ変わって私と再会することを聞いていたため、ルゥの魂として存在するうちに聞いておきたいことがたくさんあったのです。

それらの内容はアニマルコミュニケーターが変わってもすべて一貫性がありました。驚くほどルゥに当てはまっていたことから、信頼できると心の底から思うことができたのです。

ペットロス克服法の一つとして

ペットロスのために後追いをする飼い主さんもいると聞きます。親が亡くなったときよりもペットロスのほうが辛いという人もいます。

それはペットと飼い主さんとの間に何にも換えられない特別な絆があったからでしょう。

私は、「絆は決して切れない」ということをアニマルコミュニケーションのセッションから学べました。このことがどれだけ私の精神面を支えてくれたことか。

猫や犬など、亡くなったペットと交流できるのであれば、ペットロスで悩む人々がきっと減ることでしょう。私も悲しみに押しつぶされる日々を長く過ごすことなく、本当に救われました。

ルゥが亡くなったことはとても悲しい出来事なのですが、そこから素晴らしい体験をし、大切な宝物として残すことができたのです。

一般的なペットロス克服法は「ペットロス」で検索すれば上位でヒットしますから、それらを参考にされるとよいでしょう。

しかしながら、そのようなペットロス克服法を知識としてすでに十分に知っていても、やはり悲しみというものを消してしまうことはなかなか難しいものです。

「悲しんでいたら亡くなったペットが旅立てない」とか、「時間が忘れさせてくれるはず」とか、自分自身で無理に思い込もうとしても、どこかで受け入れられない自分がいるはずです。慰めの言葉もむなしく、ありきたりに感じられます。

心にポカッとあいてしまった穴を埋めきれない。そんなふうに感じる方にお奨めなのがアニマルコミュニケーションです。

ペットロスから大きく立ち直る一助となってくれることでしょう。ペットロスの期間や深刻度を大きく軽減してくれるのです。

ペットロスに有効なアニマルコミュニケーション

私はアニマルコミュニケーションを受けた後は、ペットロスから生じた穴を埋めてもらったどころか、生きているときよりも猫ルゥとの心の交わりが深められ、ウキウキしている自分さえ感じることができたのです。

ペットと対話できるということが、どれだけ素晴らしいことか。体験してみて初めて知ったことです。

ペットロス克服というよりも、それをはるかに超えた次元のものです。セッション後は亡くなった猫が身近に感じる、いつも自分の心の中にいて支えてくれているような感覚を覚えることができました。

フェレット

もちろん、猫や犬だけでなく、ウサギ、鳥、フェレットなど、さまざまなペットとのアニマルコミュニケーションを行ってもらえます。

動物と話をするアニマルコミュニケーションは、テレビ番組「天才!志村どうぶつ園」のハイジの能力と同じものです。

アニマルコミュニケーションに関する書籍では、海外のアニマルコミュニケーターのものが多く出版されています。また、外国人のアニマルコミュニケーターが通訳者・翻訳者などを通して、日本でもサービスを提供しています。

けれども、日本人にも優秀なアニマルコミュニケーターが数多くいます。それも、比較的手頃な料金(2,000~5,000円)にて利用できるのです。低価格でも優秀なアニマルコミュニケーターもいます。

また、面談、電話、メールなど、飼い主さんのお好みの伝達方法を選べるのですから、活用しない手はありません。

ペットロスの精神的な打撃、それから生じる損失を回避できるのであれば、かなりよいコストパフォーマンスと言えるはず。

信頼できるアニマルコミュニケーター選びが大切

現在ペットブームの高まりもあり、アニマルコミュニケーターの数も増え、百花繚乱の時代とも言えます。

「アニマルコミュニケーション」や「アニマルコミュニケーター」のキーワード検索で上位表示されなくても、高い能力をもったアニマルコミュニケーターは数多くいます。

また、メディアでも紹介されるような著名なアニマルコミュニケーターであっても、コミュニケーターとしてのレベルが低く状況を悪化させてしまったり、無名でも動物の思いを的確にすくい取って有意義な架け橋となってくれる優秀な方もいれば、スキルが一定水準に達していない方もいる世界です。

このような中で、アニマルコミュニケーションに対して否定や警告をしているサイトも見受けられます。しかしながら、それらはアニマルコミュニケーションの真実をすべて語っているわけではありません。

低レベルのアニマルコミュニケーターに当たってしまってそのセッションを受けることで生じるリスクはもちろんあるのでしょうが、全体を見ればアニマルコミュニケーションがもたらしてくれる数多くのベネフィット、他の方法で代えがたい体験、恩恵を受けることができるものなのです。

ベネフィットからリスクを差し引いても、有り余るほどの福音があるのです。

今後、スキルのないアニマルコミュニケーターは淘汰されてゆくことでしょう。

一方、アニマルコミュニケーションは未だミステリアスな世界です。

もし「死んだ後に魂が残る」「輪廻転生する」が事実であると万人が認めざるを得ないようなパラダイムシフトが起こったとしたら、世の中のさまざまなものに対する価値観が変わり、どのようなってしまうのか誰も想像がつかないことでしょう。

これらは人類が永遠に解き明かせない神秘な領域なのかもしれません。

魂の存在が科学的に証明されていない現在では、「いかがわしいもの」、「怪しい方法」などと否定があるのは自然なこととも思えます。自分が信じる宗教的な理由や職業的観点から否定する人々もいることでしょう。

私がこれまでのところサービスをお願いし、報告を掲載したものについては、すべてしっかりとした教育を受けたスキルの高い有能なアニマルコミュニケーターさんのセッションであったと認識しています。

ペットロス対策のブレークスルーに

私はいくつかのセッションを受けて、ある意味、アニマルコミュニケーションはペットロス対策のブレークスルーであると捉えています。

ペットを亡くした飼い主の心のケアに従来のセラピーとはまったく異なる方法を用いて悲しみを乗り越えることを可能にする、いいえ、私の体験からすれば、乗り越えるというよりも、まったく新しい喜びに満ちた世界へといざなってくれるのです。

姿は見えなくても、アニマルコミュニケーションを通してペットとの深い絆を感じることができることでしょう。

このサイトは、ペットロス克服のためのアニマルコミュニケーション活用法をより多くの方々に知ってもらいたいという目的で作成しました。

飼い主の目線にて、有意義な情報提供を目指しています。

掲載日:2017年12月24日

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタングレー猫は前世の記憶を消去される前に転生後の希望を伝えている(2018/9/26)
猫ボタンブルー猫の魂が天界でお仕事(神様のお手伝い)を開始 (2018/8/18)
猫ボタンブルー転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタンブルー
2週間前にセッションを行った猫はすでに爬虫類に転生していた (2018/5/8)
猫ボタンブルー
先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた (2018/4/23)
猫ボタングレー
亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇(2018/4/10)
猫ボタングレー
セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る(2018/3/14)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)