全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その1)メッセージ2つを得る

ブログ記事
7匹の猫7匹の猫
自分の力だけで愛するペットとアニマルコミュニケーションができるようになったら、ペットといっしょにどれほど楽しく充実した日々を過ごすことができるだろうか。多くの飼い主さんのあこがれであり夢である。

通常のアニマルコミュニケーションでは、アニマルコミュニケーターさんを介してペットと飼い主が会話をしたりメッセージを伝えたりしてもらうほか、飼い主が直接つながってペットとお話できるようアニマルコミュニケーターが誘導してくれるセッションもある。

でも、やはり自分自身でトレーニングして能力を獲得してみたいという気持ちになった。

先日チャネリングにタロットカードを用いたメール鑑定を行ってくださった深海月 Linaさんの報告で、私自身がアニマルコミュニケーションを自分で行うことについて示唆されたことが大きなきっかけとなった。

虹の橋が現れた意味と猫との絆

かつては私は多頭飼いをしていたから(亡くなった猫3匹、存命の猫1匹)、この子たちがきっと応援してくれるに違いない。

諦めていたセルフアニマルコミュニケーション

昨年(2017年)ルゥが亡くなって最初のアニマルコミュニケーションで、ルゥが私に言っていたことも思い出していた。アニマルコミュニケーターさんを介してこんなやりとりがあった。

私:毎日、ルゥが亡くなった時間に写真を見ながらお祈りして話しかけているよ。でも、私はルゥの思いを何も感じることができない。

ルゥ:その時間にいつも答えようとしているのだけれど、伝わっていないみたい。さっちゃんもアニマルコミュニケーションができるようになればいいのに。

ルゥの言葉をアニマルコミュニケーションで聞いて、その後に安価な通信教育のアニマルコミュニケーションに挑戦したことがある。しかし、何もメッセージを受け取ることができず才能がないものと諦めていた。

もっと高額の対面での指導を受けながらのアニマルコミュニケーション講座であれば、望むスキルを得られるのだろうか。でもそれらはすべて私の住む場所から遠くにあり、交通費もかなりかかってしまう。スケジュールを組み入れるにも時間的な困難さがある。

自分でスキルを獲得することに限界を感じていた。

しかし今回、Linaさんの報告で、毎日少しずつ自分で練習することで、感覚がつかめるようになることが伝えられたこともあり、再度挑戦してみたいと思うようになった。加えてルゥの生まれ変わりを迎えた際に、私が何もアニマルコミュニケーションができなかったらその子に申し訳ないという気持ちもある。

もちろん、ペットとの大切なことや深刻なことはプロのアニマルコミュニケーターに依頼するほうが確実なメッセージを受け取れることだろう。また、自分の子に対しては先入観や思い、期待、不安がどうしても入ってしまい、ニュートラルな状態を維持しづらいと聞く。

一方、日常のなにげない会話であれば、飼い主自ら即座にペットとコミュニケーションできたほうが動物と心の通う生活を楽しめそうだし、ペットも喜んでくれるに違いない。

アニマルコミュニケーション挫折のもう一つの理由

実は、最初に挫折したことの理由がもう一つある。低次意識に入ってしまうことへの不安である。

この原因とプロテクションについては、通信教育のアニマルコミュニケーションでも述べられていた。

私は亡くなった猫のことを思い浮かべようとする前に、大きく黒い色の2つ穴の開いた人間のドクロのようなものが浮かんでくることがよくあった。

「何だろ、あのドクロは?」

それは、宇宙人のようでもあり、スターウォーズのダースベイダーのお面のようでもあり、パンダだと言えばそのようにも見える。しかし不気味だ。目を閉じたときに単に黒い部分が2つあるだけでドクロと思ってしまう自分がいた。

この現象は、自分自身が何かを恐れていること、別次元への存在にアクセスすることへの怖さを投影しているとも思えた。上野動物園のシャンシャンだと考えれば、かわいいものと思えるのかもしれない。

今回、再びセルフアニマルコミュニケーションに挑戦してみると、やはりそのパンダドクロは現れた。けれども、Linaさんからのメッセージに元気づけられて継続して毎日行ってみた。

後で知ったことであるが、ドクロ(「スカル」とも言うらしい)は必ずしも不吉なことを意味するわけではないようだ。ドクロは「魔除け」になり、「再生」や「幸福」のシンボルでもあるそうなのだ。

このことを知って、精神を研ぎ澄まそうとする際に気分がとても楽になった。

さらに、「虹の橋が現れた意味と猫との絆」にも記したように、虹の橋を見たときに風鈴の音が聞こえたことから、音も大切な要素であることがわかった。

下記はYouTubeで見つけたお気に入りの音である。

https://www.youtube.com/watch?v=omLqWuKz94k
細胞の一つひとつに響きわたるようなやさしい音色で心が静まる。人や家の邪気を払うのによい。パワーストーンの浄化にも適しているとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=cwSHzxaYL6Q
小川のせせらぎをバックに、心に染みこむ澄んだ鉄琴(?)の音の中で小鳥のさえずりがアクセントをきかせている。

