全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

猫は前世の記憶を消去される前に転生後の希望を伝えている

ブログ記事

転生の直前に前世の記憶が薄れる

これまでに、動物が生まれ変わる直前のプロセスの中で前世の記憶が薄れていくという話を複数のアニマルコミュニケーターの方々から聞いている。

その時点になると、アニマルコミュニケーターが亡くなった動物の意識にアクセスしようとしてもコミュニケーションがうまくとれなくなってしまうようだ。

この現象は、前回のブログ記事「生まれ変わっていても転生前の猫とアニマルコミュニケーションできるのはなぜ?」の内容と矛盾するようにも思われるが、生まれ変わる直前の時点ではオリジナルである単体の個としての魂とのやりとりが困難になるということだろうと理解している。

また、生まれ変わった後では動物の前世とのアニマルコミュニケーションでは、記憶があやふやな面があること、他の動物(同居猫)の意識と入り交じっていることがあることが、8年前に亡くなった猫、ミィのアニマルコミュニケーションの報告からわかっている。

先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた

最近のルゥのセッションでは次のことが伝えられた。

こっちでは僕の気持ちはすぐに尊重される

考えたり、かけひきしたり、試したりしなくてもいいんだ

私は上のルゥのコメントについて、天国でのどんな場面でルゥはそのように感じるのだろうかと思い巡らしていた。いずれにしてもルゥの思いや希望が尊重されるというのはよいことだ。

そんなときに面白い記事を見つけた。人間の生まれ変わりのプロセスの物語を短編の小説で描いたものである。

来世への希望はかなえられるか

私の転生体験

すでに死亡している主人公が天国の転生案内所(生まれ変わりの手続きを行う所)で、ハローワークでの相談員との対話のように、書類とボールペンを持った目の前の担当者とこれまでの体験を踏まえつつやりとりをしながら、新しい生への希望を伝えてゆく。

そのやりとりが興味深い。

前世の才能や特技は受け継げるらしい。担当者は「理想の自分になりたいと言って、無理な注文をつけてくる人が多い」と言う。隣の窓口にいる女性は「イケメンを振り向かせるほどの美しさがほしい」「文武両道な才女になって起業したい」と高い要望を出している。

容姿については基本的に前世の程度で決定されるけれども、もっと美人に生まれ変わりたいと希望すると、他の能力や転生先の環境のレベルが落ちるようだ。

分相応でないことを望めば、他の何かを犠牲にしなければならないのだ。やはり、現世で徳を積んで全体的なレベルを高められるようにするのがベストプラクティスと言えるかもしれない。

この手続きが済むと、「転生室」という場所に案内される。ここには前世の記憶を消す装置があるのだ。その部屋にいる女医の言うとおりに服を脱いで機械の中に入ると電流が流れて魂についている現在の情報が消去される。同じ日に新たな生が生まれる。

転生しても繋がりは切れない

数ヶ月前にルゥのアニマルコミュニケーションで「ルゥはウチで15年間暮らしてどんなことを学べたの?あるいは次に活かせることがあったの?」と質問をしたことがある。

このアニマルコミュニケーターさんには、このサイトの存在やこれまでのセッションでルゥが「生まれ変わって戻ってくる」と言っていることは伝えていない。

ルゥの回答は次のようなものであった。

死は終わりではなく、またどこかで会える!!繋がりは切れない。

そして生まれ変わるたびに、さっちゃんのような繋がりに出会うことが上手になったかも!!

この感じる強さで幸せになるから、さっちゃん、元気出してね。

私自身は、これまでの私のいくつかある過去世でもルゥと一緒に暮らしていたことがあったことを信じており(一番最初のアニマルコミュニケーションで報告された)、「さっちゃんのような繋がりに出会う…」は「さっちゃん(そのときの私)との繋がりに出会うことが上手になった」と勝手に解釈している。

それは私が今、「じっくりと最適なルートを見つけて、ここに戻ってくるんだよ」と天国のルゥによく語りかけているからだ。その思いがルゥに届いていると。

前世の記憶は残るのか

人間の前世の記憶については、子供の頃にそれを鮮明に覚えていて親に話すことがよくあり、成長すると「記憶の消去」が起こり、前世の記憶はなくなってしまうという現象をよく耳にする。

