全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

転生前の最後のアニマルコミュニケーション:次は地球のために短命で生まれ変わる

アニマルコミュニケーション体験レポート

3週間ほど前に米国に住むアニマルコミュニケーター、デビー・ボーンさんに、亡くなった猫ルゥとのアニマルコミュニケーションを依頼し、予期しない内容を伝えられました。

米国人アニマルコミュニケーターの衝撃報告:猫は私のところに生まれ変わってこない!?

何かが変わりつつあることを感じ、これまでに複数回セッションをお願いしているアニマルコミュニケーター、横井鈴佳さんにルゥとお話してもらいました。

生まれ変わる前の段階になると、コミュニケーションが取りづらくなる、遠くなることは以前から聞いていたので、神様のお手伝いを開始した後にその時期が近づいていることを私もうすうす感じていたのです。

ルゥくんとのお話は今まですんなりできていただけに変な感じでした。

 

今回は「あれっ!?ルゥくんだよね?それとも私、別の子と話してるのかな?」と思ってしまうくらい。私も何だか寂しくなりました。反応が薄いというか、今までとは違う感じでした…。

質問:先日のデビーさんのセッションで、「ルゥは地球に戻ってくるけれども私のところではなく、今度は地球のため、人々のために生まれ変わる」と伝えられた。

私はルゥが私のところに戻って再会することを願っているけれど、このメッセージはどんな目的があったのか。ルゥがこれまでの意思や状況が変わったことを伝えるためであったのか。

今も神様のお手伝い(お仕事)はしているけれど、近々新たな命を与えられる予定。

 

「短命として修行とやるべき事 = 使命」を果たすために。

詳しくは知らないけど、野生生物として短命で生まれ変わる。

 

環境問題や地球温暖化の影響のための役割として。それが人々のためになることと知らされている。

 

この前の人がきっかけになり、伝える手段ができた。

 

この前の人とは、デビーさんの事でしょうか!?

私感想:デビーさんからの報告はショッキングなものでしたが、この報告は今後の何かを示唆していると思っていました。

「地球のため、人々のために」というのは、環境問題を指していたのですね。

今、あらためて短命でのお使いをする予定になっていると聞き、ルゥがその新しい生を十分に謳歌することなく、人類の活動のマイナスの結果を受けて苦しんで死んでしまうのはかわいそうだと思う一方で、その後で私のところに早く戻ってきてほしいという相反する気持ちが交錯します。

楽しみはなく、修行のためのみの転生を迎えるに当たり、ルゥはどのような気持ちでいるのかも気になります。環境問題の影響でなくても、野生で生まれることは生きのびる確率のほうが低いことでしょう。環境破壊だけでなく自然のきびしさにも向き合わなくてはならない。

前回に、デビーさんが「ルゥは高僧のような存在」と言っていたことを思い出しました。地球を守るために身を投じて、人間に何らかの影響力のあるメッセージを発するのが今度のルゥの使命だとしたら、そのような出来事やニュースに私は今後耳を傾けていきたいと思っています。

もちろん自分でも環境問題を意識して、地球に優しい生活を心がけてゆきたいと思います。

質問:私はルゥの地球での来世の壮大な目的を妨げたくないと思っているし(できれば支援したい)、もしルゥが私から離れてその目的を遂行しなければならない使命があるとしたら、ルゥにとってのベストな方向に進むのがよいとも思う。

これまでにルゥが私に伝え切れていないと感じることがあれば教えてほしい。

気持ちを伝える手法(アニマルコミュニケーションの事)があり、これを通じてボクからも十分知らせる事ができたし、さっちゃんからの想いも十分届いてるよ。

 

数えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいなんだ。

さっちゃんにとってボクって、こんなに偉大な存在になれたんだね。ありがとう。

 

お別れをしてもボクはこれからもさっちゃんの心の中で生き続けるから。

ボクの存在がきっかけとなった人達とは、これからも離れないでね。その人がボクの代わりにさっちゃんを守ってくれるから…

 

しっかりね!!(これからもボクが居なくてもしっかり生きてねの意味です)

質問:チィやミィについて現在知っていることがあれば、どんなことでも教えてほしい。

懐かしい仲間達とは、もうしばらく会っていない。それぞれの魂としての存在を感じる事も少なくなったし。

 

魂としての繋がりも薄くなってしまったんだ。そうやってそれぞれ生まれ変わるのだろう。ボクもそうだ。

さっちゃんにはもちろん、多くの人間にも感謝しているから、今度はボクが人々のために生まれ変わりたいと思う気持ちができた。

 

次の生まれ変わりが、目的や役割を果たし、学びを得て、またここに帰ってくるけど、またいつの日か会おうね!!

これ以上は話せませんでした。

やはり状況の変化もあり、ルゥくんの気持ちの変化もありましたね。

Sachiさんに対しての愛情はとても深いのですが、でも何だか更に遠い存在になってしまったかのように感じてしまいました。。。私も寂しいですね…

 

それは転生するためでもあるし、ルゥくんの魂の成長のためなのですが、何度もセッションしていた私にとっても辛いのです。

 

リオン*はいつの間にか話せなくなってしまいました。私に生まれ変わる事を言わずに行ってしまったんですよね。

 

*リオンくんは横井さんが飼っていた猫さんで3年前に他界

 

生まれ変わりの予兆があったのかもしれませんが、いつも気付く私でも気付きませんでした。気付かせてくれなかったのだと思います。

 

ルゥくんは「これが最後」といわんばかりに、伝えようと、気付くきっかけを与えてくれました。それも感謝ですね!!

 

Sachiさんとの絆が深い事を意味していると感じています!!

私感想:昨年(2017年)9月まで15年間、唯一無二の存在でありながらも普通の猫としてのルゥと平凡に暮らしていました。常に私の視界に入る小さな世界にいました。日常の幸せなひとときでした。

ルゥが亡くなってからとてもドラマチックな展開になったというか、死の悲しみだけでなく、アニマルコミュニケーションを通じて心を揺さぶられることがたくさん波のように押し寄せてきました。うれしいこと、ウキウキすること、驚いたこと、たくさんあります。

これまでに複数のアニマルコミュニケーターさんからルゥが私の元に転生することを希望していることを伝えられ、「ルゥにもうすぐ会える、きっと来年の今頃は生まれ変わったルゥと一緒に散歩できるんだ…」と、毎日期待に満ちて日々を過ごしてもいました。

その裏で、何らかの都合で予定通りにその日が来なかった場合の覚悟もしなくてはいけないと、自分の心をコントロールできるようにと、ある意味、リスク管理のような意識ももっていたのです。

私は決して物わかりがいいわけではない。諸行無常を悟った修行僧のような腹のくくり方はできない、普通の感情(楽しいことが好きだし、悲しいことや辛いことは避けたい)をもった人間です。でも、予定が変わったとしてもルゥを責めたり投げやりになったりするべきではなく(絆を大切にしなくてはいけないし、ルゥ自身が新たな生のその修行を受け入れている)、辛いことにも何かの意味があるはずと思えます。

今は、「ルゥがいない間に、私は私で楽しいことをたくさん満喫しておくよ!」といった気分で過ごそうと思っています。

Bye for now, Ruh!

「猫、ルゥの魂」としての最後のアニマルコミュニケーションの機を逃すことなく、とても貴重なメッセージを捉えることができたことをありがたく思います。

横井鈴佳さんのインスタグラムに横井さんの愛猫やセッションを行ったペット達が掲載されています。アカウントはこちらです→「suzuka.yokoi」

掲載日:2018年11月1日

猫の魂が天界でお仕事(神様のお手伝い)を開始

猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る

全体の記事の一覧