亡くなった猫からの1つ目のメッセージ

ミィとティッシュ7年前に亡くなったミィのことを思い浮かべていたときのことである。

ミィの姿が浮かんできた数秒後にピンク色が鮮やかな丸い石がポコンと現れた。

これを見て私は、「そうだ!忘れていたことがある」と、あることを思い出したのだ。

「クオンタムール」の三宅咲智子さんによるクロタン(存命)の遠隔ヒーリングを行ってもらった際に、ヒーリングに効果のあるクリスタルについていくつか紹介してもらっていた。

stoneヒーリングはクロタンの体調にかなりよい効果をもたらしたと感じている。

ヒーリングから3週間経過したが、呼吸が苦しくなる症状が今のところまったく起こっていない。それまでは2日に1回はフーフーとやっていたのに。

またウンチの後にお尻を床にこすりつける問題が大きく改善されたことから、ぜひとも揃えたいと思っていたアイテムなのだ。

遠隔ヒーリング&アニマルコミュニケーションで猫の身体も快調

音と香のリラクゼーションルーム「クオンタムール」
https://www.quontamour.com/

ミィからのメッセージであろうピンク色のクリスタルをネットで探してみた。

すると、ローズクォーツという種類のものが出てきた。上記のヒーリングで紹介されていたクリスタルの一つである。さまざまな形がある中で、マッサージスティック型のローズクォーツを選んだ。

パワーストーンその他、透明のクォーツ(水晶)、蛍石原石、パワーストーン浄化用の水晶板、ラピスラズリも購入した。

クリスタルについてきた説明書に、「高い次元の認識を得るために、脳は多量の酸素を必要とすることから、深呼吸や腹式呼吸が必須で、体全体の血液の循環や気の循環をよくする必要がある」と記載されていた。

それぞれの水晶に固有のパワーがあるらしいので、それらの助けを得られることを期待して使ってみたい。

2つ目のメッセージは…

普段の生活の中で、何かのひらめきやシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)を感じた体験をもつ人は少なくないだろう。「実は誰でもスピリチュアルな能力をもっているのだ」という説の所以にもなっている。

一方、アニマルコミュニケーターやチャネラーの方々は、別の世界につながることを自ら意識して、そこから明確かつ具体的に問いかけのメッセージを受け取ることができる。

不可思議・神秘的なことが偶然または突如おこるのか、それとも目的意識を持って行動し得たいメッセージをとらえてゆくのか。この差は大きい。

そうはわかっていても、私は意識して実行しようとしてもうまくゆかない。どこをどうすれば先が開けるのだろうかと思いあぐねていた。ハードルが高そうだ。でも、後天的にアニマルコミュニケーションのスキルを獲得した人々の多くが経験する試練なのかもしれない。

最近、ルゥの姿を思い浮かべていたときのことである。

つながりを太くすること
毎日練習すること

この言葉が私の頭の中にふっと浮かんできた。

ルゥはこれまでにきっと私が話しかけている言葉に何度も応答しようとしていたに違いない。それが私に伝わってこないのは、受信する通路や感度が弱いからなんだろう。

毎日少しずつ継続してセンサーを研ぎ澄ませることが欠かせないようだ。

しかしながら実際、ここに記載した2つのメッセージが本当に受け取ったものであるのか、そしてそれらが正しいものであるかどうかは今の私にはわからない。

下記はチャネラー、Linaさんの言葉である。

「あ、これかな..?」と感じ始めた時、きっと猫ちゃんも同じように思っていますよ。

この言葉によってわずかながらも希望を見出すことができた。上記の受け取ったメッセージを今すぐ検証することはできないけれども継続して行えば何らかの進歩はあるはずだと。まずは肯定的にとらえてみたい。

こんなふうに「挫折」を「希望」に変えられただけでも、私にとっては上出来である。また、音やパワーストーンなどを味方に付け、少しずつ上達のための環境が整ってきたように感じられる。

その変化が少しうれしい。

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタンブルー生まれ変わっていても転生前の猫とアニマルコミュニケーションできるのはなぜ? (2018/7/26)
猫ボタングレー
異なる2つのセッション間での符合を見つける(2018/6/3)
猫ボタンブルー
転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタングレー
猫の魂が赤ちゃんに宿る時期(タイミング)とはいつ? (2018/3/2)
猫ボタングレー
自作フードスタンド(食器台)で猫快適ごはんタイム (2018/2/27)
猫ボタンピンク
「ライトクルー」斉藤春真さんへのインタビュー (2018/2/22)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタングレー不思議な夢 – 虹の橋の復路なのか?子猫が地上へ(2018/1/11)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)