ルゥが生後3~6か月の頃、後ろ足だけで立つ姿勢をよくしていたことから、前世は猫以外の動物だったのかもと思うことがあった。

ルゥを保護した1ヶ月半後に生後1週間ほどのクロタン、チィ、ミィを保護した。ルゥは最初この3匹を見たときにとまどったようだが、すぐに受け入れた。

ルゥ「お手々、おいしい」

私は、ルゥの小さいときからのお気に入りのドーナツ型クッションの穴にミィを置いたことがあった。

ルゥは親のようにこの3匹を可愛がっていたが、ミィが自分の場所にいることについて、このとき「僕の場所をとらないで」と思ったようだ。

その後にとったルゥの行動に驚いた。

なんと、ルゥは自分の前足(右手と左手)で小さなミィを抱き上げてクッションの脇に移動させたのだ。猫なら普通、首のあたりを口でくわえるか、押して横に移動させるものだと思う。

だからといって、ルゥは直近の前世では2本足で歩くことができる動物で手を使って生活していたと断言はできないが、幼いときに猫らしからぬ動きをよく見せた。

転生を科学的に解明する動き

人間の前世の記憶に話を戻す。

前世の記憶をもつ子供では、米国アメリカ海軍に所属し太平洋戦争で日本軍に打ち落とされたパイロットの記憶をもつ少年の話が有名だ。知り得ない友人の名前や当時の状況など生々しい記憶が語られている。

子供が前世の記憶があることを科学的に解明しようとする動きもある。

これを説明する記事の中で、量子論から、肉体の死後に意識(このような記事では「霊」や「魂」という、科学的に証明されていない言葉の使用は意図的に避けられていて「意識」が多用されている)は宇宙に放出され、その意識に前世の記憶が保たれたまま子供の「脳に張り付く」という説を展開しているものがある。

「張り付く」などと聞くと、別のものが憑依しているように感じられてしまうのは私だけだろうか。ちょっとした違和感を覚える。科学的な解明は進展してほしいが、子供の前世の記憶については、前世の記憶が本人によみがえり、成長の過程で消えてゆくと考えるほうが自然だ。

意識が張り付いているのだとしたら、張り付いている間はずっと前世の記憶が残ることになるが、子供の多くは5歳~7歳の間に前世記憶を失うことが典型的に起こる。

さらに、単に意識が前世の記憶を維持しているだけではないと私は思っている。それは、これまでのアニマルコミュニケーションの報告から明らかである。

死後から新しい生を受けるまでの間に行われること、自発的に考えることや思うことがあり、その間に意識(魂)はさまざまな体験をしているのだ。

亡くなったものの魂は、現在の家族の様子(物理的なことだけでなく、目に見えない考えや思い)も把握しているし、来世への希望も抱いている。ちゃんと自我や個性を維持しているのだ。

スピリチュアル世界の科学的解明の限界

前世記憶を科学的に解明しようとする科学者の多くは「天国」「天界」といったスピリチュアリズムの思想を持たない。それらは存在しないものとして仮説を出している。ただし、そうならざるを得ないことを私は理解できないわけではない。

この思想体系をもったとたんに否定論者から「科学的でない」と批判、非難中傷が集中することだろう。科学者として説を唱えた本人の立場は危うくなるし、本職の世界ではもはや信頼できない人物と色眼鏡で見られかねない。キワモノ扱いになれば将来が危ぶまれる。ここに科学的解明の限界が依然として存在するのだ。

簡単に論破されないよう理論武装するために、知恵、裏付け、理論的根拠を必要とし、とてつもない時間と手間をかけなければ克服できないほどのものがある。さらに宗教観は国によっても大きく異なる。

しかしながら、目を背けなければ事実というものが確かにそこに存在するのだ。説明がつかない確率的にありえない不思議な現象を目の当たりにする。

現時点ではまだまだであるけれども、今後いつの日か多くの報告、納得せざるを得ないような事例の考察・検証がなされるようになるのかもしれない。さまざまな方向から解明がなされ、真理として霊的な存在が科学的にも認められるようになる日が訪れるようになればよい。

アニマルコミュニケーションはその一助、一般の人々がスピリチュアルを身近に感じるトリガーとなりえると思う。「霊魂」「霊訓」「霊言」などと聞くと畏怖の念を抱いてしまうが、可愛いくてたまらないペットからの言葉であれば、本当に涙が出てくるほど癒されるのだ。こんなに素敵なもの、素晴らしい世界があったのかと。そこから徐々に未知なる神秘的な世界、人の生と死の意味を紐解く扉が開かれてゆく。

 

掲載日:2018年9月26日

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタンブルー猫の魂が天界でお仕事(神様のお手伝い)を開始 (2018/8/18)
猫ボタンブルー転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタンブルー
2週間前にセッションを行った猫はすでに爬虫類に転生していた (2018/5/8)
猫ボタンブルー
先に亡くなった猫が昨年逝った猫の生まれ変わりが♂だと伝えてきた (2018/4/23)
猫ボタングレー
亡くなった猫と同じ柄の猫に遭遇(2018/4/10)
猫ボタングレー
セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る(2018/3/14)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)