全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

遠隔ヒーリング&アニマルコミュニケーションで猫の身体も快調

アニマルコミュニケーション体験レポート
木猫車small木猫車small木猫車small

猫ヒーリング1音と香のリラクゼーションルーム、「クオンタムール」を運営する三宅咲智子さんは、人間へのヒーリングのほか、動物へのヒーリングとアニマルコミュニケーションをセットにしたサービスを提供しています。

 

クオンタムール
https://www.quontamour.com/

 

2018年3月2日~3月6日にてクロタンのヒーリングとアニマルコミュニケーションを行ってもらいました。報告書の中から抜粋して記載しています。

 

クロタンについて
年齢:15歳8ヶ月
既往歴:緑内障、甲状腺機能亢進症、心臓病、腎臓病、たまにぜんそく症状あり

注記:今回のアニマルコミュニケーションでは質問の内容から、猫たちの背景をアニマルコミュニケーターに知ってもらう必要があったため、事前にこのサイトの存在をお知らせしています。

クリスタルヒーリングとは

<チャクラチェックとヒーリングについて>
ご報告の前に、クロタンさんのエネルギーチェックの際にみる「チャクラ」について簡単にご説明します。

 

「チャクラ」というのは、簡単に言うと、人間や動物の脊柱ライン上にある「エネルギーの出入り口」のポイントです。

 

クリスタルヒーリングでは、メインの7つのチャクラと、両肩のチャクラの合計8個をチェックして、そのバランスを見ます。

 

チャクラの状態は、「ペンデュラム」というクリスタルでできた道具で行います。

 

通常ペンデュラムが
・右に回る⇒ノーマルの状態
・ニュートラル(縦に揺れる)⇒チャクラの状態がやや弱い
・左回り⇒過剰もしくは弱っていると、バランスが崩れている
というふうに見ていきます。

 

それをもとに「ワンド」というクリスタルでできた道具を使って、全体的なエネルギーを整えるようにヒーリングを開始します。

ペンデュラムペンデュラムについて:
画像はイメージです。
私(Sachi)は金属製のシルバーの色のものをもっています。

【1日目の3月2日】
第一、第二チャクラは、基盤のエネルギーの場所なので、ご高齢の動物さんは弱いことが多いです。ですので、そこを重点的にヒーリングを行いました。

 

ワンドワンドでのヒーリング中、お腹のあたりと、目のあたりがビリビリとする感じが、私の手に伝わってきました。お腹のエネルギーが波を打つように感じました。

 

この日のあたり、お腹の調子はいかがでしたでしょうか?

感想:
ちょうどこの日の午後のことですが、いつものように椅子の上で寝転んでいたクロタンのお腹が(脇腹のあたり)がビクンビクンと震えて、その後にウァーン、ウァーンと急に鳴きだしたのです。少ししてこれはおさまりました。

クロタンの横で仕事をしていた私はその様子にちょっと驚いたのですが、何か感じているんだろうかと思いました。

報告書の中で、

クリスタルヒーリングについては「最初だけムズムズしたけど、あとは平気(特に違和感がないという意味で)」とのことでした。

とアニマルコミュニケーションでのクロタンの感想が記されていたので、関連があるかもしれないと感じました。

遠隔ヒーリングの効果が即座に現れる

15分くらいでだんだんと波打つ感じがなくなって、すっきりしてきました。20分のヒーリングを終わった後、再度チャクラをチェックしたところ、全体的に整っていました。(全部右回りになっていました)

 

お年の割に整う反応が早いので、クロタンさんの体が、いろいろとご病気があるなりに、うまくバランスを取っているような気がしました。

 

3月3日は下記のように、お写真に石を置いて、ヒーリングを行いました。第一・第二チャクラのサポートを中心に、既往歴を拝見して、目やのど、ハートなどにも石のサポートをお願いしました。

stone感想:
とてもきれいな石がクロタンの写真の上に置かれていて、見ているだけでこちらも癒されます。

ヒーリング後に全体的に整ってきたのですね。

実は、ちょっと不思議というか、ありがたいことがありました。

ヒーリングの初日から最終日まで、クロタンがウンチをした後に床にお尻をすりつけなくなったのです。お尻がすっきりしているのかもしれません。

いつもはお尻をこすりつけた後が床に線になっているのですが、ヒーリング初日から最終日までそれが見られなくなりました。最終日の翌日はこすりつけた後があったので一時的だったのかもしれませんが、今後こすりつける回数が減ってくればと思いました。

報告書の中で、おすすめの石をご紹介くださったので、何かよさそうなものをいくつかそろえてみたいと思います。

あと、もう一つ、ヒーリングによるクロタンへの大きな改善と思われるものがありました。これについては以下のアニマルコミュニケーションの報告と感想の中に記載しています。

旅だった子の亡くなるときの様子を語る

猫チィ質問:
5年前にチィが亡くなったときに同じ部屋にいたのはクロタンだけだったけれど、そのときのチィの様子がどのようだったのか覚えていることを教えてもらえるかな?

