全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

虹の橋が現れた意味と猫との絆

ブログ記事

タロットカード

これまで亡くなった猫(ルゥ、チィ、ミィ)や存命の猫(クロタン)のアニマルコミュニケーションを複数のアニマルコミュニケーターさんに行ってもらってきたが、自分自身についてのチャネリングをいつか依頼してみたいと思っていた。

ネットで探し、チャネリングにタロットカードを使用するメール鑑定をお願いした。

チャネリング・タロット占い鑑定 深海月 Linaさん
https://jiyugaokatarot.com/

現時点で特別な悩みはないのだけれども(鑑定の依頼は恋愛や仕事、人間関係での悩みが多いようだ)、こちらのサイトを昨年立ち上げたことを伝えると、「猫との絆でみてみましょうか」と連絡をもらった。それが今一番知りたいことであると思い、そのテーマでセッションをお願いした。

鑑定結果は5,000字を超えるレポートであったが、一部抜粋してここに記載してみたい。

今回の鑑定は、Sachiさんの取巻く環境や現状、これまでの過去を読み取り、今すべきことや感じることへの気付き、今後未来において見出すべき選択と行動、展開や可能性について深くリーディングしてみました。

 

(中略)

 

●Sachiさんの可能性(魔術師;正位置)

Sachiさんが複雑に絡み合った情報を目に見えるかたち(文章)に現すことは、ある意味必要な何かに気付くセンスでもあります。

 

気付くセンスとは、特定の情報を感知するセンサ(感覚)を持っているということ。

 

その感度が最高になった時があの日の「虹」*だったようです。

 

*トップページで記載している、「ルゥの癌治療の効果が出ますように」と隣の神社でお祈りした直後に見た大きな虹のこと。

 

Sachiさんの感度も、ルゥちゃんの思いも感覚も、同等に集中された強い感覚・思いであったろうと。あの日見たあの虹を一言で言えば「rising(ライジング)」です。

 

感覚の立ちあがりと目覚めと捉えてください。

まだ、お別れじゃないんだよ
さっちゃんの役割を果たすために
この虹が架け橋になる

ルゥちゃんはそう伝えたかったようです。

 

この虹は、Sachiさん、チィちゃん、ミィちゃん、ルゥちゃん、みんなが繋がっていることを意味する架け橋。

 

実際、虹というのは天候により、一過性のもので、時間が経てば消えてしまうものですが、あの時Sachiさんが見た「虹」はSachiさんの記憶となって、今でも鮮明に脳裏に焼き付いているはず。

 

天国にいるチィちゃん、ミィちゃん、ルゥちゃんの気持ちをキャッチするには、あの「虹」を想い浮かべれば、またSachiさんのセンサ(第6感)が(MAXに)働きだすのです。

 

●Sachiさんの第6感とアニマルコミュニケーション(ワンドのエース;正位置)

本題に入る前に、第6感について簡単に助言させていただきます。

 

不思議でスピリチュアルな体験や現象、能力を実感すると、人は得てして死後の世界や宗教といった非科学的なこととして捉えることがあります。

 

誤認していただきたくないのは、「私は、霊視やスピリチュアルなことを決して非科学的とは捉えてはいない」ということ。

 

理性や余計な情報を取り除いた本能のままの(ありのままの)意志に集中した時、感覚が研ぎ澄まされ蘇ります。

 

時として、今まで見たことも無い光景を目にしたり、聞いたこともない音が耳に入ってきたりして、一瞬ですが動物のような感性(センサ・第6感)になり得るのです。

 

恐らくあの日見た虹は、Sachiさんご自身が、ルゥちゃんの気持ち、辛さ、思いをすべてこの身で受け止めたいとう湧き出る本能が集中し、Sachiさん自ら作り出した(映し出した)「虹の架け橋」だったのではないでしょうか。

 

これがSachiさんがこれから未来に果たすべき使命の始まりを意味します。

 

「虹の架け橋」を行ったり来たり自由に行き交いできるということ。これは、アニマルコミュニケーションと概念は全く同じこと。

 

Sachiさんが「ルゥちゃんとの会話が必要だな」と感じた時が、「虹の架け橋」を思い浮かべる時(タイミング)です。

 

じっくりゆっくりとあの日見た七色の虹を脳裏に湧き起こし、一番身近なルゥちゃんと静かにお話してみて下さい。

 

「あ、この感覚?これかな?」と感じるまで、何度でも、何日でも。

 

あとは練習のようなもので、「これかな?これだな。」と感覚が出てくるまで、何度も繰り返しイメージしてみることでコミュニケーションができてくると思います。

 

「これかな?」という感覚は、ルゥちゃんの気持ちが漫画の吹き出しのようにポンポンと脳裏に浮き出てくる感覚です。

 

●キーポイント(カップのキング)
Sachiさんがこれまで尋ねられてきたアニマルコミュニケーターの方々のリーディング結果は、的を得ているものだと思います。

 

Sachiさんもその結果に腑に落ちていらっしゃるのであれば、自分なりの考え・指標をお持ちだということでしょう。

 

ルゥちゃんの気持ちを潜在的に感覚的にはキャッチしているのですが、そのモヤっとした感覚を翻訳のようには具体的に言い表せない(訳せてない)ことだけのように思います。

 

英訳のごとく猫語を翻訳ではなくて、第6感のセンサを研ぎ澄ませば、動物であろうが言語が異なる人物のことだろうが、感覚的にキャッチし、それを感情・心情として捉え、上手く文章に吐き出して構成するスキルが、次なるリーディングのステップとなるのではないでしょうか。

 

リーディングも翻訳作業と同じようなロジックフローを踏みます。

(後略)

感想:
今回はとてもていねいなリーディングにてわかりやすく表現してくださり、いくつかの気付きを得られ、今後に役立てることができそうです。

アニマルコミュニケーションは私には無理だと思っておりましたが、あの虹の橋がルゥとの絆を表していたのですね。

風鈴不思議なことですが、あの虹の橋を見た場所の近くの家に銅製のような風鈴がかけられていて、リーンリーンと鳴る澄んだ音がこの世ではないような雰囲気をいつも醸し出していました。

ほんのたまに犬の散歩をする人が通る、夜明けちょっと過ぎの静かな時間帯です。

ルゥが生きていたときですから、その音が仏壇に配されたおりんのように感じられて、私はちょっと恐かったのです。

この音のおかげで今でも鮮明に思い出すことができます。感覚を研ぎ澄ますことが大事なのですね。

ご報告の中にもありましたように、私はロジカルに自分を納得させないと先に進めない人間です。アニマルコミュニケーションは論理的な人間には難しいと思っていたことから、自分自身には向いていないと思っていました。

今後も今の翻訳の仕事をしながら、動物と関連して役立つ情報を提供してゆくことができたらと思っています。

チャネリング・タロット占い鑑定 深海月 Linaさん
https://jiyugaokatarot.com/

おすすめ記事:
猫ボタングレー自分で行うセルフアニマルコミュニケーションで得た2つのメッセージ(2018/3/14)
猫ボタンブルー
遠隔ヒーリング&アニマルコミュニケーションで猫の身体も快調 (2018/3/8)
猫ボタングレー
猫の魂が赤ちゃんに宿る時期(タイミング)とはいつ? (2018/3/2)
猫ボタングレー
自作フードスタンド(食器台)で猫快適ごはんタイム (2018/2/27)
猫ボタンピンク
「ライトクルー」斉藤春真さんへのインタビュー (2018/2/22)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタングレー不思議な夢 – 虹の橋の復路なのか?子猫が地上へ(2018/1/11)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)
猫ボタンオレンジ記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)