全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

ココナラの占い活用で自分の感情にうまく対処する

ブログ記事
四つ葉とくま占いに詳しい人であれば、すでに知っているかもしれない。「ココナラ」(個人のスキルや知識を売り買いできるネット上のフリーマーケット)では、低料金にて占いのサービスも提供されている。

こんなに安い価格で占いをしてもらえるなんて、高額の占いは生き残ってゆけるのだろうかと、人ごとながら心配してしまうが、恐らく棲み分けができているのだろう。

また、占いやスピリチュアルな業界も料金において二極化が進んでいるのかもしれない。

ココナラでは、500円から利用可能な占いもある。いくつかを試してみたが、「安かろう悪かろう」などと決してあなどれないことがわかった。占い業界の「ユニクロ化」ともいえそうだ。

「このような安い料金で、時間をかけてていねいに鑑ていて大丈夫なの?最低賃金時間額を下回ってしまうんじゃない」と思うほど、詳細な内容を伝えてくれるのだ。

ネット上に多くの同業者が集まっているため、料金やサービスの質の高さにおいても激しい競争が繰り広げられている。手抜きなどしたら客にそっぽを向かれるという過酷さにさらされるという現状もあるのかもしれない。

やめていく占い師さんもいることだろう。

一方で、このような価格破壊の環境で便益を得られるのは、言うまでもなくユーザーである。お手軽な「心のエステ」といったかんじで結果を聞けば、気分転換になったり、心のゆとりを与えてくれる(決して、のめりこんで時間やお金を浪費したり、自分自身を見失うことがないように)。

どのように鑑定してくれる占い師を選ぶかは、やはりレビューから判断することになるが、5つ星評価が標準化しているようだ。むしろ、4つ星だったら不満があったのかと勘ぐられる。

私が重視しているのは、レビューの数よりもどのような評価者がどのようなコメントを残しているのかということ。

評価者の推測できる年齢層やコメントの質、「この評価者は見る目がありそうか」「だまされていないか」「表面的でなく深いところをついているか」「リピートは多いか」などをみてゆく。

ただし、あまりに心地良いことばかりの鑑定結果でユーザーに満足させるのも、本来の鑑定の目的からすれば本末転倒である。

また単に、安くて評価をたくさん集めているからということだけで選ぶと、自分の期待以下になってしまうことも考えられる。

私が鑑てもらった中で、「ほんものだ!」と感じたのは、以下の2名であった。

姓名判断の越前の母が辛口運命鑑定いたします
https://coconala.com/services/112799

鑑定料はわずか1,000円。最初に伝えた情報は、名前と年齢のみ。このサイト運営については教えていないので私のプロフィールも見ていない。

結果をいただいてすぐに感じた。鑑定歴28年の実績は伊達ではない。鑑定士の花散里さんは、私の過去の状況や仕事のおおよその内容、手術した部位、身体の弱い部位など、具体的かつ見事に的中させ、今後注意すべきことなどを詳細に教えてくれた。

鑑定結果は、私以外の誰にも当てはまらないものであり、今の私に必要な情報を提示してくれたのだ。

「うーん」とうなるしかない。名前からこんなにも多くの情報がわかるのかと。そして、本当にありがたい。

もう1名は、一番最初に私が依頼したMana Lei(マナレイ)さんであった。後で知ったことであるが、偶然にも私と同じ地域に住まわれていたのだ。Mana Leiさんのお母様の家系に霊感の強い方が多いそうだ。

チャクラのバランスを整え浄化します
https://coconala.com/services/395474

第1チャクラから第7チャクラまでのヒーリング(1,000円)と、オプションサービスのチャクラの状態を教えてもらえるチャクラスキャン(1,000円)を依頼した。

ヒーリング後、1時間ほど頭が重い感じがしたけれど、その後はすっきりした。

驚いたのは、翌朝にいつもあるうつ気分(鼻炎からきている症状と思われ、毎朝起床後30分ほど続く)がなくなっていたのだ。

さらに、毎日使用している点鼻薬がまったく鼻にしみることなく刺激を感じなくなっていた。

チャクラスキャンでは、各チャクラの現在の状態(大きさ、くすみなど)のほか、Mana Leiさんが受け取ったメッセージも伝えてくれた。

下記はその一部である。

次に第5チャクラは、少し大きめですが正常の範囲内です。チャクラが大きいぶんには問題ないのですが、他のチャクラとのバランスが崩れてしまうと不調の原因となるので、今回のヒーリングで整えていきたいと思います。

 

あまりにもコミュニケーションにとらわれてしまうと、第5チャクラが肥大する可能性があります。「自分に必要な人や物事は自然と寄ってくる」というな感覚で過ごすと良いでしょう。

 

第6チャクラは、先を見通す(知る)事への不安から小さくなっているようです。またスピリチュアルな物を見る事への不安も感じました。

 

もし不安を感じるような情報を得たとしても、それを自分の事のように感じたり、無理に理解しなくてもいいというメッセージを受け取りました。

「自分に必要な人や物事は自然と寄ってくる」は、以前にクロタンのアニマルコミュニケーションを介して伝えられた、「目の前に現れないものを追わない」というメッセージと同じ意味と考えられる。

これは、亡くなった猫ルゥの生まれ変わりを探すことのほかに、自分自身の仕事への姿勢にも当てはまりそうだ。

時期によって繁忙期と閑散期があるが、仕事が少ない時期にクライアントの新規開拓をしても長いつきあいにならないことが往々にしてある。忙しくなると、結局レギュラーの仕事しかできなくなってしまい、新しいクライアントからの依頼を断らざるを得なくなる。スケジュールをすべて埋めようと、無理してストレスをためないように心がけたい。

知人に下請をお願いしていた時期もあるが、無欲で「この人を独り立ちさせてやりたい」という気持ちがなければ逆にストレスが増す。最終的に確かな納品物に仕上げるのは自分の責任だ。加えて、通常のプロジェクトは他者に任せることは禁じられている。

第6チャクラについては、ここはサードアイ(第3の目)と呼ばれる部分でもあり、私が何とか開眼させたいと思っている箇所である。それでも、やはり、スピリチュアルな現象に対する不安がまだあるようだ。

私が「ココナラ」を知ったのはまだ数日前のことであるが、相性のよい占い師さんを見つけることができれば、自分自身のわきあがるさまざまな感情にうまく対処して上手につきあってゆくことを可能にしてくれる有益なサービスであると感じる。

姓名判断の越前の母が辛口運命鑑定いたします
https://coconala.com/services/112799

チャクラのバランスを整え浄化します
https://coconala.com/services/395474