*昨年(2017年)12月にチィのアニマルコミュニケーションを別の方に行ってもらっていますが、最初のアニマルコミュニケーションだったため、苦しいことを思い出させたくなく、このときにはチィに亡くなったときのことを質問するのはやめたのです。

【クロタンさんとのアニマルコミュニケーションについて】
ヒーリングに慣れてきたと思い、3日目にコミュニケーションさせていただきました。

 

(クロタンさんにご挨拶をして、コミュニケーションについての経緯を話し、来てもらうようにお願いする)

 

扉からゆっくりと入ってくるクロタンさん。お話しすることについてはご了解いただきました。

 

●クロタンさんの印象、イメージ
クロタンさんが扉から入ってくる時、ネコの姿をしていましたが「トラ」のイメージがしました。

 

まっすぐな気質、意思が強い、見た目より大きい(存在感)、堂々としている、物おじしない、ハートが強い。そんな印象を受けました。

話の受け答えははっきりしていて、話をするのは好きなんだな、と感じました。

 

ちょっと雑談として、この時にクリスタルヒーリングについてなど、簡単に伺いました。

 

(チィさんのことは覚えてますか?5年前チィさんがなくなった時のことは覚えていますか?と質問)

チィの事は覚えてるよ。体から離れた時のことも覚えてるよ。

 

あいつ(チィさんのこと)『体が軽い~!』ってびっくりしてた。

(あ、もう本題ですね。ちょっと待ってね。その前に、その時のチィさんの様子は見ていましたか?)

寝てたけど、様子は気配でわかるよ。

(寝てたのはチィちゃん?クロタンさん?)

チイも、おれも。

(なるほど。では、その時の様子を、クロタンさんが見たまま・感じたままでいいので、覚えてること教えてくれますか?)

 

(ここから、イメージ(映像や音)で情報が来ました。イメージはそれぞれ連続していなくて独立したイメージです。

 

私が受け取った順番になっています。時系列どおりではないようですが、あえてそのままご報告します。そして、全て同じ猫さんのイメージです)

 

  • よく寝ている猫の顔。頭を下にして、気持ちよさそう。鼻の周りから目の周りまでは真っ白、ふさふさした毛
  • ひっくり返りながら、猫キックのように、後ろ足をバタバタさせている猫
  • 「ケッ!ケッ!」と、吐いているような猫の声。(モノは吐いていない)
  • トイレに入って、座っている猫の後姿(こげ茶色っぽいブチ、全体的に白が多めの猫さんの後ろ姿)
  • うろうろと歩いて、顔をやや上に上げて、ナ~、ナ~とやや不安そうに鳴く猫さんの姿
  • 四肢が伸びながら、横たわる猫さんの姿
  • 体を離れた後、軽やかに部屋を飛び回る猫さんの気配(結構あちこちと)

 

(イメージはここで終わり。見せてくれたお礼をいうと、ここからクロタンさんの声)

あいつ、『なにこれ!?体軽い~!』って、部屋を飛び回ってた。俺もびっくりしたけど。

(それって、楽しそうな感じですか?苦しくなかったのかな?)

苦しいのは一瞬だから。体を離れたら自由なんだって。

 

もう苦しさはないから。心配しなくていいよ。

(ではいつかお母さん(Sachiさん)が、チィさんにそのことを聞いても平気そうですか?)

うん。大丈夫。もう苦しくなんかないから。

(そうですか。教えてくれてどうもありがとう)

感想:
>「ケッ!ケッ!」
> 猫キックのように、後ろ足をバタバタさせている猫

やはり、これが原因だったのかと思いました。ご報告を聞いて確信に至りました。

5年も前なのに、クロタンが覚えていてくれたこと、そして三宅さんがそれをしっかりととらえてくれたことにびっくりすると同時に感謝いたします。

実は、チィは気道に何かがつまるような感じでこの吐き出そうとする症状があり、亡くなる数ヶ月前から1日に1~2回の頻度でしたが強く出ていたのです。「ケッ!ケッ!」の鳴き方や様子も亡くなる数日前から重症化していました。

チィほどではなかったのですが、クロタンやルゥも同じ症状があったのです。私は猫のお腹部分を手で持ち上げて、つまりを出そうと背中をトントンと叩いていました。白いタンを吐くこともあったのです。病院で相談もしましたが解決に至りませんでした。

チィは急に亡くなったので、今回の報告を受けるまでは、この喉にタンを詰まらせる症状か、あるいは心臓病(姉妹のミィが心臓病で亡くなり、クロタンも心臓病を有する)のどちらかが原因となったかもしれないと感じていたのです。

チィが苦しかったときに私が同じ部屋にいたら何とかなったかもしれないと、後でよく思い返していました。私は廊下をはさんだ反対側の部屋で昼食後にくつろぎながらテレビを観ていたのです。気づけなかったのが無念です。

