全体の記事一覧(アニマルコミュニケーター インタビュー、体験レポート、ブログ)

猫の魂が赤ちゃんに宿る時期(タイミング)とはいつ?

ブログ記事

猫ルゥ今朝(2018年3月2日)の夢の中で昨年亡くなった猫ルゥが現れた。寝ている私の横でしばらく寄り添ってくれていた。

 

私は何度もルゥなのか、顔を確認し、体をなでていた。それはルゥの感触そのものだった。

昨年のアニマルコミュニケーションを介して、「生まれ変わる際には、魂が母猫に入るときと生まれたときに何らかのサインを私に送ってほしい」とルゥに伝えていた。

だから、もしかしたら、この夢はルゥの魂が「地上に降りてゆくよ」と私に挨拶に来てくれたのかもしれないと感じたのだった。

猫の妊娠期間は65日前後だけれども…

実はここ数日間あることを考えていた。

それは、魂が転生するのはいつの時点なのかということ。

それまでは、単純に「親が受精したときに子供の体に魂が入る」と考えていた。

それで妊娠期間から考えると猫の場合は65日前後であるから、受精と同時に魂が降りてきて約65日経過したら子猫が誕生するものであると思っていたのだ。

注:人間の場合は、妊娠の成立は通常、受精からではなく着床(受精から7~10日後)した受胎を指す。

例えば、出産が4月中旬だとしたら、そこから65日遡って2月の10日前後に親猫が受精したときに天から降りた魂が受精卵に入るのではと。

猫ルゥ赤ちゃん12、3日前にふっと違う考えが頭をよぎった。果たして、魂がこの世で生を受けるのは受精のタイミングなのだろうか?

初期の細胞分裂を繰り返している段階で、心臓や脳は形成されていないはずだが魂のもつ意識というものがあるのだろうかと。

諸説ある魂が身体に宿るタイミング

人間の場合はどうだろうか?

これについてはさまざまな意見をネット上で見ることができた。諸説あり、どれが正しいとは言えないけれども、概ね次のように分けられる。

1. 受精した瞬間

2. 着床(受胎)して妊娠が成立した瞬間

3. 妊娠8週目以降の胎芽(たいが)が胎児に変わる頃

4. 誕生の瞬間

1の受精した瞬間という考え方が一番多いようで、江原啓之氏も彼の著書でそのように述べているらしい。

ただし、この場合、例えば一卵性双生児では受精後に受精卵が分割するが、同時に魂が分割するということはちょっと考えにくい。

猫ルゥあかちゃん2一卵性であっても魂は別の2つのものであると考えるのが自然ではないだろうか。あるいは、1つの受精卵に2つの魂が同時に入ってから受精卵が分割してゆくのだろうか?

魂と身体の融合後に合体が起こる

このように魂の宿る時期について多くの考え方が存在する中で、私の胸にストンと落ちる説明が記されたウェブサイトを見つけることができた。

現役の脳神経外科医がスピリチュアルの世界について豊富な情報を提供しているサイトで、転生のプロセスに関する霊界との交信(書籍「魂の法則」著者:ヴィセント・ギリェム)が詳細に記されている。

魂の法則:第一の法則(進化の法則)ー転生のプロセスー

この説明によると、転生が予定されている魂は、受胎後に受精卵と結びつき(まだ合体ではない)、正常に成長するよう関与する。受胎前から将来の家族を訪れて、親たちに子供をつくる欲求を起こさせる魂も中にはあるらしい。

妊娠期間中は魂のアストラル体*が段階的に融合してゆき、赤ちゃんの身体と合体するのは「誕生の瞬間」。

*アストラル体とは霊的粒子のエネルギーで、精神活動において主に感情を司る。

また、妊娠中に魂は霊界やこの世(物質界)を自由に往き来でき、霊界の知り合いと交流したり、この世で出会う者たちと馴染む行動をしたりと、誕生に備えるようだ。

このように、魂と身体の「融合」と「合体」とは別の事象であると、とらえれば、さまざまな疑問点を解決してくれそうだ。

猫ルゥ赤ちゃん3そうだとしたら、今朝夢に出てきたルゥは、魂はすでに母猫の体内の子と融合していて、ルゥの生まれ変わりを迎え入れようとしている私のところに遊びに来てくれたとも考えられる。

あるいは、受精卵に融合する前に、私の顔を見に来たのかもしれない。

ルゥの母猫が野良猫だとしたら、今、私から近い距離で暮らしているのだろうかと想像したり、暖かくなった時期に生まれて元気に成長してほしいと願ったりしている。

追記:
これを掲載した日の翌日2018年3月3日にある思いが浮かんできたので、ここに記録しておこうと思った。昨年12月のアニマルコミュニケーター横井さんのルゥとのセッションで3つのキーワードが私に伝えられた。

その中の2つ、「25という数字」「再会」である。「25」について横井さんも私も明確に何を意味するのかはわからなかった。横井さんからの返信のメールでは2月5日に生まれると考えられないか?と記されていた。

私は2月5日に誕生するのは早すぎると思っていたため、そのときは(別のアニマルコミュニケーターから伝えられていた4月~6月の)25日ではと推測していた。

あるいは、昨年12月24日クリスマスイブの夜寝る前にルゥの魂といったんお別れする(生まれ変わりの準備をしなくてはならないため)ことを、その前から決めていたので、「25日に上に昇ってゆくよ」というメッセージだったのかもしれないと思っていた。

この記事を読み返していて、もしかしたら「2月5日に天から地上に降りてゆくよ」というルゥからのキーワードだったのではと思えてきたのだ。

これについては「今後起こることの楽しみ」としたい。

● 全体の記事一覧:
猫ボタンオレンジ
記事一覧(アニマルコミュニケーション体験レポート、インタビュー、ブログ)

● おすすめ記事:
猫ボタンブルー生まれ変わっていても転生前の猫とアニマルコミュニケーションできるのはなぜ? (2018/7/26)
猫ボタングレー
異なる2つのセッション間での符合を見つける(2018/6/3)
猫ボタンブルー
転生はまだ先の予定-「心ゆくまで満喫してからこっちにおいで」 (2018/5/20)
猫ボタンブルー
猫の魂は現在転生する順番待ちであることを語る (2018/5/17)
猫ボタングレー
猫の魂が赤ちゃんに宿る時期(タイミング)とはいつ? (2018/3/2)
猫ボタングレー
自作フードスタンド(食器台)で猫快適ごはんタイム (2018/2/27)
猫ボタンピンク
「ライトクルー」斉藤春真さんへのインタビュー (2018/2/22)
猫ボタンブルー
存命の子が旅だった猫と今も会話している(2018/2/5)
猫ボタンピンク「キキのテーブル」前田理子さんへのインタビュー(2018/1/29)
猫ボタングレーペットの終末期のアニマルコミュニケーション(2018/1/18)
猫ボタングレー不思議な夢 – 虹の橋の復路なのか?子猫が地上へ(2018/1/11)
猫ボタンブルー猫から伝えられた魂の世界(2017/12/24)
猫ボタンブルー猫が生まれ変わりと再会を約束(2017/12/24)