全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

セルフアニマルコミュニケーション自主練習(その2)瞑想に代わる方法

ブログ記事

猫と本アニマルコミュニケーションに関する書籍は、昨年に初めてアニマルコミュニケーションというものを知った際に、複数冊購入していた。

「ローレン・マッコールのもっと動物たちと話そう」もすでに読んでいるものと思っていたが、Amazonでの購入履歴を見るとまだ買っていないことに気付いた。アニマルコミュニケーションの練習方法が記載されている書籍は(通信講座を除き)まだ購入したことがなかったのだ。

数日前に書籍が届き、さっそく読んでみて驚いた。

瞑想で挫折しても大丈夫

メロン箱先日、猫ルゥ(2017年9月他界)からのメッセージにあった「毎日練習すること」と同じことがこの書籍でも強調されていたのだ。メッセージを受け取った数日後だったため、それはまるで予知やシンクロのようにも感じられた。

また、ローレン・マッコール氏も私と同じように、瞑想ができなかったことでアニマルコミュニケーションの壁に突き当たっていたことがわかった。これを知ってかなり励まされた。

彼女は自宅に瞑想用の部屋(壁の一面を紫色に塗り、お香を焚き、小さな噴水を置き、人間工学に基づいた椅子を用意した)を作るという意気込みもむなしく、頭の中に湧き出てくる雑念を取り除くことができなかったらしい。

そこで編み出した方法が、自分の心の動きを意識的に手順に向けさせる方法、「ハート・スペースへの旅」であった。

自分自身のハート・スペースの設定は…

ローレン・マッコール氏のハート・スペースは、牧場や小川のある場所が設定されていたが、これは自分で好みの場所をイメージしてもよいとのこと。実際にある場所でも想像上の場所でも、それらを組み合わせたものでもよいのだ。

そこで、先週末にお花見に行った湖畔をイメージしてみた。そこは、湖のせせらぎや小鳥のさえずりなど、五感を研ぎ澄ます要素にあふれている。

これらの穏やかな波動が心の中に広がってくるようだ。沼にカモもいた。草を踏みながら進める遊歩道や腰を降ろす場所もある。

まさにハート・スペースにうってつけではないか。

昨年もこの湖の反対側の湖畔にお花見に来ている。その際はアニマルコミュニケーションのことをまったく知らなかったが、今年再びこの湖に訪れてハート・スペースに最適な場であることに帰宅してから気付いた。これも何かが導いてくれたに違いない。

ベルの音で場を浄化する

猫草上記の方法で、ルゥの姿を思い出してみた。私の質問は次の通り。

私:明日、注文したベルが届くことになっているけれど、これをどのように使用したらいい?缶詰をお供えするときの合図で鳴らそうか?

ルゥ:アニマルコミュニケーションを行う際に手が届く場所に置いて鳴らして。

このベルは、「虹の橋が現れた意味と猫との絆」で記載した風鈴の音にとてもよく似ているのだ。

昨年ルゥといっしょに聞いた風鈴の音を自宅で再現できないかと思ってネットで探していると、素敵なデザインで澄んだ音色を出す真ちゅう製のベル・スリムというものを見つけた。

YouTubeでその音が公開されていたため、視聴することができた。まさにあの風鈴の音色が流れてきたのだ。

ベル・スリムの音色
https://www.youtube.com/watch?v=O5450h1BtW0

ベルアニマルコミュニケーションの開始と終了の際にこのベルを鳴らして、音で場を浄化するのに役立てたい。

この製造元は風鈴も製造していた。だから、ルゥを抱きながら虹を見たときに聞こえた風鈴も同じブランドなのかもしれない。

以下で風鈴の澄んだ音を聞くことができる。

風鈴の音
https://www.youtube.com/watch?v=4vsYY43rQdU

もう一つのハート・スペース

上記の湖畔のハート・スペースを思いつく前に考えていた別バージョンがあるので、記してみる。

書籍によれば、場所や雰囲気を変えるみることもよいらしい。

下の動画「アナと雪の女王」から着想を得たものだ。ファンタジーな心地よさを感じたいときに適しているかもしれない。

FROZEN | Let It Go Sing-along | Official Disney UK
https://www.youtube.com/watch?v=L0MK7qz13bU

自分自身のイマジネーションの世界へ入るために、上記動画の風景をアレンジしてみた。氷は冷たい感触なのでクリスタルをイメージするようにする。

くつろげる姿勢で「レリゴー、レリゴー」(Let it Go)と2回唱える(瞑想のマントラのように)。リラックスしてあらゆるものから自分を解放する気分。

実際に、肩の上で両手のこぶしをにぎってから、背中をぐんとそらして息を吸い込んだ後に、腕を前に勢いよく押し出しながら、こぶしから5本の指をめいいっぱい広げて前方に突き出す。その態勢で2秒間静止しながら、息を吐き出す。

映画鑑賞モードではなく、自分が実際に行っているという気持ちをもつ。

イメージの中で、光り輝くクリスタルの階段が瞬時に現れる。そこを上る。動画では駆け足だが、数を数えながらころばないよう一段一段足を揃える。ステップを踏むごとにその先に新しい段が出てくる。

最上段の10段目に着くとオーロラのような虹色のほたる石の壁が出現する。壁に背中をあてて立ち、大きくゆっくりと深呼吸を2回する。

すると背中が壁に接する部分が、忍者屋敷のどんでん返しの術のように、くるんと向きが変わる。現世の裏側に来たような、いい得も知れない異次元の意識の中に入っていくようだ。

その中を進むと、屹立する壮麗なクリスタルの塔の空間にいる。床も支柱も天井もすべてクリスタルでできている。

そのフロアの中央に立ち、片足で一歩力強く床を踏む。

踏み込んだ部分のクリスタルからまばゆい閃光が立ち上り、壁一面の窓が突如開く。

窓から入ってきた、潮の香りがする爽やかな風に包まれる。

フロアはバルコニーにつながっている。風を頬に感じながらゆっくりとバルコニーへ向かう。

眼下に手つかずのどこまでも続く白浜と、目前にターコイズ色の雄大な海が広がる。打ち寄せるザザーという波音が耳に心地良い。

穏やかな海の上に白くきらめく雲が一つポカリと浮かんでいる。中で何かが動いている。

「○○ちゃんがそこにいたら、こちらに来てください」と雲に向かって静かに語りかける。

その雲がだんだんと近づいてくる。

雲の中から、○○ちゃんがぴょこんと顔を出す。

バルコニーには、クリスタルのテーブルをはさむ籐製の椅子2脚が配されている。○○ちゃんがそのうちの一つに飛び乗る。自分自身ももう一方の椅子にゆったりと腰を降ろし、会話を始める。

・・・と、こんな具合にいろいろな設定を試している。