私がチィを発見したとき、暖かい日差しを浴びながら部屋の真ん中でダランと手足をのばして横たわっていました。日なたぼっこをしていた最中に起こったようです。

「足をバタバタさせていた」とのことですから、息ができなくて苦しかったことと思います。

今気付いたことなのですが、気道がふさがれるような同じ症状を2日に1回ほど発していたクロタンが、ヒーリング開始後これを起こしていません。

2日目のヒーリングで「のどのビリビリ感は10分ほどで感じなくなりました」と記されていましたが、これが効いているのかもしれません。

クロタンヒーリング3最初にクロタンが出てきたときに、「トラ」のイメージがしたと記されていましたが、私にとってはクロタンは「張り子の虎」みたいなものです。

体は大きいけれど、けっこう臆病なところもあるのです。

子供のときの写真を見ると、トラかライオンの赤ちゃんみたいですね。

忘れないで「今ここにいること」

質問:
今年新しい子を迎え入れる予定だけれど、そのことについてクロタンが思っていること、私や新しい子に望むことはある?

*新しい子とは、昨年亡くなったルゥの生まれ変わりのことです。これについてはクロタンが承知済みであることが前回のアニマルコミュニケーションでわかっています。

存命の子が旅だった猫と今も会話している

(ではもう一つ質問です。今年新しい子を迎える予定だそうですが、Sachiさんや新しい子に何か希望はありますか?)

うーん。(少し考える)

 

俺は静かにしていたいけど、子供(子猫)だったら(静かにできないのは)仕方ない。

 

子猫の相手はそんなにできないよ。それは期待しないで。

 

子猫が俺にかまいに来なければ、特に希望はない。

(そうですか。お母さんには何かありますか?)

俺の場所は、柔らかく、温かくしてね。俺にかまい過ぎなくてもいいから。

 

さっちゃんが、(その子が来て)嬉しそうなのが目に浮かぶ。

(*急に「さっちゃん」と呼びかけ始めたので、そのままお伝えします。この時、新しい子と楽しそうなSachiさんをほほえましく見守るけれども、ちょっと寂しい気持ちがしました。

 

見えなくても、きっと、その光景を思い浮かべて、クロタンさんがちょっぴり寂しい気持ちがあるのだろうと感じました。)

ただし、その子は『ルゥ』であって、『ルゥ』ではない。すべてがルゥと同じではないってことだけは覚えておいて。

 

生まれ変わりでも、それはもう『ルゥ』ではないんだ。違う個性としてみてあげて。そうじゃないと、生まれ変わった意味がないから。

(なるほど。お伝えしますね。他には何かメッセージはありますか?)

さっちゃん。おれは、「そこにいる」ということの役目があるから。さっちゃんと、「共にいる」「存在としてある」っていうこと。

 

それはね、『今、ここにいる』ってことなんだ。今生きてるこの瞬間なんだよ。それが、あるってこと。過去も未来も、おまけのようなものだよ。

(うーん、もう少しわかりやすく教えてもらえますか・・・?)

さっちゃんに言えばわかるよ。

(*これは私の推測ですが、おそらく今回の質問が、過去の質問と、未来の質問だったので、そこに意識がいっていて、「今は?」という提言とも感じました。

 

ともあれ、クロタンさんは「言いたいことは言った」、ということでしたので、コミュニケーションはここで終わりました。

お礼を言って、ゆっくりと扉の向こうに戻っていかれました。ありがとうございました)

感想:
>「さっちゃんに言えばわかるよ。」

なぜ「私がわかるはず」とクロタンが言うのだろうか?また、何を指し示しているのかとしばらく考えていました。そして、以前にクロタンのアニマルコミュニケーションで伝えられたことを思い出したのです。

「魂 + 肉体」という文字が浮かび、「肉体」の方に強調の下線が引かれ(肉体)、「こっちも大事」。

このように伝えてきました。「現在をしっかりと進む」ことが大切だと言っているのだと思います。

クロタンヒーリング4「過去の後悔や将来の不安は不要。それを気にしても意味がないことだよ」とクロタンは私に伝えたいのでしょうね。

まさにその通りです。

今回のヒーリングとアニマルコミュニケーションのセッションとても有意義で大切なことを教えてくれました。本当にありがとうございました。

クオンタムール ~音と香のリラクゼーションルーム~

掲載日:2018年3月8日

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタンブルー
2週間前にセッションを行った猫はすでに爬虫類に転生していた (2018/5/8)
猫ボタングレー
ペットの魂「家に帰って来たよ」サイン(2018/5/6)
猫ボタンブルー
先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた (2018/4/23)
猫ボタングレー
亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇(2018/4/10)
猫ボタングレー
セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る(2018/3/14)
猫ボタングレー
手作り食器台(自作斜め天板フードスタンド)で猫快適ごはんタイム (2018/2/27)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタングレー不思議な夢 – 虹の橋の復路なのか?子猫が地上へ(2018/1/11)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)